ドラマ&映画 カテゴリ

Snow Man“最年少”ラウールが語るデビュー1年目とこれから「進化が止まらないグループでいたい」

(C)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

 人気グループ・Snow Manによる初の単独主演映画『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』が12月4日に公開される。人気舞台シリーズを映画化した今作では、圧巻のパフォーマンスと時代劇による芝居によって、Snow Manが持つ“現在”の魅力が克明に映し出されている。このほど、岩本照(27)、ラウール(17)にインタビューを敢行。記事では前編をラウール、後編を岩本に分けて紹介していく。最年少ながら冷静にグループをふかんするラウールは「今はアドレナリンが出る時期で当たり前。進化が止まらないグループでいたい」とデビュー1年目の現在と未来を見据えている。

 滝沢秀明主演によって『滝沢演舞城』として2006年に初演されて以降、人気を博してきた舞台シリーズが昨年、滝沢からSnow Manへと座長が引き継がれた。それを映画化した今作は東京・新橋演舞場のステージで繰り広げられる、殺陣や歌舞伎など“和”の演目、日光江戸村で撮影された時代劇パート、それにSnow Manとしての新曲披露など、舞台と映画の融合によって、コロナ禍だからこそのエンターテインメントを追求した。

 ラウールは「今年はこういう状況で、できないのかなという雰囲気のなか、映画としてやると聞いた時にうれしい想いが一番強かった。この作品への滝沢くんの強い想いに、Snow Manも引っ張られて、今年も成功させなければという意識が強く芽生えました。あとは、シンプルに映像としてこの作品を残せることは、いろんな広がりにつながる。舞台となると足を運びづらかった人も、『映画なら』と軽い気持ちで見てもらえるチャンス。新しい層、新しいお客さんにもこの作品を広められる点がうれしいです」と“新規獲得”の機会を喜ぶ。

(C)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

(C)2020「滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie」製作委員会

 演舞場ではすでにメンバーとともに作品を鑑賞したといい「出来上がったうれしさがこみ上げてきました。撮影中はいろんな順番で撮っていたので、完成の想像がつかなかった。お客さん目線で新鮮に観ることができ『次なんだっけ、これだ!』と会話が飛び交う感じでした。Snow Manだけめっちゃテンションあがって応援上演みたいに声出してました。めっちゃ盛り上がったのは「ひらりと桜」。新橋演舞場の音がよくて、鳥肌が立ちました」と興奮を伝える。

 昨年、座長から演出側に回った滝沢は今回、監督という立場から作品と9人を見守った。「意外と、僕たちと密にコミュニケーションというよりは、滝沢くんとスタッフさんが連携をとるイメージ。細かい演技はSnow Manに任せてくれた。滝沢くんが舞台に出て座長としてやってた役割を『Snow Manがやりなさい』というメッセージでもあるのかな」と思いを巡らせた。そんな責任もあってか「最近楽曲を表現することについて突き詰めたい、と思っていて。たった数ヶ月前に撮った作品ですけど、今だったら『もっといけるな』と思ってしまいました。(もっといけたのは)なんだろう…きらめき?」と向上心をみせた。

 「Snow Manとしてひとつ『滝沢歌舞伎ZERO』という舞台があることが強みであり、看板を背負うという意味で、1年のなかでも最も責任感が芽生える瞬間でもある。滝沢くんが大きくし続けてくれた舞台を僕らがさらに、広く知れ渡る演目にしなければいけない。いい意味で『滝沢歌舞伎ZERO』を継ぐ人たちがプレッシャーになるパフォーマンスを積み重ねていきたい」。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索