• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • 『エンタ』芸人“その後”の生き方、ゴミ清掃・滝沢秀一が語る境地「捨てられた人間もリサイクル可能」

『エンタ』芸人“その後”の生き方、ゴミ清掃・滝沢秀一が語る境地「捨てられた人間もリサイクル可能」

  • 『サステナビリティ広報大使』にも任命された滝沢秀一

    『サステナビリティ広報大使』にも任命された滝沢秀一

 かつては『エンタの神様』(日本テレビ系)などで活躍しながら、その後ゴミ収集会社に就職。現在ではSNSや著書を通じ、ゴミにまつわる活動を行うマシンガンズ・滝沢秀一。以前は、売れなくなったこと、収入が落ちたことへの焦燥もあったが、ゴミ清掃に本気になることで、過去へのこだわりを捨てた。浮き沈みの激しい芸人の世界で、再起する生き方とは? ゴミから学んだ「人間、たとえ捨てられても“リサイクル”可能」という考えに至った経緯を聞いた。

収入悪化、「もう芸人を廃業しよう」と飛び込んだゴミ清掃業界

 1998年に西堀亮とお笑いコンビ「マシンガンズ」を結成し、『エンタの神様』(日本テレビ系)などで活躍した滝沢秀一。一時は人気を誇ったものの、徐々に収入は低下し、生計を立てるためにゴミ収集会社に就職した。その後、2018年には清掃員の日常を綴った著書『このゴミは収集できません』を上梓。漫画などの関連書籍を含めてヒットし、大きな話題に。SNSでの活動も注目を浴び、今年10月、環境省から『サステナビリティ広報大使』にも任命された。そんな滝沢が2014年に発表した小説『かごめかごめ』が今冬、大幅にリニューアルした文庫版として発売。ストーカー、殺人から始まる、“ゴミ”にまつわる極上のミステリー作品になっている。

――この10月、小泉環境相から『サステナビリティ広報大使』に任命されました。

滝沢秀一驚きですよね。ゴミについての広報活動が評価されたようなのですが、先日、第2号として武井壮さんも任命されました。本当に恐縮ですが、頑張ってやっていきたいと思っています。芸人をやってたつもりなのに、いつの間にか活動家みたいになってますよね(笑)。

――テレビ出演も増えてますね。

滝沢秀一今後は、ゴミエンタテインメント、ゴミ芸でやっていきたいなと思ってます(笑)。芸能界の端っこに居させてもらえればいいな、と。お陰様で忙しくさせていただいていますが、ゴミについての広報活動も行っているということで、ゴミ清掃会社にも理解をいただいて両立できています。

――ゴミ清掃会社に入ったきっかけは、奥さんの出産費用のためだったんですよね?

滝沢秀一はい。収入が悪化して貯金もなく、そんななか妻は高齢出産だったので40万円かかると聞いて。当時僕は36歳だったんですが、世の中って35歳を超えるとバイトも見つからないんですよ。それを知らなかったので、もう芸人を廃業しようとも思いました。でも、芸人を辞めた友人のつてで、なんとかゴミ清掃業界に入れてもらえることになりました。

テレビで観た後輩の台頭に焦り、「俺、もう必要ねえだろう」

滝沢秀一

――奥様からも感謝されたんじゃないですか? 芸人を続けながらゴミ清掃でも働く矜持に。

滝沢秀一あまり感謝されているという体感はないですね。反対もされなかったですし。まあ、お金持ってくりゃ何でもいい、みたいな感じなんでしょうかね(笑)。

――ちなみに、収入はどう変化しましたか?

滝沢秀一10年前、お笑いだけで食っていたときは月70万円くらいいただいていたんですが、番組が終わるとどんどん下がっていくんですよ。8年前、ちょうど妻が妊娠した頃が最底辺。ゴミ清掃では月20万円ほどもらえます。僕も、最初は芸人で一発当てようとしていたんですが、次第に「お金があればお笑いが続けられる」って、手段と目的が逆転して嫌になってきて。ゴミ清掃を始めて2〜3年は、本当にきつかった。テレビを観ても、下の世代がどんどん出てくるし、「俺、もう必要ねえだろう」と。そのあたりから、ゴミ清掃を本気でやろうかと思い始めました。いつかバラエティのワンコーナーで、「ゴミを早く回収できます」と一芸で出られたらいいな、ぐらいは考えてましたけど。

――なんでも芸に生かせますからね。

滝沢秀一そうそう。「ゴミあるある」をSNSで載せ続けた結果、こうして取材を受けたりできるようになった経緯もありますし。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索