• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

『めちゃイケ』『電波少年』を下支え アニメに頼らない“声優”木村匡也、ナレーターの矜持

ナレーターの矜持を語った木村匡也 (C)oricon ME inc.

ナレーターの矜持を語った木村匡也 (C)oricon ME inc.

 伝説のバラエティ番組『進め!電波少年』『どっちの料理ショー』(ともに日本テレビ系)の復活が話題を呼んでいるが、両番組でナレーションを務めていたのが声優・木村匡也。そのほか『めちゃ×2イケてるッ!』『クイズ$ミリオネア』など担当番組は数知れず。1990年代〜2000年代のバラエティ黄金期を軽妙な声色で盛り上げ、現在も『がっちりマンデー!!』(TBS系)など第一線を走り続けている。近年、アニメのキャラクターと一体となって人気を博する声優が多いなか、ナレーション1本で、30年以上にわたって活躍してきた同氏の矜持とは?

地声は低めのダンディボイス 二枚目路線”でキャリアスタート

 数々の高視聴率バラエティを担当してきたナレーター・木村匡也氏。近年では、『がっちりマンデー!!』のほか、お正月特番としてすっかり定番となった『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)における「品格な〜しで映す価値な〜し」など、軽妙かつテンポのいいナレーションで番組を盛り上げるその"声"を誰もが一度は耳にしたことがあるだろう。

 だが、インタビューの質問に真摯に答える木村氏の地声は、番組のテンションからは意外なほどダンディで落ち着いた低音。それもそのはず(!?)、そのキャリアは地元福岡の大学在学中の1989年、TOKYO FM主催のDJコンテストでグランプリを獲得したことから始まる。

「ちょうどJ−WAVEが開局して、英語混じりで曲紹介をする"FMっぽいディスクジョッキー"が注目を浴びていた時代でした。僕もたまたまアメリカの留学先でカレッジFMの運営に携わっていたりと多少英語ができたこともあって、アルバイト感覚でエントリーしたところ、あれよあれよと……」

 やがてラジオのみならず、レコード会社の洋楽のCMやディスコの司会など仕事が引きもきらないようになり上京。そうした、いわば「カッコいい」「二枚目路線」の声の仕事をメインとしていた木村氏の転機となったのが、92年に始まった『進め!電波少年』(日本テレビ系)への抜擢だった。

「いわゆる“二の線”のカッコイイ仕事ばかりやっていた時期に、あるレコード会社に“レコード会社版のテリー伊藤さん”みたいな変わったことばかりやる方と出会いまして。その方が、『お前、かっこいいものばかり作っててもしょうがないだろ。「スネークマンショー」(1970年代後半に結成されたラジオDJユニット)みたいなことやるから、お前やってみろ』って言われて、デモテープを作ったんです。今では放送できないような内容で、その時も表に出なかったんですけど、そのテープが巡り巡って『電波少年』のスタッフに渡って『こいつ面白いんじゃないか』と思っていただけたようでオファーをいただきました」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索