• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • 「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん」治療中でも加入できる新保険、“再発への備え”で女性を支える

「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん」治療中でも加入できる新保険、“再発への備え”で女性を支える

 女性特有がんである乳がん、子宮頸がん、子宮体がんは、ほかのがんよりも比較的若い世代で発症するのが特徴で、ほかのがんと比べて長期的な再発リスクがあるといわれている。そのため、治療中や治療後も精神的、経済的に不安を抱える人は多いだろう。そんな中、がんの再発や新たながんが見つかった場合に、自由に使える給付金を受け取ることができる新たな保険が誕生した。治療中でも加入できる今までにない保険として注目されている、「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」について調べてみた。
■MICIN少額短期保険株式会社
乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険(外部サイト)

「がん」になった後の“治療中・手術後”に加入できる

 高齢になるほど発症リスクが高まるものが多いとされる「がん」。しかし乳がんなどの女性特有のがんは、20〜50代の比較的若い世代で発症するケースが多い。

 日本人女性の乳がん罹患数は、2020年の予測で約9万2300人。女性の9人に1人が乳がんと診断されている。また乳がんの罹患率は30代後半から急増し、40代で1度目の発症のピークを迎える(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターより)。
 女性特有がんの保険メニューは各社から発売されているが、一般的には「がんになる前」を対象としているものがほとんどだ。がんになってから生命保険に入ろうとしても、加入条件が厳しかったり、保険料が高額になったりしてしまうことが多いのが現状だ。

 そうした中で新たに誕生した「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」の大きな特徴は、「がんになった後」に加入できること。術後治療で通院している人も、がんの手術から6ヵ月が経過していれば対象となる。がんが再発したり、新たながんが見つかったりした場合に、自由に使い道を決めることのできる「がん診断給付金」を一括で受け取ることができる。

 申し込みの条件を見てみよう。対象は満20〜69歳(更新は満80歳まで)の女性。初めて罹ったがんが「乳がん」「子宮頸がん」「子宮体がん」のいずれか(ステージ0~II)で、各がんの再発・転移がなく、ほかのがんに罹患していないこと。「乳がん」「子宮頸がん」「子宮体がん」の手術を受けてから6ヵ月が経過していて、「がんの所見なし」であること。所定の診断書を提出できる人が対象となる。

「自分より仕事や家族を優先…」忙しい女性の“お金”の悩みを解消

 女性特有がんの発症リスクが高まる30〜50代は、職場で責任ある立場を担っていたり、家事や子育てに忙しい日々を送っていたりする人も多いはずだ。

 医療従事者によると、女性特有がんの患者は「自分のことはつい後回しにしてしまいがち」「自分よりも家族にかけるお金を優先してしまう」という人が多いという。

 がんを患った人の悩みは治療だけに限らず、仕事のことや家族との生活、パートナーとの関係などさまざまだが、共通するのは経済的な不安だ。
 がんを患ってからも入れて、経済的な支えとなる保険として開発された「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」は、女性が職場や家庭で大きな役割を担うようになった今の時代、多くの人が求める保険として誕生したものだと言えるだろう。

医療とテクノロジーで「今までにない保険の在り方を」

「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」を開発したのは、オンライン診療サービスなどを手がける株式会社MICIN(マイシン)が設立した子会社、MICIN少額短期保険株式会社である。MICINの代表取締役CEOは、医師でもある原聖吾氏が務める。
  • MICIN代表取締役CEOの原聖吾氏

    MICIN代表取締役CEOの原聖吾氏

 MICINは医療や健康に関するデータとテクノロジーを活用し、人々がとりうる医療の選択肢を広げている。「すべての人が、納得して生きて、最期を迎えられる世界を。」を企業ビジョンに、病気になる前もなった後も、自分らしい生き方を選べる社会の実現を目指して設立された。
 テクノロジーで医療に向き合ってきた同社が新しい保険を開発した背景には、「医療の進歩によって見つかる病気や治せる病気が増えている」一方で、「病気がわかると加入できる保険の制約が増えてしまう」という医療と保険の矛盾があった。とくに、日本人の死因第1位であるがんについて、生存率は年々向上しているものの、今なお精神的・経済的な不安を抱えている人が多いことが、がん患者へのヒアリングからも浮かび上がってきたという。

 そこで、がん患者のさまざまな意見や要望をもとに、保険が設計された。進化する「医療の今」に深い知見を持つ企業だからこそ、これまでなかった新商品が誕生したというわけだ。

 日本人の2人に1人が診断されるがんは決して珍しい病気ではない。とくに乳がんは女性が罹患するがんでもっとも多く、治療期間の長さや最初の治療から10年以上経ってからの晩期再発、それに伴う治療費の負担も大きな課題となっている。

 従来の保険商品にはなかった「がんになってから保険を検討してもいい」という選択肢を提供している「乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険」は、そんな人の大きな心の安心の1つとなるはずだ。
 再発に対するお金の不安に備えることは、自分だけではなく、人生を共にする家族やパートナーなど大切な人のためでもある。がんと共に生きる女性たちの人生をより豊かなものにする、そんな商品やサービスがこれからも充実していくことに期待したい。
■MICIN少額短期保険株式会社
乳がん・子宮頸がん・子宮体がん再発保障保険』(外部サイト)

Sponsored by MICIN少額短期保険

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索