• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 限界集落に突如現れた「世界一美しいコンビニ」、コンビニが地域創生の新たな軸となるか

限界集落に突如現れた「世界一美しいコンビニ」、コンビニが地域創生の新たな軸となるか

 人口およそ1,000人の限界集落、徳島県那賀町木頭地区の入り口に昨年4月に誕生した「未来コンビニ」。世界的デザイン賞を受賞するほど斬新かつ洗練された建物が山間に突如現れる光景は一際目を引く。この建物は、地元住民の買い物難の解決や、地元の子どもへの文化的機会の提供など様々な役割を担う、木頭地区の新たなシンボルだ。限界集落における地域創生の第一歩がなぜこのユニークな外観のコンビニだったのか? また、この「未来コンビニ」から始まる地域創生のモデルとはどのようなものなのか。「未来コンビニ」の店長・小畑氏と、 「未来コンビニ」設立当時からプロジェクトに関わっている、KITO DESIGN HOLDINGS 株式会社・仁木氏に話を聞いた。

若者の移住の決め手にも…地元住民と移住者、観光客の拠り所として機能するコンビニ

 木頭地区では、以前から深刻な過疎化に悩まされていた。人口の半分以上が高齢者であり、買い物をできる商店も少なく、人が気軽に集まれる場所も少ない。そして何より、生活の不便さが子どもたちの未来への展望を希薄化する──。そんな限界集落と呼ばれる地域がぶつかる、いくつもの課題に直面していた。

 そこで、地域住民の生活向上であり、観光名所にもなるような場を作ることで地域創生をはかろうと、一大プロジェクトが発足した。県内での地方創生の先進地、神山町と上勝町で実施した若年移住者へのヒアリングでは移住の後押しする理由の一つに「、田舎だが、コンビニがあったから」という声も聞かれた。。一般的な町おこしであれば、特産物に特化した商店や文化施設でもよいかもしれない。しかし、やはりこの町にも、気軽に立ち寄れて、生活に必要な商品全般がそろうコンビニエンスストアが必要だとういう判断に至った。

 「未来コンビニには、インフォメーションの役割もあるんです。国内からの移住者だけではなく、インバウンドへの対応も考えていましたから、ここへ来れば木頭地区のすべてがわかるような場所にしようという意図がありました。そして何より、木頭地区に住む人々は圧倒的に高齢者の比率が高い。そういった方々が気軽に買い物をできるお店が必要だというのが大きかったですね」(仁木氏)

「地方の子どもは、圧倒的に文化的なものに触れる機会が少ない」 近未来感漂う外観へのこだわり

 また、地元の子どもにとっても魅力ある街づくりをしたいという想いがこのコンビニ建設の背景にある。「最寄りのコンビニは車で一時間以上の場所にしかない環境で、地元の子どもたちはコンビニって知らないんですね。そういう子どもにもコンビニっていうのがどういう場所か知ってもらいたかった」(仁木氏)

 「世界一美しいコンビニ」というコンセプトを掲げ、世界三大デザイン賞「レッド・ドット・デザイン・アワード」の最優秀賞を受賞するほど大胆かつ近代的な外観にこだわったのも、地方の子どもにもアートに触れる文化的機会を与えたいという想いがあったからだ。

 「過疎地に生まれ育つ子どもは、都市部の子どもに比べて文化的なものを見て刺激を受けるような経験が少ないです。その問題提起が外観へのこだわりにも繋がっています。良い意味で異質なものを見て、クリエイティブな刺激を受けてもらいたいです」(仁木氏)

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索