ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

『キング・ザ・ランド』で沼人爆誕!ジュノの更なる沼に堕ちる韓ドラ3選【ハングクTIMES Vol.113】

Netflixシリーズ『キング・ザ・ランド』独占配信中

ハングクTIMES
K-POP、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。現地の最新トレンドや話題のドラマ・俳優、グルメ・ファッション・コスメなど…“今”気になる韓国情報をお届けします!
重みある演技と心を溶かすロマンス演技でシンドローム級の人気を誇った『赤い袖先』に続き、『キング・ザ・ランド』でも、歴代級のツンデレキャラで、世の女性を熱狂させているジュノ(2PM)。本記事では、もう“演技ドル”とは呼べない彼の演技力を堪能できる、沼入り間違いなしのおすすめドラマ3作『キング・ザ・ランド』、『赤い袖先』、『油っこいロマンス』を紹介します。

『キング・ザ・ランド』

この夏、最もアツいラブコメといえば本作でしょう!韓国を代表するアイドルグループ2PMのジュノと少女時代のユナという歴代級の出会いで、放送前から今年最高の期待作として注目を浴びていた本作。序盤から期待を超える王道ラブコメが展開し、高視聴率を記録。ジュノは登場するやいなや、TV話題性ドラマ出演者部門1位に上がるなど話題沸騰中! ツンデレ御曹司ジュノを存分に味わえる、沼入り必至の一作です。

あらすじ
いつも明るいほほ笑みを浮かべる従業員と、その笑顔が何よりも嫌いなハンサムな御曹司。し烈な遺産争いが繰り広げられる中、正反対のふたりは事あるごとにぶつかり合う。

見どころ
本作は、見せかけの笑いを軽蔑する御曹司と、笑わなければならないスマイルクイーンの従業員がホテリアーたちの夢であるVVIPラウンジ「キングザランド」で偶然出会い、反発し合いながらも次第にひかれあっていくラブコメディ。
序盤から超王道ど真ん中ストレートのストーリーがテンポよく展開していくので、「そう、これこれ!」と、実家に帰ってきたかのような心地よさと至福感で満たされます。設定はベタではありますが、疲れていても頭を空っぽにして観られる王道ラブコメは、嫌いな人はいないはず…!
そして御曹司と言えば、これまで数々の俳優たちがレジェンドキャラクターを誕生させてきましたが、本作でのジュノのツンデレ御曹司役のハマりっぷりがレベチすぎて…!スマートなスーツをパリッと着こなし、まさかのパラシュートで出勤する豪快さに爆笑してしまった人も多かったはず(笑)。
ヒロインがつらいとき傘を差し出す優しい姿や、嫉妬したり、切ない瞳で見つめたりなど“恋するジュノ”が詰め込まれていて、ニヤニヤが止まりません。
さらに、身分は隠しても、生まれつきの余裕と気品は隠せないウォンの言葉と行動を巧みに表現しているのはもちろん、完璧に見える外見の下に秘めた孤独やさみしさを表現する、表情演技の上手さには感嘆してしまいます。きっと歴代級のレジェンドキャラになること間違いなしです。
▼配信情報
Netflixシリーズ『キング・ザ・ランド』独占配信中

『赤い袖先』

ジュノの過去作で絶対にハズせないのが本作でしょう!圧巻の演技力を見せつけ、『百想芸術大賞』では、アイドル出身俳優として初めて最優秀演技賞を受賞する歴史的快挙となった本作。韓国の大ベストセラー小説をドラマ化した本格派の作品で、歴史ドラママニアたちからも「史劇の新たな名作が誕生」との声もあがっている、21年の大ヒット作です。

最終回では17.4%という高視聴率を記録し、『百想芸術大賞』では、作品賞、演出賞、最優秀演技賞(ジュノ、イ・セヨン)など7部門でノミネートを果たし、『2021 MBC演技大賞』では、驚異の8冠を受賞した絶対に見逃せない一作です。
あらすじ
没落した一族の娘ソン・ドギムは、見習い宮女として宮廷に仕えていた。物語の朗読が上手く、好奇心が旺盛で、誰からも愛されるドギム。一方、国王・英祖の孫で世孫のイ・サンは、祖父により父を死に追いやられ、孤独に宮廷で暮らしていた。サンは、ある出来事からドギムにほのかな想いを寄せるようになる。しかし、2人に再会する機会は訪れなかった。

数年後、聡明で美しい宮女に育ったドギム。再び偶然がドギムとサンを結び付けるが…。ドギムを愛しながらも、国王として国を第一に考えねばならないサン。ドギムとの切ない恋愛の行く先は…。

見どころ
本作は、自分の人生を守ろうとした女官と、愛より国が優先だった第22代王イ・サンの切ない愛を描く歴史ロマンス。
本作がすごいのは、歴史ドラマでありながら、「果たして王に愛された女は幸せだったのか?」という、表には見えない宮女の裏側の苦悩を描いていること。今の時代にも通じる「結婚」や「女性の人生」を考えさせられる共感性ある作品であることが、多くの支持を集めた理由ではないか思います。
そして何と言ってもこれまで何度も映像化され、錚々(そうそう)たる俳優たちが演じてきた名君イ・サンを演じたジュノの演技には心震えてしまいます。彼が演じるイ・サンを見るだけでも本作は観る価値があると言っても過言ではないほど!
彼は、痛みや情熱、哀しみや孤独といった複雑な感情を抱えたイ・サンの生涯を繊細に表現しています。まるでイ・サンという人物が乗りうつり、そこに生き返ったかのように立体的に演じているのです。今後史劇を演じる若手俳優達のロールモデルになるのでは?と思わされる程、圧倒的な演技力を証明した作品ではないかと思います。
本格派な作品でありながらも、決してお堅いわけではなく、クスッと笑えるラブコメ要素も盛り沢山!凛とした王の威厳を漂わせ、尋常ではない妖艶さを纏(まと)う“俺様ジュノ”に秒で沼落ちする一方で、ヒロインを真っ直ぐに想いドギマギする不器用な姿には、キュンの連続!色気爆発の伝説のお風呂のシーンでは、韓国の番組掲示板でも絶叫する女子が爆誕していました(笑)。
決して“狙っていない”何気ないセリフでも心を射抜かれ、ファンでなくとも絶対にファンになってしまう必見の作品です。
▼配信情報
『赤い袖先』U-NEXTで配信中

『油っこいロマンス』

チャン・ヒョク&ジュノという、今やもう見ることができない超最強布陣で贈るラブコメディ! おいしい料理の数々と、ジュノのキュートな一面を堪能できる一作です。
あらすじ
6つ星ホテルの高級中国料理店で働くソ・プン(ジュノ/2PM)。スターシェフとして順風満帆な人生をおくっていたが、愛する妻がホテルの社長と浮気していることが発覚し、左遷されるハメに! 復讐を誓うプンはホテルの目の前にある潰れた中国料理店を復活させ、客を奪うことを決意。しかし、店のオーナーである元ヤクザのドゥ・チルソン(チャン・ヒョク)から、子分に料理を教える条件で店を貸すと言われ…。そんな中、結婚式当日に父親が逮捕され、おまけに婚約者にも逃げられたお嬢様のタン・セウ(チョン・リョウォン)が店で働きたいとやってきた。同じ店で働くことになった彼らの運命の行方は!?

見どころ
本作は、中国料理店のキッチンを背景に繰り広げられる愛と挑戦を描いたロマンチックコメディ。『パスタ』や、『嫉妬の化身』などレジェンドラブコメを数々手掛けてきた作家ソ・スクヒャン作なだけに、三角関係ラブコメ×サクセスストーリー×グルメドラマと様々なジャンルが交差していて、単純なラブコメで終わらないのが面白いところです。

ジュノが演じるのは、成功した有名ホテルシェフだったにも関わらずホテルの社長に妻を奪われ、左遷までされて、復讐のためにホテルの目の前の中国料理店のキッチンで働くようになったプン。
なんとこのシェフ役を演じるために、実際のプロのシェフに材料の手入れから、包丁さばきや鍋さばきを一か月ほど学んで、代役を使わずに挑んだそう!鍋を振るう姿はまさにプロのシェフで、惚れ惚れしてしまいます。

ツンデレながらも、好きな女性にだけは真っ直ぐに直進する男らしさと色気がありながらも、酔ってデレデレしたりする年下男特有の可愛さも炸裂していて…まさに沼キャラなんです!
さらに信じていた人に裏切られたプンと、世の中に捨てられて孤独に住んでいたチルソン、二人の男性が家族のような仲になっていく胸熱ブロマンスも大きな見どころです。
胸キュンロマンス&胸熱ブロマンスはもちろん、とにかくおいしそうな料理がじゃんじゃん出てくるので、恋愛細胞と食欲を刺激されること間違いなし…!特にジャージャー麺と酢豚が無性に食べたくなりますので、空腹時はご注意を!(笑…経験談)
▼配信情報
『油っこいロマンス』ABEMAで配信中(外部サイト)
ライタープロフィール
Dramawriter Nana
韓国ドラマをこよなく愛するドラマライター。
WEB媒体を中心に、ラジオ、雑誌等で韓ドラ愛を叫ぶ記事執筆中。Twitterでは推しドラマ愛を暑苦しく配信中。
マニアックで隠れた名作なら任せて下さい。
Twitter:https://twitter.com/Nana_writer76

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索