• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • やめられない不倫…渡部の騒動で注目の“セックス依存症”、経験した漫画家が警鐘「偏見でなく正しい知識を」

やめられない不倫…渡部の騒動で注目の“セックス依存症”、経験した漫画家が警鐘「偏見でなく正しい知識を」

  • 漫画『セックス依存症になりました。』第1話(冒頭)(C)津島隆太/集英社

    漫画『セックス依存症になりました。』第1話(冒頭)(C)津島隆太/集英社

 アンジャッシュ・渡部建の不倫問題が報じられた際、メディアやSNSでは「セックス依存症ではないか?」との声が飛び交った。だがこれを受けて、「セックス依存症という病名はない」という専門家からの指摘もあり、のちに鎮静化に向かった。これまでも、同様のスキャンダルが起こると取り沙汰されてきた“セックス依存症”だが、何も有名人だけが陥る病ではない。ではその実態とは何なのか? 日本で最初に顔を出して症状を公表し、漫画『セックス依存症になりました。』を描いた漫画家・津島隆太氏に、見解を聞いた。

「この病気を多くの人に伝えるために」、あえて“セックス依存症”とした

津島隆太氏

津島隆太氏

 日本人が最初に“セックス依存症”という言葉を認識したのは、クリントン元大統領、そしてプロゴルファーのタイガー・ウッズの不倫スキャンダル報道ではないだろうか。こうした症状については海外の専門家の間でも意見が分かれ、ときに議論を引き起こしながらも、約20年にわたって“セックス依存症”という言葉は使われてきた。前述のとおり、現在は正式な病名ではなく、多くは「強迫的性行動症」に分類。2018年にはWHOが「強迫的性行動症」を精神疾患と承認している。

 漫画家・津島隆太氏が自身の経験を描いた『セックス依存症になりました。』(監修:斉藤章佳/精神保健福祉士・社会福祉士)は、そのセンセーショナルな内容から、連載当初から大きな注目を浴びた。あえて“セックス依存症”という言葉を使った理由を津島氏は、「私は医師ではなく、漫画家という“伝える側”の人間です。この病気を多くの人に伝えるためには、わかりやすい言葉を使う必要があった」と語る。この記事でもそのスタンスを踏襲し、“セックス依存症”と記したいと考える。
(※現在はリメイク版『セックス依存症になりました。<決定版>』を集英社『グランドジャンプめちゃ』にて、オリジナル版『セックス依存症になりました。』の続きを、めちゃコミックにて連載中)

 津島氏は、交際相手がいるにも関わらず、複数女性との浮気行為がやめられないなど、自身の性衝動を抑えられなかった過去がある。だが、とある事件をきっかけに、自分の問題行動に疑問を抱き、病院を受診。医師からは、セックス依存症ではないかとの診断がくだった。『セックス依存症になりました。』には、その際の治療の推移や、同様の疾患を抱えた患者たちの様子が赤裸々に描かれている。

批判呼んだ渡部の不倫、依存症患者の“表”と“裏”の顔

  • 漫画『セックス依存症になりました。』第3話 依存症に完治なし? (C)津島隆太/集英社

    漫画『セックス依存症になりました。』第3話 依存症に完治なし? (C)津島隆太/集英社

 「この漫画を描くために、“セックス依存症”について様々な本を読み勉強した」と言う津島氏。取材当時、大きな話題となっていたアンジャッシュ渡部の“多目的トイレ不倫”について聞くと、「あくまでも、報道された内容だけで判断した場合ですが」との前提の上で語る。

 「正確に言えば、報道で表されたような人物像は、セックス依存症の特徴と一致するということです。仕事に真面目で、家庭内でも良き夫というような“表”の顔がある一方、“セックス依存症”では表を維持するために裏でストレスを発散する場合が多い。そして裏では、人間関係が雑になるという特徴があります」

 ほかにも、大変なリスクがあるのに止められず、ついつい大胆になって最終的に事件化…という点も、依存症患者によくあるパターン。これはもちろん有名人に限ったことではなく、一般の人も同様だ。裏が充実するほど表がうまく行くと考える場合が多く、「不倫をしているから家族に優しくできると考えている人は、“セックス依存症”の可能性があります」と警鐘を鳴らす。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索