• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 若月佑美の「心の教科書」 三度の飯より愛する『キングダム』から教わったこと

若月佑美の「心の教科書」 三度の飯より愛する『キングダム』から教わったこと

女優、モデルとして幅広く活躍している若月佑美さん。彼女がハマっているのが、現在までに単行本が58巻まで刊行、昨年には実写映画化もされた人気マンガ『キングダム』(原泰久/集英社)。作品を読み始めたのは“ある人の勧め”だったという若月さんに、お気に入りのキャラクターや大好きな場面、さらに原先生への“初ファンレター未遂”まで、『キングダム』にまつわるあれこれを熱く語っていただきました。※一部『キングダム』のネタバレあり

撮影:石川咲希(Pash) 取材・文:遠藤政樹

読み始めたきっかけは“河了貂”からの推薦

――集英社によるPR企画「未ングダム」動画に出演した際にも存在感を放っていた若月さんですが、そもそも、『キングダム』はどんなきっかけで読み始めたのでしょうか。
若月佑美実写映画で河了貂(かりょうてん)を演じた橋本環奈ちゃんに勧められました。
この投稿をInstagramで見る

映画『キンク?タ?ム』公式アカウント(@kingdom_movie)がシェアした投稿 -

映画で河了貂を演じた橋本環奈さん

――おお! そういった入り方でしたか。勧められる前から作品はご存知でしたか?
若月佑美本屋などで見かけたことはありましたが、内容はまったく知りませんでした。環ちゃんもマンガをすごく読むんですけど、『キングダム』の撮影が終わった頃かな、2人でマンガの話していて、「『キングダム』すごくいい!」「絶対読んだ方がいい」と言われて読み始めました。
――その時は「特にここが面白い」など、どのように紹介されたのでしょうか?
若月佑美いやもう「とにかく読んでほしい!」と。すでに40巻以上出ていたのですが、「結構長くて大変と思うかもしれないけど、すぐ読めるから」と言われました。それと、事前に映画の撮影秘話を聞かせてくれていたので、原作を読むのがより楽しみになりましたね。
  • 原泰久『キングダム』1巻、集英社、2006年

    原泰久『キングダム』1巻、集英社、2006年

――かなり贅沢な読み方ですね。
若月佑美めちゃめちゃ贅沢ですよね! 貂(橋本さん)から勧められて、撮影秘話を聞いてから読むなんて(笑)。

――読み始めてみて、どのあたりから引き込まれていきましたか?
若月佑美エイ政(せい)と成(せい)キョウの、王座をめぐる兄弟の戦いが面白くて。読み始める前は、歴史ものだし、中国の歴史は『三國無双』とかのゲームで出てくる程度のことしか知らなかったので、「大丈夫かな」「難しいのかな」と思っていました。

帯に「今から読めるのがうらやましい」みたいなキャッチコピーが書かれていることがありますが、5巻くらいまで読んでみると、まさに「おっしゃるとおり!」と思いました(笑)。「まだ40巻以上も読める!」という喜びに変わり、どんどんハマっていきましたね。
――面白いマンガの続きを読み進められるのは幸せな瞬間です。ところで、1巻でいきなり主要キャラが死んでしまったり、戦争シーンがあったり、残酷な描写に抵抗はありませんでしたか?
若月佑美『キングダム』を読む前に『東京喰種-トーキョーグール-』(石田スイ/集英社)なども読んでいたので、まったくなかったですね。
  • 石田スイ『東京喰種-トーキョーグール-』1巻、集英社、2012年

    石田スイ『東京喰種-トーキョーグール-』1巻、集英社、2012年

――なるほど! むしろ『東京喰種-トーキョーグール-』より柔らかめの表現かもしれませんね(笑)。
若月佑美リアリティーのある描写ですし、(『東京喰種』のように)人を食べたりはしないので大丈夫でした(笑)。

――普段からグロテスクな表現があっても気にせず、面白ければ読むというスタンスですか?
若月佑美そうですね。主人公が葛藤するお話が好きで、よく読みます。『キングダム』も、主人公の信(しん)には漂(ひょう)という大親友がいたんですが、ある事件で漂を失ってしまい、心の傷を負ってしまう……といった、ちょっと応援したくなるような始まり方でした。『東京喰種』も、カネキ君がはじめは人間だったのに……というのが好きですね。

若月佑美の“推し”キャラクター3選+α

――『キングダム』登場キャラクターの中では王騎(おうき)が好きだと公言されていました。好きなキャラクターを3人挙げるとしたら?
若月佑美やっぱり王騎と騰(とう)、あとは象姉(しょうねえ)が好きですね。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 六大将軍 王騎

――なかなか気になる名前が出ました。まずは王騎について、どのあたりに魅力を感じているのでしょうか?
若月佑美強いのはもちろんですけど、過去の恋愛パートで好きになりました。16巻のシーンで、王騎が摎(きょう)との約束を覚えていて、そこにさりげなく触れるカッコよさに女子としてキュンとしました。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 六大将軍 摎

――婚約者の摎(きょう)とのエピソードですね。子どもの頃、王騎に言った「城を百個とったら妻にしてください」という言葉を王騎もずっと覚えている。グッときますね。王騎がそのあと摎を失ってしまうことを考えると、とても切ないシーンです。
若月佑美王騎はその哀しみの力で、敵方で仇(かたき)である趙(ちょう)の総大将・ホウ煖(けん)に傷を負わせる。その力が出たのもきっと愛ゆえだと思います。自分一人の努力によるものではなく、愛がパワーとなっているところが、王騎っぽくなくて好きですね。「意外とそういう面もあるんだな」って好きになりました。
  • 原泰久『キングダム』49巻(蒙恬)、2018年/36巻(王賁)、2014年、集英社

    原泰久『キングダム』49巻(蒙恬)、2018年/36巻(王賁)、2014年、集英社

――そうした面をほとんど見せてこないキャラクターですからね。王騎は初登場時、口調や外見が独特すぎる印象でしたが、王騎のようなキャラクターを好きになったことは、ご自身にとって意外性はなかったですか?
若月佑美自分でも意外ですね。どうしても主人公キャラに目がいったり、素敵だなと思うことが多くて、ど真ん中じゃない人を好きになるのは珍しいです。

ただ、王騎は見た目が見た目なので、『キングダム』を読んでいない人に「好き!」と言っても、いつも「どうした!?」「なんで?」って言われます(笑)。それこそ政や蒙恬(もうてん)、王賁(おうほん)なら「イケメン!」となりますけど、このビジュアルだけだと魅力を伝えるのは難しいですね。

――ちょっと“キモキャラ”から男気あふれるカッコいい姿まで、そのギャップも魅力かと思います。王騎ファン“あるある”かもしれないですね。王騎の良さを理解するには、とにかく16巻まで読んでほしい、と。
若月佑美いやあ、本当にそう思います!
――続いては騰(とう)について聞かせてください。
若月佑美実は最近、王騎よりも好きなのが騰。最初に出てきたときからキャラクターに惹かれました。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 大将軍 騰

――王騎軍の副官で、ひょうひょうとしたキャラクターでとらえどこころがないあたり、良い意味でちょっとずるいキャラですね。
若月佑美急にギャグ要素みたいな人が出てきたなと思って(笑)。面白かったですね。
――それでいて王騎から「実力は自分と見劣りしない」とまで言わしめた実力の持ち主というところもにくい。そして若月さんが選んだなかで、意外だったのが象姉(しょうねえ)、主人公・信の相棒のひとりである女性・羌(きょう)カイの、姉のような存在です。まさかトップ3入りするとは思っていませんでした。
若月佑美いっぱいは出てきませんが、やっぱり羌カイの強さの元というか、「なんで今こんなに頑張っているか」という理由が、象姉との約束にある。私は単行本でまとめて読む派ですが、最近のお話のなかでは象姉が大事な役まわりなので、いいなと思いながら読んでいます。好きですね。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 飛信隊副長 羌カイ

――なるほど。象姉のように、『キングダム』には魅力的な女性キャラクターが数多く登場します。ほかに好きな女性キャラクターはいますか?
若月佑美やっぱり羌カイは外せない。信との関係がどうなるかも気になります。あの強さは唯一無二で、戦い方も面白いですよね。あとは宮女の向(こう)ちゃん。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 大王側室 向

――あの、「地味」がトレードマークの(笑)。
若月佑美そうです。大王の政(せい)が唯一、心を許している女性であるところが素敵だなって。周りから地味だと言われている女の子が、実はどんな美女より美しい心を持っていることが政に伝わっているなんて、とっても素敵だなと思います。
――ロマンティックな理由で素敵ですね。では「男前だな」と思う武将を教えてください。
若月佑美桓騎(かんき)ですね。
この投稿をInstagramで見る

キングダム公式アカウント(@kingdom_yj_official)がシェアした投稿 -

秦国 将軍 桓騎

――あの傍若無人というか残虐非道ぶりは、なかなかのものです。
若月佑美桓騎は「女性に人気なのかな?」と勝手に思っています。もちろん荒々しいし、正直戦い方はめっちゃ怖いし、いろんな人をあざ笑っているようにも見えますけど、相当考えた結果、余裕をかましているんじゃないかなと。あくまでも想像ですが、頭の中ではめちゃめちゃ戦略を練っているのでは……そう考えると、ちょっと萌えます。

――あの妖しい魅力は、大人の色気とも言えます。そうした意味でもカッコいいですよね。
若月佑美カッコいいです!

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索