• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 自撮り、SNS全盛の時代に抗う…通巻300号老舗アイドル誌『アップトゥボーイ』が考える“グラビア”の意味と価値

自撮り、SNS全盛の時代に抗う…通巻300号老舗アイドル誌『アップトゥボーイ』が考える“グラビア”の意味と価値

(左)『アップトゥボーイ』1986年5月号(創刊号) (右)『アップトゥボーイ』2021年4月号(300号)  画像提供/ワニブックス

(左)『アップトゥボーイ』1986年5月号(創刊号) (右)『アップトゥボーイ』2021年4月号(300号)  画像提供/ワニブックス

 ワニブックスのアイドルグラビア誌『アップトゥボーイ』が2月22日発売号で通巻300号を迎えた。1986年の創刊以来、35年にわたって旬なアイドルの今の姿をハイクオリティなグラビアで写し出してきた同誌。アイドル自身が動画サイトやSNSで素顔を発信できる時代となった今、雑誌というスタイルやグラビアが担う役割は終わりを迎えたという見解も多い。同誌の編集長で多くの写真集も手掛けてきた一坊寺麻衣氏に話を聞いた。

ハロプロとAKBグループの歴史的“共演”は『アップトゥボーイ』から

 今日2月22日発売の『アップトゥボーイ』通巻300号の表紙を飾るのは広瀬すず。巻頭グラビアでは「天使からプリンセスへ、少女の成長」をテーマに、今や国民的女優となった22歳の彼女が15ページにわたって掲載される。

「もともとワニブックスは写真集を多く手掛けてきた出版社ですので、『アップトゥボーイ』も創刊以来一貫して、“写真集レベルのハイクオリティなグラビア”にこだわってきました。そこに“アイドルの今を捉える”という雑誌ならではの特性を加えて、弊誌では現在、1人(1組)につき多めにページを取り、写真集的に作り込んだグラビアを掲載しています」
 記念すべき300号の裏表紙には、これまでの『アップトゥボーイ』の書影がズラリと並び、35年の歴史を感じ取ることができる。1999年1月発売の通巻100号の表紙は広末涼子。95年にデビューし、CMやドラマ、さらに歌で日本中を席巻していた彼女が大学生になる直前の1枚だった。
 そして2010年10月発売の通巻200号の表紙は、なんと℃-uteの鈴木愛理とAKB48の渡辺麻友(ともに当時)の2ショット。今でこそ事務所を超えたアイドルが絡むことも珍しくなくなったが、老舗ハロー!プロジェクトと新勢力AKB48の史上初の顔合わせはアイドルファンを大いにどよめかせた。

「100号から200号までのあいだ、さまざまなジャンルのタレントが台頭してきましたが、『アップトゥボーイ』を支えてくれたのは、間違いなくモーニング娘。をはじめとするハロー!プロジェクトです。そこに新しい形のアイドルとして人気絶頂にあったAKB48。そのため200号では、2つのグループで同年代の2人を良きライバルとして写し出すことをテーマにしました。表紙の衣装も特別に作ったんですよ。非常に緊張感に溢れた現場で(笑)。300号では鈴木さんに当時を振り返ってもらうインタビューをしたのですが、16歳だった彼女がいろんな覚悟を背負ってあの場に立ってくれていたんだなと思うと、本誌に登場してくれたアイドルたちには本当に感謝しています」

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索