• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 趣味
  • サザエさん“磯野家”も完全再現、作品から推察1年… 制作者が語る“間取り愛”

サザエさん“磯野家”も完全再現、作品から推察1年… 制作者が語る“間取り愛”

サザエさん“磯野家”も完全再現、作品から推察1年… 制作者が語る“間取り愛”

 住宅のジオラマを制作している人はたくさんいると思うが、アニメ、映画、ドラマなどに登場する家や建物のジオラマを制作している人はあまりいないだろう。『ドラえもん』野比家や、『となりのトトロ』のサツキとメイの家など、誰もが一度は見たことのある家や建築物を“間取り”まで忠実にジオラマで再現しているのがタカマノブオさんだ。小学校の頃に授業で作った“箱庭”が原体験と語るタカマさん。ペーパークラフト制作などを経て、現在は“立体間取りアーティスト”として活動している。ただ鑑賞するだけでなく、室内に照明を付けたりと、その仕掛けも面白い。そんなタカマさんに、立体間取りアーティストとしてのこだわりや、想いを聞いた。

トイレ、風呂、押入れ… ストーリーに直接関係ない場所も検証して具現化

――アニメ、漫画、映画などに出てくる家を再現しようと思ったきっかけは何ですか?
タカマノブオ30年以上前から、広告チラシの間取り図を元に住宅模型を制作していましたが、一般的な住宅だとあまり興味を示してくれず、試しにサザエさんの “磯野家”の間取りを調査して制作したところ興味を持って見てくれました。誰もが知っているようで、実は謎の多い住宅を解明することを楽しんでいます。

――作品選びの基準はあるのでしょうか?
タカマノブオ小さな子どもからご年配の方まで、老若男女すべての方に興味を持ってもらえるもの、間取りを十分推理できる資料の収集具合等で判断しています。家族や家をテーマにした作品は、シーン描写が豊富なので作りやすいです。

――間取りを推理するために、作品を徹底的に調べますか?
タカマノブオもちろんそうです。間取りの推理は制作する上で重要な部分です。映像から判断できないときは原作本を読んだりして、何かしらヒントになる記述がないか調べています。モデルとなった建物やロケ地がある場合は、可能な限り現地に足を運びます。

――間取りを推理する作業は楽しいですか?
タカマノブオストーリーに直接関係のない場所、特にトイレ、お風呂、押し入れだったりは見えてきません。見えない部分を設計士気分で追加や変更の作業をする工程は、難しくもあり楽しい部分でもあります。アニメに登場する住宅は特に推理が難しいです。同じ部屋でもシーンによっては全く違った描かれ方をしていたり、あり得ない間取りが描かれていたり、つじつまが合わない箇所がたくさん出てきます。元々つじつまの合わない間取りをどうやって攻略するかが楽しい部分かも知れません。

――間取りを特定するのに特に大変だった作品は何ですか?
タカマノブオ『めぞん一刻』のアパート一刻館と、『千と千尋の神隠し』の油屋ですね。一刻館は、作品のタイトルが建物なのに描写されているシーンが意外に少なく大変でした。油屋の場合は屋内の描写が盛りだくさんで、外観サイズ以上の部屋数が描かれています。印象に残る部分を切り取って調整しました。

障子400枚、木製の桟一本ずつまでも全て手作り

――ボタンを押したら室内の電気が点灯するなどの仕掛けが面白いです。
タカマノブオ見る人の手で操作して楽しむような住宅模型やジオラマが、今まであまり無かったんです。それに作品は“間取り”にスポットを当てていますから、窓越しに中を覗いても暗くてわからない場合があります。他人の家の中を覗き見るってスリルがあるでしょう? そういうワクワクドキドキ感も狙っています(笑)。

――作品を見た人の反響は?
タカマノブオ『へぇ〜、こうなってたんだ!』と必ず口にします。『小さくなってここに住んでみたい!』という声も多いですね。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』の鈴木オートなどは、昔はこんな家に住んでいたとか、懐かしんで見ていただいています。

―作品のどういうところを見てもらいたいですか?
タカマノブオ私の作る“立体間取り作品”は、小さくてもそこに人が住める空間であり、内部を見ることであたかも自分がそこで主人公たちと一緒に生活しているような妄想に引き込まれる。そんな雰囲気を楽しみながら見ていただきたいと思います。

――作品によるとは思いますが、制作にかかる時間はどれくらいでしょうか?
タカマノブオ調査期間は別にすると、4ヵ月から1年くらいです。仕掛けだけでも考案実装するまで1〜2ヵ月間くらい試行錯誤する場合もあります。

――制作で一番難しい作業はどこですか?
タカマノブオ2階と屋根部分が取り外せる構造になっています。そのため階段の最終段が隙間なく繋がるかが難しいところです。接着剤や両面テープの厚みでさえ影響があり、1ミリの誤差が実寸4センチのズレに相当します。4センチも隙間が出来た家には誰も安心して住めないでしょう?

――制作でこだわっていることを教えてください。
タカマノブオ作品にストーリー性を持たせるように気を配っています。眺めているうちに主人公たちの声が聞こえてくるような。家の中を覗いたときの視線にも考慮しています。家具の位置を調整して、視線を遮ることなく奥行きを見せるようにしています。

――『千と千尋の神隠し』の油屋は、かなりの大作とのことですが。
タカマノブオ高さは、テーブルの上に乗せた状態で軽く2mを超えます。仕掛けにもこだわりました。煙突からは煙が立ち上ること、神様たちを迎え入れる雰囲気をだした電飾を施すこと。合計400枚程度にもなる障子も、木製の桟を一本ずつ入れて作っています。気が遠くなりました(笑)。

――“立体間取りアーティスト”として心がけていることは何でしょうか?
タカマノブオ他人には真似のできない作品を作ること。建築模型、ジオラマ、ドールハウス、ミニチュアフードなどを作られる作家さんはたくさんいらっしゃいますが、どれにも属さない、あくまで“間取り”にスポットを当てた作品を作り続けていきたいと思っています。

――今後の目標を教えてください。
タカマノブオ2020年に東京オリンピックも控えていますし、外国の方にも日本のアニメや映画文化、日本人としてのモノづくりスピリッツを感じていただきたいです。また、東日本大震災で被災された方々へ、心の復興につながればという思いがあって、発生から10年となる2年後を目途に東北でチャリティ展示会を企画したいと思っています。

タカマノブオさん作品集

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!