• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • キャンプ & 車中泊 & アウトドアブームで注目のブランド・GORDON MILLER(ゴードンミラー)ニュース【まとめ】
(更新: ORICON NEWS

キャンプ & 車中泊 & アウトドアブームで注目のブランド・GORDON MILLER(ゴードンミラー)ニュース【まとめ】

 キャンプ、アウトドアブームの昨今、注目を集めているのが、オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)。キャンプギア、カー用品はもちろん、車からアパレルまで、アウトドアに限らず日常使いできるさまざまなアイテムを開発、発売している。ここでは、それらの紹介から、開発者など関係者インタビュー、さらにイベントのレポートなどをお届けする。

「車の選び方が変わった」走り屋だった元カーディーラー勤務の男性が“人生を変えられた”1台とは?

 「1台の車との出会いで人生が変わる」。なんと大げさなと思う人もいるかもしれないが、「そういう体験したことがある!」という人も多いのではないだろうか。東京都在住の小澤さんもそのひとり。幼い頃からの車好きが高じて車業界に就職。「速い車ばかり乗っていた」というが、ある時その価値観が大きく変化し、車選びも大きく変化。車を変えたことでライフスタイルも変わったという。“走り好き”だった小澤さんの人生を変えた出会いとは?

→詳細は記事へ
→『GMLVAN C-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

オートバックス“2000万円キャンピングカー”「高すぎる」の声に開発者の回答は?「正直『ごめんなさい』という思いがある」

 今年1月、オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)が、約1年半ぶりの新車『GMLVAN G-01』(以下/G-01)を発表。日産『キャラバン4WD』をベースに細部にいたるまでこだわり抜いた独創的な1台に、「カッコイイ」という声が上がる一方で、1870万円という車両価格について「キャラバンに(コミコミ)2000万円は高すぎる」「売れない」といったマイナスな意見も聞こえてくる。なぜ、この金額になったのか? 「この車で実現してほしい」という新たなカーライフ体験とは? 開発者に話を聞いた。

→詳細は記事へ
→『GMLVAN G-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

オートバックス“2000万円新車”お披露目…強気価格にメディア・関係者驚がくも「ライバルは“別荘”」

 3月5日、オートバックスセブンが展開する「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の旗艦店「GORDON MILLER KURAMAE」で、約1年半ぶりに“新車”が披露された。今回公開されたのは、日産『キャラバン』(4WD)をベースにした『GMLVAN G-01』。1月の発表以降、これまでのキャンピングカーにはないおしゃれなデザインと豪華装備、さらに1870万円という価格が話題になっていた。翌6日の発売を前に、メディア・関係者の前でどのようなことが語られたのか? ここではその内容と、発表後の反応についてレポートする。

→詳細は記事へ
→『GMLVAN G-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

オートバックス“2000万円新車”が本日発売開始 2024年度は限定5台生産

本日3月6日発売の「GORDON MILLER MOTORS」の新型車両『GMLVAN G-01』(カラー/ヴィンテージエクリュ) (C)oricon ME inc.

本日3月6日発売の「GORDON MILLER MOTORS」の新型車両『GMLVAN G-01』(カラー/ヴィンテージエクリュ) (C)oricon ME inc.

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」は6日、新型車両『GMLVAN G-01』の発売を開始した。

→詳細は記事へ
→『GMLVAN G-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

なぜオートバックスが“2000万円”高級キャンピングカーを発売? 下火のキャンプブームで見えた勝ち筋

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)【※】は、日産『キャラバン 4WD』をベースにした新型車両『GMLVAN G-01』を明日3月6日より発売する。1月の発表後、豪華装備を備えたありそうでなかった武骨なデザインのキャンピングカーという点、そして1870万円という車両価格が注目を集めていた同車。“車離れ”や“キャンプブーム下火”など、ネガティブなワードを耳にする市場において、なぜ同社は高級キャンピングカー開発・販売に向かったのだろうか? その背景を、同社ブランドビジネス事業統括の小曽根憲氏に話を聞いた。
【※】「GORDON MILLER」の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」

→詳細は記事へ
→『GMLVAN G-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

妻の大病、新築マイホーム断念…考え直した“家族のお金”と“車”問題「ローンのために楽しいことを諦めるのは違う」

 結婚して子どもが生まれて、家を建てる(買う)。一国一城の主となって、家族を養っていく父という構図は、かつての日本では幸せの象徴とされてきた。千葉県在住の南條さんは、そんな“男の夢”ともいえる「新築マイホーム」を、さまざまな理由から断念。妻の大病も発覚するが、家族4人これ以上にないほど楽しく暮らしているという。幸せの価値観が多様化するなか、南條さん一家がつかんだ幸せのかたちとは?

→詳細は記事へ
→『GMLVAN C-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

オートバックス、1870万円の“新車”を発売、2024年度は限定5台…日産『キャラバン』ベースの大型キャンピングカー

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」は22日、新型車両『GMLVAN G-01』を3月6日より発売することを発表した。

→詳細は記事へ
→『GMLVAN G-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

シングルマザーが“商用バン”を愛車にした理由…思春期息子とのコミュニケーションツールに「この車があるから一緒に出掛けてくれている」

 思春期は、意味もなく親に反抗したり、攻撃的な態度を取ってしまう「親離れ」の時期。中学生になると、それまでよりもコミュニティが外に広がり、親と一緒に行動したり、出掛ける機会もグッと減るのが一般的だろう。神奈川県在住の金谷さんは、中学生の息子を持つシングルマザー。だが今も親子仲良く、週末になると出掛け、一緒に過ごす時間を作っている。この良好な親子関係を根底には、愛車の存在があるという。金谷さん親子が、“商用バン”を愛車に選んだ理由とは?

→詳細は記事へ
→『GMLVAN C-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

バリバリの“走り好き”だった女性が、生涯の愛車として「300万円軽バン」を選んだ理由

 車を購入する際、何を優先して選ぶだろうか? デザイン、内装・装備、走り、価格、ブランド・名前、あるいはこれらを組み合わせたバランスなど、“決め手”は千差万別。神奈川県在住の本田さんはこれまで、大型バイクをはじめ、数々のスポーツカーを愛車にしてきた女性。バリバリの“走り好き”だったが、ある出来事をきっかけにその考えを改め、今は300万円のカスタム軽バンに乗っている。「壊れるまで乗り続けたい」とこの車を溺愛する彼女が、価値観を変えたワケとは?

→詳細は記事へ
→『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

車の“デッドスペース”を有効活用し、収納力をあげる方法とは?

 引っ越しやキャンプなどで、車に荷物を運ぶ際、少しでも収納力をあげたいもの。といいつつ、限られたスペースをどのように使うか、迷う人も多い。ガレージから拡張するライフスタイルを提案する『GORDON MILLER』(ゴードンミラー)が今秋に発売するのは、そんな悩みを解決する『コーデュラ カーゴポケット』。クルマの“デッドスペース”である天井に収納スペースを生み出すアイテムだ。

→詳細は記事へ
→『コーデュラ カーゴポケット』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

「結婚するなら車は持たない」夫と交わした約束を、なぜ“妻みずから”反故に?「スナフキンのような生活に憧れ」

 家族における大きな買い物のなかで、男性と女性の考え方で大きく違いがでるのが車。経済性度外視で、格好や走りなど“ロマン”を求めがちな男性(夫)に対し、価格や維持費などより現実的で経済性を見つめる女性(妻)という立ち位置は、起こりがちな対立といえるだろう。大阪府在住の山本さんは経済的な側面から、結婚時「車は絶対に持たない」という約束を夫にさせ、結婚した夫婦。だが今年、妻主導で車を購入したという。結婚時の約束を反故にしてまでなぜ車を手に入れることになったのか?
→詳細は記事へ
『GMLVAN V-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

「ハイエースは絶対に嫌っ!」夫の希望を拒み続けた妻が「ハイエース」を選んだ理由

 トヨタ『ハイエース』が売れている。もともとタフで使い勝手が良く、荷物もたくさん積めることから男性に人気がある一方で、女性からは「商用車のイメージが強い」「かわいくない」「カスタムがヤンキーっぽい」などの理由から敬遠される存在だった。福岡県在住の津留さん夫妻も、夫が長年ハイエースに憧れていた一方、妻は「ハイエースは絶対に嫌っ」と、強烈な拒否反応を見せてきたが、ある出来事をきっかけに、最終的には妻が先導し、購入に至ったという。妻を購入に促した夫の交渉術とは?
→詳細は記事へ
『GMLVAN V-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

車の座席カバーがレジャーシートに? 簡単に脱着できる『シートカバー』が登場

 車のシートを汚れや傷から守るという意味でも、シートカバーは重要。一方で、脱着が面倒で、一度取り付けたらそのままという人も多いだろう。「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)から8月に発売されるのは、アメリカの老舗ブランド『PENDLETON』とコラボした多機能シートカバー。
→詳細は記事へ
『PENDLETON 2WAY SHEET DOUBLE』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

“車は男のロマン”の時代は終焉? 購入のジャッジは女性主導に “商用車丸出し”だった『ハイエース』爆売れの理由

 かつて“商用車の象徴”とされ、作業服を着た男性の車というイメージで、女性から敬遠されがちだったトヨタ『ハイエース』。だが、オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー/車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」)が展開する同車をベースにしたカスタムカー『GMLVAN V-01』は、現在、納車8ヵ月待ちを記録するほどの人気。その購入も女性が気に入って決断することが多いという。最低価格550万円という、決して安くはないこのカスタムハイエースが、なぜ今選ばれているのか?
→詳細は記事へ

女性キャンパー襲う恐怖、「盗撮」「テント侵入」「窃盗」…ブームの裏で考えるべき“危機管理”とは?

 2010年頃から続く、アウトドア・キャンプブームは、コロナ禍を経てさらに加速。楽しみ方も多様な広がり方を見せており、友人、知人、家族、親戚らと大人数で楽しむものから、すべてをひとりで行う“ソロキャンプ”も流行中。女性ソロキャンパーも増えている一方で、女性ひとりだからこそ、怖く嫌な経験したという被害を訴える声も挙がっている。アウトドア・キャンプブームの一方で、考えなければならない女性の“危機管理”とは?
詳細は記事へ

夏に向けて車を“アクティブ仕様”に ゴードンミラーが“タフ”なシートカバーを新発売

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)は21日、リサイクル素材のシートカバー3型各3色を新発売することを発表した。
詳細は記事へ

キャンプ&車中泊に使えると話題のオートバックス“新車”、忖度なしの最速試乗レポ…“満場一致”で不満な点も<車関連ニュース>

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」が、2月に新型車両『GMLVAN S-01』の全国発売を開始した。今回、この話題の車に、メディア“最速”で試乗し、レポート。自動車評論家ではない、車に対して属性の異なるメンバー4人が集結し、好奇心たっぷりに、忖度なしで意見を出し合った。
詳細は記事へ
新車『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

“オシャレ軽バン”と話題のオートバックス“新車”が全国発売スタート<車関連ニュース>

GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(オリーブドラブ)

GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(オリーブドラブ)

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」は18日、新型車両『GMLVAN S-01』の全国発売を開始した。
→詳細は記事へ
→新車『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

話題のアウトドアブランドがなぜ? 下町の老舗革メーカーとコラボの理由<アパレル関連ニュース>

  • 『LEATHER MULTI KEY COVER』(8,800円)

    『LEATHER MULTI KEY COVER』(8,800円)

  • 『LEATHER CARGO GRIP COVER』(5,500円)

    『LEATHER CARGO GRIP COVER』(5,500円)

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)は、東京・両国の老舗革メーカー・筒井とコラボした革小物2種を新発売することを発表した。
→詳細は記事へ

キャンパー御用達、耐久性に優れた高強度ナイロン使用の“ビジネス3WAYバッグ”発売<アパレル関連ニュース>

CORDURA BALLISTIC 3WAY BRIEFCASE(23,500円)

CORDURA BALLISTIC 3WAY BRIEFCASE(23,500円)

 ガレージから拡張するライフスタイルを提案する『GORDON MILLER』(ゴードンミラー)が2月に発売するのは、同ブランドがカー用品・アウトドア用品を企画するなかで使用してきた素材を使った、耐久性に優れた“ビジネス3WAYバッグ”。
→詳細は記事へ

アウトドアの“荷物ぐちゃぐちゃ”問題を解決、丈夫な『ソフトカーゴ』発売<キャンプギア関連ニュース>

TACTICAL SOFT CARGO 30』(8,800円)

TACTICAL SOFT CARGO 30』(8,800円)

 ガレージから拡張するライフスタイルを提案する『GORDON MILLER』(ゴードンミラー)が2月に発売するのは、アウトドアやキャンプに行く際に多くの人が経験したことがある“荷物ぐちゃぐちゃ問題”を解決する『タクティカルソフトカーゴ』3種類。
詳細は記事へ
『タクティカルソフトカーゴの詳細な仕様はこちら(外部サイト)

「軽バンに300万円は高い」世間の声に、オートバックス“新車”開発者の回答は?<車関連ニュース>

写真左/GORDON MILLER事業推進部 モータース企画開発 宮田丈氏、写真右/GORDON MILLER事業推進部 会田高久氏 (C)oricon ME inc.

写真左/GORDON MILLER事業推進部 モータース企画開発 宮田丈氏、写真右/GORDON MILLER事業推進部 会田高久氏 (C)oricon ME inc.

 11月にオートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)が新車を発表。その仕様に「カッコイイ」「欲しい」など賛辞が贈られる一方で、「軽バンに300万円はさすがに高い」「自分でDIYしたほうが…」といったネガティブな声も聞こえる。この価格帯も含め、開発の背景を同ブランドの宮田丈氏、会田高久氏に聞いた。
詳細は記事へ
新車『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

『GMLVAN S-01』新車発表会レポート<車関連ニュース>

GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(コヨーテ)

GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(コヨーテ)

 11月22日、オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の旗艦店「GORDON MILLER KURAMAE」で新車発表会が開催された。『GMLVAN V-01』『GMLVAN C-01』以来、3年ぶりとなる新車は“軽バン”。群雄割拠の“軽バン”市場になぜ参入しようと思ったのか?話を聞いた。
→詳細は記事へ
→新車『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

「GORDON MILLER」はなぜ生まれたのか? 誕生の背景インタビュー<車関連ニュース>

 高度経済成長期以降、大きな発展を遂げてきた「カー用品」市場だが、1990年代後半をピークに市場は緩やかに縮小傾向。そんな逆風のなか、『オートバックス』(オートバックスセブン社)は2017年、ライフスタイルを提供する新たなブランド『GORDON MILLER』を設立し、急成長を遂げている。業界最大手の企業がなぜ、“車好き”に支えられてきた「カー用品」市場に新たな価値観をもたらそうと思ったのか?
→詳細は記事へ

新車『GMLVAN S-01』リリース<車関連ニュース>

  • GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(オリーブドラブ)

    GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(オリーブドラブ)

  • GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(コヨーテ)

    GORDON MILLER MOTORS『GMLVAN S-01』(コヨーテ)

 オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)の車両レーベル「GORDON MILLER MOTORS」は22日、新型車両『GMLVAN S-01』を2023年2月中旬(予定)より発売することを発表した。
→詳細は記事へ
→新車『GMLVAN S-01』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

『GRIPSWANY TYPE1 DOWN JKT』<アパレル関連ニュース>

ガレージから拡張するライフスタイルを提案する「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)は11月に、キャンプウェア、アウトドアアイテムを手がけるGRIPSWANYとのコラボ第4弾として、「極寒環境でも対応できる被服が欲しい」という要望を受けて、開発され特殊部隊に供給された防寒服『PCU Level7 TYPE1 JACKET』がモチーフにした『GRIPSWANY TYPE1 DOWN JKT』を発売した。
→詳細は記事へ
→『GRIPSWANY TYPE1 DOWN JKT』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

『BOMBER HEATスウェットパーカー』<アパレル関連ニュース>

 防寒対策の“爆暖”素材として近年、大きな注目を集めている『BOMBER HEAT』(ボンバーヒート)。ガレージから拡張するライフスタイルを提案する「GORDON MILLER」(ゴードンミラー)では、10月にこの『BOMBER HEAT』を使ったアイテム3種をリリース。
→詳細は記事へ
→『BOMBER HEATスウェットパーカー』の詳細な仕様はこちら(外部サイト)

あなたにおすすめの記事

>

 を検索