ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

次に見たい最新韓国ドラマ!きゅんラブコメから怪演ホラーまで…夏の暑さが吹き飛ぶ新作ドラマ3選【ハングクTIMES Vol.112】

ハングクTIMES
K-POP、ドラマ、映画などさまざまエンタメコンテンツが盛り上がり、まさに時代は“第4次韓国ブーム”。現地の最新トレンドや話題のドラマ・俳優、グルメ・ファッション・コスメなど…“今”気になる韓国情報をお届けします!
こんにちは、韓ドラ大好きライターのなかまるです。夏の暑さがやってきましたね。夏バテしないようにするには、韓ドラがぴったり!?ということで、スカッとしたり、ヒヤッとしたり、キュンとしたり…。今月は、暑さにも打ち勝てるパワフルな作品『生まれ変わってもよろしく』『悪鬼』『ブレインズ 〜頭脳共助〜』を紹介します。

Pick1『生まれ変わってもよろしく』

【あらすじ】
前世の記憶を全て覚えている主人公が、前の人生で出会った忘れられない愛しの人に会いに行く物語。19回目となる人生は、家庭環境に恵まれない少女パン・ジウム。どうしても、1つ前の18回目の人生で出会ったムン・ソハが忘れられず、ジウムは同じ会社まで追いかけ入社。新たにジウムとして彼のそばにいようとするけれど、彼の心の中には、前世の自分がいて…。

まさかの恋敵は、前世の自分。「私と付き合う?」と一見変人に見えるほど、大胆に迫るジウムと、タジタジしながら翻ろうされていくソハのケミ(相性)がたまらない!時間を超えた運命の相手との恋模様を描く、転生系ラブロマンスです。

【見どころ】
全ての前世の記憶を持つ主人公パン・ジウムを演じるのは、ファンタジーラブコメディを得意とするシン・ヘソン。
ドラマ『30だけど17です』では、事故でしばらく眠っていて気づかぬうちに夢も友人も家族も失った、見た目は30歳なのに心は17歳の女性を演じ、『哲仁王后〜俺がクイーン!?〜』では、現代の女好きシェフの魂が入ってしまった朝鮮時代の王妃を演じるなど、心と姿が一致していない振り切った難しい役柄をもコミカルに演じきり、話題となりました。

今回も、19回転生してきたので、なんだか若いのに他の人と違う異質な雰囲気がありながら、どこか憎めない魅力的な女性をうまく表現しています。親近感と繊細さのバランスが素晴らしく、ぐいぐい初恋の人に迫るけど、見ている側はその強烈な印象に胃もたれせず、むしろ愛おしく見えてくるんです…!

幼い時の事故のトラウマに苦しむ、御曹司のムン・ソハを演じるのは、『梨泰院クラス』で悪役を演じ一気に名を馳せたアン・ボヒョン。
憎たらしいチャン・グンウォン役の印象が強いと思いますが、役の幅の広さは凄まじいです。『私の私生活』で主人公に想いを寄せる不器用な幼なじみの柔道家を演じたかと思えば、『ユミの細胞たち』ではちょっぴり人とコミュニケーションを取るのが苦手な長髪で髭面のゲーム開発者に。そのほか『マイネーム:偽りと復讐』では正義感あふれる刑事役など、同じ人だということに気づかないほど、役によって色が変わる俳優です。

今回の役柄はさらに彼の新しい魅力が見つかるはず!この世を去った初恋の女性と突然現れたジウムが重なり、苦しむ一方で惹かれていく自分に戸惑う姿は、守りたくなるほどかわいくて、ちょっとした仕草にキュンキュンが止まりません!罪深いアン・ボヒョンをぜひ堪能してください。

元アマチュアボクサーでモデルの経験もあるアン・ボヒョン。実は歌もとても上手で、なんと今回ostにも抜てき。知れば知るほど深みにハマっていく魅力の持ち主です。
そのほか、この作品で新しい顔に出会える、カメレオンな俳優がたくさん出演しています。ジウムの前世ユン・ジュウォンの妹、ユン・チョウォン役は『ウ・ヨンウ弁護士は天才肌』で、頼れる姉御肌な心優しいヨンウの同期を演じていた、ハ・ユンギョン。ガラリと変わって姉が大好きな妹っぷりを発揮しています。
また、ソハの秘書で幼なじみハ・ドユン役は、アン・ドング。『その年、私たちは』では、同じ主人公の友人役でも、口数が多くて人懐っこいキャラクターだったのに対して、今回は影のある役柄です。
演技派なキャストのおかげで、ファンタジーな転生物語もスッと入り込めます。
▼作品情報
Netflixシリーズ『生まれ変わってもよろしく』独占配信中

Pick2『悪鬼』

【あらすじ】
家が貧しく学生時代から苦学生を強いられ、受験準備中だったク・サニョン。ある日、死んだと聞かされていた父が実は生きていて、最近不可解な死を遂げたと知らされる。祖母から父の遺品を受け取ると、なぜか周りの人が次々と死んでいく…。ある時、悪鬼の姿を見ることができる男、ヨム・へサンと出会い、自分を呪っている存在を知ることに。真相をともに暴くべく協力することになった2人が、呪いを解くために奮闘するオカルトミステリースリラー。
ドラマ『冬のソナタ』や『シグナル』、最近では『キングダム』など超有名作品を手がけてきた脚本家キム・ウニの待望の新作です。

息をするのを忘れるほどの緊迫感で、ただ“怖い”という表現では足りないくらい!エピソードが進むに連れて、物語に深みが増していきます。オカルトだけでなく、人間の怖さと悪霊たちの怖さが入り乱れて、悪鬼の根源に迫っていく面白さも必見です。

【見どころ】
見る人を虜にする天才、キム・テリが今回悪鬼に取り憑かれた主人公、ク・サニョンを演じます。『二十五、二十一』でハツラツとした高校生ナ・ヒドを演じ、第58回百想芸術大賞を受賞。爽やかで真っ直ぐなヒドにも応援したくなるような吸引力がありましたが、今作ではまた違った怪演っぷりに驚き、夢中になること間違いなし。
姿はかわいいままなのに、生気が宿っていないような表情や話し方、不気味な笑みで、悪鬼が憑依したと一瞬でわかり、ゾクゾクが止まりません…。多くのセリフはいらない、そんな演技です。キム・テリの新たなギャップの目撃者になりましょう!
また、有名な出演作品をあげ出したらキリがない、“演技天才”のオ・ジョンセが、悪鬼を見る力を持つ男、ヨム・へサン役を演じます。ク・サニョンに憑いている悪鬼に母親を殺された過去があり、今も必死に真実を追っている民俗学者です。学者になってまで追い続けているその執着が少し不気味で変わり者に見えるけれど、ク・サニョンとのバディでだんだんヨム・へサンの人間味が現れてくるところにも注目です。
▼作品情報
『悪鬼』ディズニープラス スターにて独占配信中(全12話/毎週金・土に2話ずつ配信)

Pick3『ブレインズ 〜頭脳共助〜』

【あらすじ】
お人よしな刑事、クム・ミョンセは、凶悪事件を扱う“強力班”から異動になり、神経科学課へ。脳疾患関連の犯罪を専門とする部署で、謎の残る事件を解決すべく、天才脳神経科学者のシン・ハルに会いに行く。一方ハルは違法行為を行ない、研究所から追い出されることに。成り行きで警察の諮問委員になって、ミョンセとともに共助捜査を行うことになる。
“強力班”出身のがむしゃらに人助けをするミョンセと、自信満々でちょっぴり癪に障るが華麗に頭脳で事件を解いていくハルの凸凹コンビによるサスペンスコメディ。あまり刑事事件で登場してこなかったような、犯人らの脳疾患を見い出し、次々と事件を解決していくのが爽快です。

【見どころ】
特別な脳を持つ脳科学者シン・ハルを演じるのは、アイドルバンドグループCNBLUEのボーカル、ジョン・ヨンファ。『美男<イケメン>ですね』で主人公に片想いする役を演じ、韓国で歌手デビューする前に人気が爆発するという異例の経歴の持ち主。
アーティストとしての活動はもちろん、俳優活動も定期的にしており、『オレのことスキでしょ。』では『美男<イケメン>ですね』で共演したパク・シネと抜群のケミを見せたり、『未来の選択』では財閥であることを隠しているテレビカメラマン、『恋するパッケージツアー〜パリから始まる最高の恋〜』では人生の逃避旅行先としてパリに訪れ恋に落ちる青年を演じるなど、さわやかなビジュアルで視聴者をメロメロにしてきました。

今回は、今までにない一面をもつ学者役ということで、サイコパスの脳を研究したがるイカれた性格が新鮮!言葉巧みに周りを巻き込んでいくカリスマ感がヨンファにピッタリです。

自分を犠牲にして他人の幸福や利益のために尽くす刑事のクム・ミョンセを演じるのは、ベテラン俳優、チャ・テヒョン。『番外捜査』や『警察授業』など刑事ものにも多数出演し、コミカルで体を張った演技で定評があります。
今作では、どうにか裏の顔を暴きたいハルの調査を越えてくる“お人好しっぷり”が、離婚した妻に翻ろうされている姿やかわいい娘とのやりとりなど、日々の生活のからにじみ出ていてほっこりします。

そのほか、主演2人と一緒のチームに所属している法催眠捜査官のソル・ソジョン役は、『賢い医師生活』でキャラの強い陸軍少佐役を演じ、話題となったクァク・ソンヨンが演じます。彼女もどれだけの顔があるのだろうと不思議に感じるほど、今作では別人に見えます。小心者で、言いたいことが言えない性格なのですが、だんだんと性格に変化があって、ハルとミョンセのバディと一緒にチーム内でどんな活躍を見せるのか、気になるところです。
▼作品情報
『ブレインズ 〜頭脳共助〜』<全16話>U-NEXT独占配信中
今月のドラマPickはいかがでしたか?今月は、夏の暑さを吹き飛ばしてくれるような、ワクワク感、ゾクゾク感、爽快感のある3作品を紹介しました。ジャンルが大きく異なるので、気分に合わせて並行して観るのもいいかもしれません! 夏バテ対策にぜひ韓ドラを!
ライタープロフィール
中丸史華
出版社で書籍の編集者として働いたのち、IT企業にてwebメディアの編集者に。韓国カルチャー好きがこうじて、韓国関連の執筆活動も行なっている。趣味は、渡韓時のスケジュールを細か〜くたてること。生粋の韓ドラオタクで今までの視聴作品は300ほど。インスタグラム【@punnikouri】。

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索