ドラマ&映画 カテゴリ

岡田准一、“弟子兼友達”平手友梨奈の葛藤に共感「クオリティが高いものを作れないと満足できない」

飽くなきアクションへの挑戦心 “超人”のイメージ作り「俺、怪我しないから」

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

「ヒナコや宇津帆とのドラマシーン、アクション、コメディ。3つの現場をやっているようです。アクションを撮影している時はクレイジーな現場で、ストーリーの時は芝居をしっかりやろうという感じですし、(アキラが働く)“オクトパス”のシーンは佐藤二朗さんが面白いことをやってくださればいい…みたいな(笑)」とそれぞれ撮影に充実感をみせる。今作では“ファイトコレオグラファー”として自分のみならず木村など共演者のアクションの構成も担当した。

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

全体を通しても「そんなに難しかったものはない」と言い切るが冒頭、駐車場を使った場面ではド派手なカーアクションも披露。「日本映画の中では、今までできていなかったことができたのではないでしょうか。大きなアクションでも、そこにストーリー性があって、どう撮りたいか構築した上で作り上げました。せりふのように、会話するように、アクションが行われていくのが理想です。監督やスタッフの方々と相談して皆さんと真剣に考えて、現状でできることの一歩、二歩先ということを意識して、枠をどう広げていくのかとチャレンジできたことは大きかったと思います」と自信を見せた。
岡田自身、カリ、ジークンドー、USA修斗といった武術や格闘技を習得。俳優業の中でもアクションという部分では特に、最前線で道を切り拓いてきた。「普通の役者さんが安全性を考慮して数カットしか撮れないところを僕は倍以上のカットを撮ることができると自負しています。それは、経験によって、できる・できないの判断ができるから。例えば、自分ができると判断することができれば、もっと『スピードを上げて欲しい』とかGOをだせる。そういう信頼があればやりやすいですよね。

ギリギリを攻めるよりもリミッターを周りがどう外させるか。安全面を考慮するとどうしても縮小傾向にあるので『大丈夫、俺、けがしないから』という安心感を周りに与え、超人かのように思われないと、現場ではチャレンジできないと思います。そういうイメージ作りはしています。あの人は超人だからできるよ、くらいのイメージ作りをすれば現場は動いてくださいます」というスタッフへの対応によって、より印象的なアクションシーンを作り上げた。

これまで「今のところ、怖い、危ないと思ったことはありません」と胸を張る。「とは言ってもアクション監督は安全面をすごく意識してくださっていて、変なところで滑って転ばない限り、けがをしないように安全を保ってくださいますし、自分でも回避できるので、そういう意味で高さ十数メートルの足場の上を飛び越えたりもしましたけど、安全帯があるので滑っても、そのままぶら下がるくらい。今の状況ではあれギリギリだったな、ということはないですね。無茶はしてますけど(笑)。けがをしたことはないです」と言い切った。

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

(C)2021「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」製作委員会

新型コロナウイルスでの延期を経ていよいよ公開を迎える今作。「2作目を制作するのあれば、チャレンジをしていきたいと思っていました。撮影が終わってみて、自分なりのチャレンジが出来たと思えた現場だったので、出来上がりが楽しみです」と飽くなき挑戦心を持って臨んだ。手に汗握るアクション、芝居合戦に圧倒される人間ドラマ、そして思わず脱力するゆるい笑いの詰まったコメディと3つの要素で楽しめる作品となっている。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索