アニメ&ゲーム カテゴリ

発達障害の漫画家が描く夫婦のあり方「一般的な夫婦にはなれないが、自分たちなりの幸せを模索」

 夫婦で漫画家のナナトエリさんと亀山聡さんが描く漫画『僕の妻は発達障害』(新潮社)が、「当事者だけでなく発達障害を知りたい多くの人に読んで欲しい作品」とSNSで話題になっている。ナナトエリさん自身も発達障害であり、自身の経験も漫画に反映されていると言う。当事者でありあえて漫画を描こうと思った理由や夫婦のあり方について聞いた。

発達障害であることは辛いことでもあるが、恥ずかしいことではない

――ご夫婦で漫画家ですが、2人で作品を描いています。そのきっかけを教えてください。

ナナトエリ お互いに漫画家志望の友人同士でした。私は、広告漫画でネームは描いていましたが、根気のいる作画ができず…。
亀山聡 僕はアシスタント経験が長かったので、根気よく絵は描けてもフットワークが重い欠点がありました。お互いに苦手を補い合う形で一緒に描き始めました。

――夫婦で漫画を描く良さや難しさはありますか?

亀山聡 良い点は、お互いの仕事に理解があるところです。漫画好きな趣味も同じです。難しい点は、夫婦共々不安定な職業なので、生活は楽ではありません。漫画の展開等で意見が違うと気まずくなることもあります。

――ナナトエリさんも主人公と同じ発達障害ですが、ご夫婦での経験も漫画に反映されているのでしょうか?

ナナトエリ 経験を元にしているシーンもあれば、そうでないシーンもあります。例えば、1話で知花ちゃんが薬が合わなくて倒れているのは実際の経験です。逆に、3話のドリアンはフィクションです。アラート等の日常の工夫は、実際に夫婦で実践していることもあります。

――当事者であるが、あえて漫画を描こうと思った理由は?

ナナトエリ 私たちのありのままを漫画風に味付けして表現した結果、この漫画になりました。自分たちの経験や考え方を受け入れてもらえるのか不安でしたが、私たちのことを担当編集さんにお話したところ「面白い」と言われたので、描いてみようと思いました。当事者であることは辛いことでもありますが、恥ずかしいことではないと思っています。ただ、親族や友人の理解を得るのに大変なこともありました。

苦手な人間関係を最小限に、時間も自分なりの配分ができる漫画家に生きやすさ

――ナナトエリさんは、発達障害だということをいつ頃知ったのでしょうか?

ナナトエリ 30代半ばの結婚2年目です。きっかけは主人と同居するようになり、「話したはずなのに聞いていない」と言う指摘を受け、夫婦喧嘩になることが増えたことです。仕事と2人分の家事を両立できず、体調を崩しがちになりました。主人と共に生きたいと言う気持ちはあっても、結婚生活自体に大きなストレスを感じてしまう状態で、原因がわからず困惑しました。その時、たまたまインターネットで見た発達障害の記事が自分と似ていると感じて検査をしました。

――亀山聡さんは、ナナトエリさんが発達障害だということ知りいかがでしたか?

亀山聡 もともと個性的な人だと思っていたので納得しました。検査前から本で知識を多少得ていたせいか、悲観や不安はあまり起きませんでしたね。彼女が変わってしまうわけでもないですし。今まで途方もない苦労をしてきたのだろうなぁ…という同情のような気持ちが強く湧きました。

――発達障害ということが漫画家の仕事に影響したことはありますか?

ナナトエリ 漫画制作は根気のいる作業なので、集中力に問題がある私には大変なことも多いです。気が散らないように、1日中ノイズキャンセルイヤホンをつけて、狭い部屋にこもって作業しています。ほかにも、いろいろと工夫していることはあります。一方で、苦手な人間関係を最小限にすることができ、時間も自分なりの配分ができる仕事なので、会社員をしていた頃よりも生きやすさを感じています。

――漫画では、漫画家アシスタントの悟(夫)が自宅作業中は、知花(妻)が邪魔をしないためのルール「北山家邪魔しないアラート」を設けていることが描かれています。ご夫婦でも実行しているルールはありますか?

亀山聡 「北山家邪魔しないアラート」は、ほとんどそのままの状態で実行しています。ナナトは顔を合わせてしまうと無限に喋り出してしまうので、決められた時間以外は家のなかでもお互い会わないようにしています。「これくらい大丈夫だろう」「気をつければ大丈夫」という考え方をせず、ルールを作って守ることにしています。

――「生きづらさを感じる」と漫画でも描かれています。ナナトエリさんも同じようなことを感じることはありますか?

ナナトエリ たくさんありすぎて…しいて言うなら人間関係を築くことが一番難しいです。悪気は無くてもいつのまにか相手に不快感を与えているということがとても怖いです。また、障害があるので自分に自信が持てません。何かあると、全て自分が悪いと思って凹んでしまいます。
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索