アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • アニメ
  • 『ガンダム』第1話の名シーンを再現、ガンプラを「だまし絵」のように見せる『超遠近法』とは?アニメ的“誇張”と“省略”を具現化

『ガンダム』第1話の名シーンを再現、ガンプラを「だまし絵」のように見せる『超遠近法』とは?アニメ的“誇張”と“省略”を具現化

 今年40周年を迎えた人気アニメの金字塔『機動戦士ガンダム』。その人気を支え続けるガンプラの累計出荷数が2日、5億個を突破したことが明らかになった。1980年の発売以降、老若男女問わず愛され続けるガンプラだが、その魅力はモデラーたちの妄想を具現化させる“自由度”にあるという。今回紹介するモデラー・いべまに氏(@kaijyunopapa)は、超遠近法というまるで「だまし絵」のようなジオラマ技法によりアニメの名シーンを再現。その超絶技巧が多くのモデラーたちに支持されている。

作品に練り込まれた「嘘」の部分から感じる“迫力”や“奥行き”

――ガンプラ歴を教えてください。

いべまに現在、五十路真っ只中のオッサンです(笑)。中学校時代まではガンプラを趣味にしていましたが、高校生からは趣味がバイクにシフトし四半世紀、8年ほど前からガンプラ熱が再燃し現在に至ります。

――超遠近法とは、一体どんな制作法なのでしょうか。

いべまに超遠近法は、手前に見える部分にスケールの大きいパーツを用い、奥に見える部位ほど小さいスケールのパーツを組み合わせて作り上げます。紹介している『機動戦士ガンダム』第1話のシーンでは、ガンダムの左手が1/35、胴体がメガサイズの1/48、右腕、左足先はマスターグレードの1/100を組み合わせて使用しており、奥に見えるザクは1/144のHGサイズです。私の作品のイメージは、ずっと登っている階段が描かれた建物の絵などで有名な「だまし絵」の巨匠、マウリッツ・エッシャー氏の作品に起因するところがあります。

――アニメは省略と誇張ですが、それをガンプラで表現するのは難しいと思います。

いべまにバランスを崩すことで生まれる美しさや面白さが根っこにあると思います。以前紹介されていた「だまし絵ガンプラ」の巨匠・今日さん(@kyo512a)の作品や、n兄さん(@n_blood7)の「ボックスアート再現ザク」にも感じるものですが、生のガンプラ作品や画像を見た方が、作品に練り込まれた「嘘」の部分に奥行や迫力を感じてもらえることがとても喜びだったりします。

――超遠近法を制作するうえで、影響を受けた作品はありますか?

いべまにガンプラの箱絵(ボックスアート)にとても影響を受けています。特にマスターグレードの箱絵には遠近感を誇張して描かれたものが多いので触手を動かされますね(笑)。また、サンライズパースの生みの親とも言えるメカニックデザイナー・大張正己さんのイラストから影響を受けていると思います。

――最初に制作した超遠近法の作品を教えてください。

いべまに月刊ガンダムエースで読んだ、『機動戦士ガンダム外伝 ザ・ブルー・ディスティニー』に登場する主役機、ブルーディスティニー1号機が暴走し友軍のジムの頭部を引きちぎったシーンを再現した作品です。漫画の作画には同じポーズのシーンは描かれていないのですが、ブルーディスティニーが暴走した時の凶暴性を誇張したシーンを再現したいと思い、超遠近法を用いることを思いつきました。

――超遠近法を制作し、カタルシスを感じる瞬間は?

いべまに複数の異なるスケールのガンプラパーツをうまく組み合わせて制作する超遠近法の作法ですので、頭に描いたイメージに近い「見せ方」に各々のパーツが納まった時には気分アゲアゲです(笑)。建築を生業としていることにも起因するかもしれませんが、建物を建てる上でも必ず1か0かで割り切れない部分が必ず出てくるものです。そのデジタル的な作りでは納まりきれない部分を、「適当」かつ「良い加減」に納めるテクニックを昇華させたのが、自分の超遠近法作品だと思っています。

「エッシャーのだまし絵」のように情景としての超遠近法作品を目指した

――「初代ガンダムのザク撃破」作品を作ろうと考えたきっかけは?

いべまにこの作品を制作する前は、モビルスーツ単体に超遠近法を取り入れたものばかりだったのですが、さらにジオラマ要素を取り入れて、まさに「エッシャーのだまし絵」のように情景としてひとつの超遠近法作品を作ってみようと思ったのがきっかけです。このシーンは、マスターグレードのRX78-2 Ver.O.Y.Wの箱絵としても描かれたシーンで、イメージもここから広げて制作しています。

――この作品で苦労した部分はどこでしょうか?

いべまにジーンのザクが爆散する火炎球に施した電飾とジオラマベースです。いずれも初の試みだったので、Twitterや模型誌を読み漁り、先人の技法を学びながら、失敗を繰り返しつつ完成させたという感じです。火球は2回、ジオラマベースは3回作り直したのはここだけの話で(笑)。最初、ジオラマベースは真四角の平面で制作しましたが、最終的には遠近感を増幅して表現できるようにするために、ジオラマベースを奥に行くに従って台形にし、さらに両脇を徐々に盛り上げて制作し、広角レンズで撮った写真にあるような「曲がって見える感」を演出しています。

――この作品で気に入っている箇所はどこでしょうか?

いべまに超遠近法で制作した作品なので、主役のガンダムはもちろん最高に気に入っていますが、脇役として配したジーンザクの口先と動力パイプ(ガンダムにもぎ取られた)や、着地した瞬間のガンダムの足元に巻き上がる砂塵の表現はとても気に入っています。

――制作期間を教えてください。

いべまにこの作品は約4ヵ月かかりました。平日は仕事が終わって寝る前の約2時間程度、休日は予定がなければ半日程度を制作時間に使っていました。

――いべまにさんにとってガンプラとは?

いべまに年齢に左右されない至高の趣味ですね。高校時代から30年近く、趣味といえばバイク一辺倒で過ごしてきましたが、今はガンプラとバイクの趣味比率が8:2位になりました(笑)。現在も展示会やSNS、ラインサークルなどで小学生モデラーからオッサンモデラーまで、日本全国のガンプラモデラーと交流させてもらっています。老眼に苦しむ年代になってきましたが(苦笑)、一生続けていける素晴らしい趣味だと思っています。ガンプラを再開した当初は、「ガンプラ買い過ぎ!(積み過ぎ)」「シンナー臭い!」と顔をしかめることの多かった家族も、GBWC(ガンプラW杯)などの結果がついてくるようになってからは、ガンプラの趣味を理解し、応援してくれるようになってきました(笑)。

(C)創通・サンライズ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!