• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • マスクで肌荒れ、在宅ワークでメイク離れ…でも“ときめき”は売れる コロナ禍の購買意欲に変化

マスクで肌荒れ、在宅ワークでメイク離れ…でも“ときめき”は売れる コロナ禍の購買意欲に変化

  • ひらりささんが中国のコスメブランドのネット通販でときめいたチークとアイシャドウパレット(画像提供:ひらりささん)

    ひらりささんが中国のコスメブランドのネット通販でときめいたチークとアイシャドウパレット(画像提供:ひらりささん)

 新型コロナによるリモートワークや外出自粛で、化粧をする機会が減少した昨今。これを受けて、実際に美容部員に化粧をしてもらう「タッチアップ」を自粛する店舗が増え、ECサイトの運営やSNSでのライブ配信など、販売のアプローチが変わってきている。このような状況を消費者側はどう感じているのか。コミカライズやドラマ化もされたエッセイ本『だから私はメイクする』の編著者で劇団雌猫のメンバーであるひらりささんとユッケさんに、コロナ禍でのコスメやメイクに対する意識の変化について話を聞いた。

マスク着用になったからこそ、メイクやスキンケアより輪郭を鍛える人も

――今年はコロナ禍で外出や飲み会の機会が減り、更に顔の下半分がほぼ隠れてしまうマスクの着用によってメイクに対する意識も変化してきたのではないかと思いますが、お2人はどうですか?

ひらりさ日本での流行が始まった最初の頃は、家にいてもリモート会議がある日はメイクをしていたのですが、そのうちどんどんしなくなっていきましたね。ただ、そのぶん外出する際にはコロナ禍以前よりも気合いを入れてメイクしたい気持ちが湧いてきたので、メリハリがついたかもしれません。とはいえやはりマスクをするので、口紅を塗らないことも多いです。

ユッケ私も、リモートでの打ち合わせは全員カメラをオフにした状態でやっているので、直接人に会うとき以外はメイクをしなくなってしまいました。それと同時にコスメに関しても、マスクで見えないリップやチークへの興味がほぼなくなってしまったんですね。その代わり、例えば“顔色が悪く見えないアイメイク”を研究したり、どんなアイシャドウを塗れば“仕事ができる感”を演出できるのかといったことを考えながらメイクをするようにはなりました。

――マスクの着用でメイクへの関心が薄れているだけではなく、肌荒れで悩むようになったという人も増えていますよね。

ユッケ私自身、マスクをするようになってからニキビや吹き出物が出て肌荒れするようになりました。

ひらりさマスクだけじゃなく、生活の変化によるストレスなどが肌に出てしまうこともありますよね。ただ、私の周りはコロナをきっかけに家にいる時間をうまく活用して、肌の改善のためのスキンケアをしている人が増えましたね。カラーコスメよりもスキンケアにお金を使う人が増えているのではないかなと。

ユッケSNSで美容に関心が高いアカウントを見ると、肌を整えるというよりは顔の輪郭のほうに意識がいっている人も多い気がします。例えば、マスクを付けていることをうまく活用して、外でも口の中で舌をぐるぐる回す“舌回しの運動”で顎をシャープにしようとしている人がいたり。マスクで覆われているうちに、顔の下半分をケアするという発想は面白いなと思います。そう考えると、肌荒れは嫌ですが、マスクも悪くないのかもしれませんね(笑)。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索