• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • ドラマ『M』でもホラーより怖い存在感 “怪演枠”を一手に担う女優・水野美紀の力量

ドラマ『M』でもホラーより怖い存在感 “怪演枠”を一手に担う女優・水野美紀の力量

芸歴30年目で“怪演”枠ポジションを確立 “キャラ先行型”ではない演者としての厚み

 水野の“怪演”女優としての力量を印象づけることになったのが、『黒い十人の女』(2016年/日本テレビ系)で演じた妙齢の残念な舞台女優・如野佳代役。プレイボーイのテレビプロデューサー・風松吉(船越英一郎)が、妻と9人の愛人から殺害計画を企てられる物語で、愛人同士のいがみ合いをなくそうとするも、愛人仲間に“カフェオレをかけられる”のがお約束のドンくさく、滑稽さが憎めない最下層の愛人キャラクターだ。

 どこか水野本人との経歴の重なりを匂わせつつ、おもしろおかしく残念さがデフォルメされた役柄は、まさにハマり役だ。脚本を手がけたバカリズムは「この作品の後は相当、変な役も来るんじゃないかな(笑)。“あんなことやるんだ?!“って、世間に知れ渡っちゃいましたからね。そもそもポテンシャルがすごい方なので、それを世間に知らしめたかっただけ」(2017年1月30日/ORICON NEWS)と語っているが、脚本のおもしろさを一身に引き受けているような水野の振り切れた怪演ぶりは、バカリズムの狙い通りであり、彼によって引き出された部分も大きい。怪演女優という新たな武器を手にした彼女に対して、“水野に変わり者を演じさせると跳ねる”という関係者の視線も集まった。

 続く『奪い愛、冬』(2017年/テレビ朝日系)では、森山信(大谷亮平)の妻・蘭役で、異常な嫉妬に狂う女の姿が視聴者を震え上がらせた。愛憎がにじみ出る演技とともに、もともと美形であるビジュアルの凄みも増して、完全ヒールの悪女役の姿を印象づけた。SNSでは「怖すぎて震える」「心臓に悪い」などその狂気の表情も反響を呼び、芸歴30年目にして“怪演”枠でのポジションを確立した。

 一方で、“怪演”には、女優本人の前に強烈すぎるキャラクターだけが視聴者の印象に強く残ってしまうことや、その女優に対して特定のキャラクターのイメージがつきまとってしまう、“キャラ先行型”女優に陥る危険性を常にはらんでいる。特に出演作品数が少なく、実績や演技の幅が乏しい役者においては、その後の俳優活動においてデメリットとなる場合もある。

 水野の場合は、正統派からドロドロ愛憎劇、アクション、コメディまでバラエティに富んだ実績に裏打ちされた演技力が根底にある“怪演”により、キャラクターに食われてしまうことがない。ひと言で“怪演”といっても、演じるキャラクターによって全く異なる芝居になり、水野の経験値から生み出される、それぞれの作品における唯一無二の存在感を放つ役柄になっている。そんな水野の力が遺憾なく発揮されている特徴的なキャラクターだからこそ、視聴者の心を掴んで離さないのだろう。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索