アニメ&ゲーム カテゴリ

ファミコン芸人フジタが選ぶ「クリアのために“悪魔に魂を売った”…禁断の裏ワザ」6選

「クリアのために“悪魔に魂を売った”…禁断の裏ワザ」について語ったファミコン芸人・フジタ

「クリアのために“悪魔に魂を売った”…禁断の裏ワザ」について語ったファミコン芸人・フジタ

 家庭用ゲーム機黎明期に誕生し、今も楽しめる名作から、“クソゲー”と呼ばれる不人気作まで、さまざまなソフトを生み出した『ファミリーコンピュータ』。そのソフトは1000タイトル以上と言われ、誰もが知っている名作から、まったく日の目を見なかったものまで、実にさまざま。そこで、ゲームソフト所有本数3万本、約3000万円をゲームに捧げたファミコン芸人・フジタ協力のもと、この“ファミカセ”をさまざまな角度で切り取り、ピックアップ。第10回のテーマは「クリアのために“手を出した”…ファミコン裏ワザ集」。※以降の内容は、ゲーム攻略法などネタバレ要素を含みます。閲覧にご注意ください。

“裏ワザ”と言えば…あのシューティングゲームの名作をチョイス

 フジタほどの玄人になるとさすがに今は使わないというが、リアルタイム当時はいろいろ試したという”裏ワザ”。そんなフジタは、裏ワザを「ファミコンだから許されるもの」と話す。

「今、Nintendo Switchなどで昔のゲームができたりしますけど、セーブや巻き戻しが自由にできますよね。でも当時はできなかった。だから『何としてもクリアする』というクリアへのモチベーションが高い中で、裏ワザの価値は非常に高かったと思います。
 でもそんなファミコンの裏ワザも、クリアに直結する実用的なものから、本編とはあまり関係ない馬鹿らしくて面白い、ファミコンだから許されるようなものまでさまざま。特に『パスワード』なんてそうですよね(「ファミコンパスワード」の特集は近日公開)。クリエーターの遊びゴコロみたいなものを感じられるのも、裏ワザなんじゃないかと思います」

 そんなフジタが選んだ「クリアのために“悪魔に魂を売った”…禁断の裏ワザ」は以下の通り。
グラディウス(1986年/コナミ)
レーザー以外ほぼフル装備
 ゲームを起動してすぐにポーズにして、「上上下下左右左右BA」というコマンドを入力すると、レーザー以外のほぼフル装備を最初から持ってスタートできるというもの。

 普通は、パワーアップカプセルを取ったときにどの装備にするか選ばないといけないし、仮に全部取ったとしても、1面ではフル装備にはならない。コマンド入力も、ポーズにして、ゆっくりできるので、初心者に優しいものでしたね。もっとも、玄人になるとこのコマンドは使わずにどこまで行けるかということになるので、最初期にしか使わなかったですね。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索