• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 実は「飛び出したら勝ち」だった?45周年『黒ひげ危機一発』ルール変更に至る物語

実は「飛び出したら勝ち」だった?45周年『黒ひげ危機一発』ルール変更に至る物語

45年間で「カッコイイ」から「愛嬌がある」海賊に変化

 ほかにも『黒ひげ』45年の歴史にはさまざまなアップデートがなされている。たとえば現行品の黒ひげ人形は顔が丸く、口の周りをグルリと取り巻く“口ヒゲ”を蓄えているが、初代は”アゴヒゲ"で顔立ちもどことなくシュッとしていた。また樽も現在のふっくらしたフォルムと比べて、初代はやや細長い形状だった。

池田氏デザインの変遷については、開発当初は『海賊=カッコいい』というイメージをビジュアルにも落とし込んだものだったのですが、やはり<4歳以上対象のファミリーゲーム>としてはもっと愛嬌がある感じがいいんじゃないかと、全体的に丸みのあるフォルムになっていきました。
 さらにこの間、さまざまな面から玩具業界の安全基準の見直しも行われてきた。そんな日本のおもちゃの歴史が『黒ひげ』のデザインからも見て取れる。

池田氏何よりもまず安全に遊んでいただくのは、玩具メーカーとしての至上命題。日本玩具協会さんが定める安全基準はもちろん、弊社にも“辞書のように分厚い独自の安全マニュアル”があり、それをすべてクリアしなければ、いかにヒットが期待できそうなおもちゃでも世には出せません。黒ひげの剣も初代はもっと鋭く細いものでしたが、現行品はどこにも角のない丸みを帯びた形状になっています。
 45周年記念の新商品『超飛び黒ひげ危機一発MAX5』は、遊び方はそのままに「5体の黒ひげが同時発射」「通常品よりも飛ぶ高さが5倍」という楽しさもハラハラ感も進化したもの。その中には「安全性を確保しつつ、より楽しめるものを提供したい」という開発者たちの工夫も詰まっている。
池田氏黒ひげ人形が5体、さらに滞空時間も長いという特徴から、これまでの『黒ひげ』にはないさまざまな遊び方を提案できる商品となりました。しかしゲーム性が広がった一方で、万が一当たっても痛くないよう、黒ひげ人形の頭の部分を通常の固い樹脂製ではなく、ラバー素材を採用しています。

 同商品を軸とした45周年企画もさまざま展開されている。その1つが5組の<一発屋芸人>とコラボしたWEB動画で、現在は小島よしおが遊び方を提案する動画がタカラトミー公式YouTubeチャンネルで配信中。今後もダンディ坂野、スギちゃん、髭男爵、ゴー☆ジャス(順不同)による新作動画が2ヶ月に1本ペースで配信される予定だ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索