• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • ドラマ『M』でもホラーより怖い存在感 “怪演枠”を一手に担う女優・水野美紀の力量

ドラマ『M』でもホラーより怖い存在感 “怪演枠”を一手に担う女優・水野美紀の力量

  • (写真/片山よしお)

    (写真/片山よしお)

 コロナ禍の影響により、数少ない4月期ドラマのなかで存在感を際立たせているのが水野美紀だ。『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)へのゲスト出演と、メインキャストを務める『浦安鉄筋家族』(テレビ東京)で異彩を放っている。“ドロキュン愛憎劇”『M』第2話では主人公・アユの鬼トレーナー・天馬まゆみ役として登場。ド派手な衣装にクセのあるセリフとハイテンション演技でインパクトを残し、放送中には「水野美紀」がツイッターでトレンド入りするなど、大きな話題に。近年の水野といえば、『黒い十人の女』(日本テレビ系)や『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)などでも猟奇的な役を演じ、確かな爪痕を残すなど、いまや“怪演”女優としてその地位を不動のものとしている。

『M』と『浦安鉄筋家族』でタイプの異なるクセ者を怪演 その“演じ分けの妙”に称賛

 浜崎あゆみの誕生に秘められた出会いと別れを描いた同名小説(著:小松成美/幻冬舎)が原作の『M 愛すべき人がいて』。同作と同じ鈴木おさむ氏が脚本を手がけた『奪い愛、夏』(2019年/ABEMAで配信)で見せた演技が「ホラーより怖い」と話題になったが、今回もまたその怪演ぶりに大きな注目が集まった。

 水野は、アユを指導する超スパルタ鬼講師・天馬まゆみ役を演じ、帽子ではなく羽をかぶる奇抜なファッションに身を包み、見た目だけで“ただものではない”オーラが溢れ出していた。さらに、独特の指導方法で「今度『え?』って言ったら燃やすよ?」「イノシシをやれるくらいのパンチで!」など意味不明な暴言も連発。やる気が出ないアユに水をかけ、「ジャパンに返してやるわよ、のしつけてね」と叫び、追い込んでいく狂気的な姿は、視聴者を笑わせながらも圧倒した。ビジュアルから立ち居振る舞い、うさん臭さといったキャラクター性まで、見事なまでにハマり視聴者を大いに沸かせ、放送中には「水野美紀」がツイッターでトレンド入りした。

 一方、コメディ家族ドラマ『浦安鉄筋家族』では、料理上手で子煩悩、普段はお淑やかだけれどスイッチが入ると誰にも暴走が止められない主人公・大沢木大鉄(佐藤二朗)の妻・順子役を熱演。風変わりな家族のなかの良識派としての存在が主な役割だが、スイッチが入ったときが、アクションを得意とする水野の本領発揮といったところだろう。夫へのアイアンクローといった定番のプロレス技などドラマならではの笑いに昇華させる三流アクションもわざとらしさや違和感なくさらりとこなしている。キャスト発表の際に本人は「こんな無茶ぶりはダチョウ倶楽部さんと同じ芸歴である、私の女優人生のなかでも初めてのことです」と初心に戻って体当たりで臨む本作は、クセモノ揃いのキャスト陣とのさまざまな化学反応が生まれている。

 同2作についてSNSでは、「水野美紀さんのぶっとびスーパー演技が観られるだけでも価値があると思う」など絶賛の声が飛び交っている。コロナ禍の影響で4月期ドラマが壊滅的な状況に置かれているなか、重苦しいシーンの雰囲気を覆すかのように気を吐く水野の怪演が、ドラマファンを勇気づけているようだ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索