アニメ&ゲーム カテゴリ

編み物で“ニャンダム”を生み出したママモデラー「私が一番ガンダムを上手く編めるんだ!」

制作・画像提供/なみお氏 (C)創通・サンライズ

制作・画像提供/なみお氏 (C)創通・サンライズ

 ビグザムの見事な“ふくらはぎ”に魅了され、網タイツ+うさみみを施した「バニービグザム」を完成させたなみお(@wavemomchan)さん。ママモデラーとしてガンプラの制作に精を出す一方、ガンダムをモチーフにした編み物も展開。ネコ用、人間用の「ガンダムニット帽」をはじめ、数々の作品を生み出してきた。そのクオリティに海外からも制作のオファーが届いたという同氏に、制作の裏話を聞いた。

ガンプラの箱で眠る愛猫を見て制作を決意

――そもそも、「編み物」にハマったきっかけは?
なみおもともと手先を動かすことは何でも好きでしたが、編み物だけは苦手でした。でも10年ほど前に、義母が自身で編んだとても素敵なベッドカバーを見せてくれて、それがきっかけになり、私も独学でかぎ針編みを学んで編むようになりました。
 小物やバッグ、帽子、テーブルクロスや洋服、編みぐるみなど、糸で編める物なら何でも編みました。たくさんありすぎて数えきれませんが、数百の作品は編んだと思います。

――「編み物」の魅力は?
なみお1本の糸とかぎ針さえあれば、平面から立体まで何でも作り出せるところですね。
――SNSで発表されているガンダムモチーフの素晴らしい作品の数々を拝見しました。そもそも、「編み物」で「ガンダム」という発想が出てこないと思うのですが、なぜ作ろうと思われたのですか?
なみお我が家のネコたちはガンプラの箱が大好きで、空き箱ができるとそそくさと入って寝始めます。それを見て、「ガンダムの帽子を被せたらかわいいだろうな」と思いました。ただ、布や紙で作ったものでは、頭部の曲線に対応しない。「じゃあ得意の編み物で!」と思いつきました。
 編んでみたらとてもかわいくて、人が被れるサイズも作ってしまえと思い立ちました。思い立ったらすぐ行動の性格なので、編み図を考えずに感覚でどんどん編み進めました。
――一番最初の“ネコ用”を制作する際、どのようなイメージを持って製作に臨みましたか?
なみお最初はアニメと同じく普通のヘルメットにしようと思いましたが、耳を出したほうがネコらしさが出るし、耳がレーダーになっているイメージで作りました。この耳が出る穴が一番苦労しました。
 でも、物陰に隠れて耳をピクピク動かしながら、飛び出すタイミングを見計らっているところを想像すると、ニヤニヤしてしまいます(笑)。

――完成したものをかぶせたときの、ネコのリアクションはいかがでした?
なみお「何だこれ?」というような、変な顔をしてました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索