アニメ&ゲーム カテゴリ

クソゲー抱き合わせ、買いたたき… “大人の理不尽さ”知った「ファミコンショップ」の悲哀

「クソゲー抱き合わせ、買いたたき… “大人の理不尽さ”知った『ファミコンショップ』の悲哀」について語ったフジタ (C)oricon ME inc.

「クソゲー抱き合わせ、買いたたき… “大人の理不尽さ”知った『ファミコンショップ』の悲哀」について語ったフジタ (C)oricon ME inc.

 ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げた芸人・フジタが、『ファミリーコンピュータ』のソフト=“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第17回のテーマは、「クソゲー抱き合わせ、買いたたき…“大人の理不尽さ”知った「ファミコンショップ」の悲哀」。

子どもにも容赦なし…難癖付けられ、辛酸をなめた「買いたたき」

「正直なところ、ファミコンショップには、あまりいい思い出がないです」というフジタ。

「小学生当時は、行動範囲も限られるし、地元のファミコンショップしかソフトを手に入れられないから、そこに行くしかない。今はオークションや通販など手に入れる手段がたくさんあるし、SNSで悪評はすぐに広がる。でも当時はそれらがないうえに、子ども相手の商売。圧倒的に“店有利”の時代でした。僕は大人のずるさや理不尽さをファミコンショップで学びましたね」

 こう話すフジタが経験した「ファミコンショップの思い出」の1つ目は「買いたたき」。
 今、ショップにソフトを売ろうとすると、未成年であれば同意書などさまざまな書類や電話確認が必要だと思うのですが、80年代中期〜後期は、子どもがソフトだけ持って行っても買い取ってくれる時代でした。

 そんな時代でしたが、よく行っていた吉祥寺のマンションの一室にあるファミコンショップにヤバい店員がいました。その人は20代で金髪だったんですけど、相手が子どもだととにかく強気に出てくる。その店では、チラシに「高価買取」を謳い、同じチラシにそのソフトの相場が書いてあるのですが、平気でそれを無視して、難癖つけて、買いたたかれるんです。

「金額が低いのでやめる」というと、「売る気もないものもってくんな」って怒られて。一番記憶しているのは、くにおくんシリーズの『ダウンタウン熱血物語』(1989年/テクノスジャパン)。当時3000円くらいが買い取り相場だったんですが、難癖付けられて1000円にされました。その金髪の店員以外のスタッフはいい人だったので、「金髪じゃありませんよーに」と祈ってマンションの扉を開けたことを思い出します。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索