アニメ&ゲーム カテゴリ

酒処「じむや」で酔いつぶれるズゴックの哀愁ときたら…「ガンプラ4コマ」に込められた裏物語とは?

酒処じむや 制作・画像提供/石澤ぐり氏 (C)創通・サンライズ

酒処じむや 制作・画像提供/石澤ぐり氏 (C)創通・サンライズ

 ガンプラを使って自由に物語を想像し、4コマでわかりやすく表現するモデラー・石澤ぐり(@AgUJ85zs3Q4h8M5)さん。SNSで絶えず新作を発表している同氏が、近作としてガンダムの名脇役・ジムが主を務める「酒処『じむや』」シリーズを発表。ガンダムを擬人化した細かい描写が見事と話題になっている。そんな『じむや』で酔いつぶれた客・ズゴックに、主・ジムは複雑な思いを抱いていた。「ガンプラ4コマ」に込められた裏物語とは?

小道具の自作にハマり、表現の幅が広がる

――SNSを使って「ガンプラ4コマ」を高頻度で発表され続けていますが、その原動力はどんなところですか?
石澤ぐりなんでしょうね?考えてみると…やっぱり自分の出したものに対して反応があるとすごくうれしいのでそこは大きいと思います。その反応によって、「ああしてみよう」「こうしてみよう」と考えが浮かんでくるのも楽しいです。前回、記事にしていただいて、フォロワーの方々から「おめでとう」といったコメントをいただきましたし、友人、知人にも「すごい!」と言ってもらえました。とてもうれしかったです。

――前回インタビューさせたいただいた時は、ガチャガチャなど既製品とガンプラを組み合わせるケースが多かったですが、近作を拝見すると自作の小道具が増えているように思えます。
石澤ぐりそうですね。つい最近、「紙バンド」という素材を使ってのミニチュア制作を知り、始めたところこれが面白くて。ガチャガチャやミニチュアで手に入りにくかったり、あったとしても値段が高くて手が出ないものも「自分で作れるかも」と思い、いろいろ挑戦しているところです。
――近作のなかで、シリーズ化されている「酒処じむや」はどのようにして生まれたのですか?
石澤ぐりジムを店主にしたのは…実はあまり深い理由はないんです。居酒屋のカウンターを作りながらイメージを膨らませるのに、たまたま近くにあったジムを置いたら、そのまま置くように…という感じです。
 ただ、どことなくホンワカした感じのジムの表情がハマってるかな、とは思います。欲を言えばもうちょっと可動域の広いガンプラにすればよかったかなとは思いますがまあその辺は工夫次第でどうにかしようかな、と。なので「酒処じむや」の物語についても、当初は全く物語がなく、やりながらいろいろこさえていくつもりで始めました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索