• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • コロナ禍で予期せぬ好転 『半沢直樹』からの「はしご出演」で判明した今田美桜の“天命”

コロナ禍で予期せぬ好転 『半沢直樹』からの「はしご出演」で判明した今田美桜の“天命”

 民放の日曜ドラマとして現在、『半沢直樹』(TBS系 後9:00〜)と『親バカ青春白書』(日本テレビ系 後10:30〜)が放映中だが、その両作に“はしご出演”しているのが女優・今田美桜。SNSでは「半沢直樹にも出てるしそっちにも出てるんだ!」「さっきまで闘ってた子だよね?今度は大学生?」と話題に。さらに『親バカ』では、新垣結衣、今田ら“サイド”キャストの名がTwitterで相次いでトレンド入りした。予期せぬ「はしご出演」となったことで、まったく異なる役柄をしっかりと演じ分けることが出来る、技量の高さを如実に証明した今田。コロナ禍という“災い”や“困難”を好転に結び付けることが出来たようだ。

コロナ禍で余儀なくされた「撮影延期」 この“災い”が今田美桜には幸いに

 今田美桜の“はしご出演”は、当初から予定されていたことではない。元々『半沢直樹』は4月クールのドラマであり、このコロナ禍の影響で撮影・放送が延期された結果。『親バカ』は7月クールのドラマだが、前クールのドラマ『美食探偵 明智五郎』の放送が一時休止になったため、5月28日に日本テレビ広報部が開始時期の変更を明らかに。6月12日に、放送が8月からになることが発表され、同月28日、8月2日の放送スタート日が決定した。

 つまりコロナ禍がなければ、それぞれ春ドラマ、夏ドラマとなるはずのもので、偶然の産物だった。そしてこの偶然が今田に追い風をもたらしている。SNSでは「二時間も今田美桜ちゃんが見られるなんて眼福」「2ドラマ連続出演なんてすごすぎ」「今田美桜ちゃんを2回見られる日曜日は最高」などの声が。

 「2018年頃から若い女性、F1層を中心に人気を集めていましたが、2019年からは、ある程度広くブレイク済みのタレントや俳優を主に取り上げるテレビ誌も注目する存在に。現場取材では主役やヒロインの撮影の様子をメモするのが通常ですが、脇役である“今田美桜ちゃんからも目を離さないでほしい”という指令が現場記者に飛んでいました」と語るのは、テレビ誌でもライティングを行っているメディア研究家の衣輪晋一氏。

 そもそも一部や業界で注目されていた人物が、このコロナ禍で災い転じて福となし、一気に一般レベルでも話題になり始めたという流れだ。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索