アニメ&ゲーム カテゴリ

『ラブライブ!』×『ガンダム』の究極コラボ?”痛キュベレイ”の出来が全く痛くない件

 車の外装を、マンガやアニメなどのキャラクターで“ラッピング”装飾した「痛車」。登場するキャラクターを個人単位で“推す”ファンが、自身の愛車に施し、世間的にも認知度が高くなっているが、モデラーのガンプライバー(@GunpLiver)さんは、この世界観をガンプラに持ち込み“痛キュベレイ”を制作。人気アニメ『ラブライブ!』の西木野真姫をモチーフにしたモデルを完成させた。シャア専用ならぬ“西木野真姫専用キュベレイ”制作の裏にある『ラブライブ!!』と「ガンプラ」への想いとは?

女性的な雰囲気のあるキュベレイは“痛ガンプラ”が似合う

――ガンプライバーさんの“ガンプラ遍歴”をお教えください。
ガンプライバー小学生の頃、クリスマスプレゼントで「1/60 シャア専用ザク」をもらって作ったのが最初だったと思います。その後も、今でいう「旧キット」を何体も作りました。年代がバレますね(笑)。
 その後何度かブランクがあって、今のように本格的に作り始めたのは6年程前です。職場の後輩に誘われてホビーショップに行き、最新のマスターグレードモデルに衝撃を受けたのが復帰のきっかけです。それから今日までに30体くらい作ったと思います。なので、ガンプラ歴30年以上ですかね。

――なるほど。6年前に復帰された際、特に衝撃を受けたモビルスーツは?
ガンプライバーキュベレイですね。HGUC・MGともに何体も作っていますが、何度作っても飽きません。
――キュベレイと言えば、『ラブライブ!!』の西木野真姫さんをモチーフにした作品がSNSで話題となりました。本作の制作のきっかけは?
ガンプライバー実は以前にも『ラブライブ!サンシャイン!!』のキャラクターとコラボしたキュベレイを何作か作っていたのですが、それを作るきっかけとなったのは、ネットやSNSなどで見かけたさまざまなアニメとのコラボガンプラ作品に興味を持ったからです。
 ガンダムシリーズに登場する機体の中で最も女性的な雰囲気のあるキュベレイは、女性キャラクターを表現するのにピッタリだと思いますし、「痛ガンプラ」が最も似合うのではないかと思っていました。バインダー部分にキャラクターを描くのにぴったりの余白があることも「痛ガンプラ」にピッタリですしね。
 なので、もし自分が作るならキュベレイをベースに、キャラクターは『ラブライブ!』と決めていました。むしろ、それしか浮かばなかったです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索