• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • ローラ、バラエティ疎遠とLA移住の裏に貫く信念「自分に嘘をつきたくなかった」

ローラ、バラエティ疎遠とLA移住の裏に貫く信念「自分に嘘をつきたくなかった」

  • LAを拠点に活躍の場を広げているローラ

    LAを拠点に活躍の場を広げているローラ(画像提供:STUDIO R330)

 モデル・ローラが『しゃべくり007』(日本テレビ系)のゲストとしてテレビに初出演してから早10年。翌年には年間200本以上の番組に出演し国民的人気者へと成長したが、4年前に突如ロサンゼルスに移住。今年6月には環境に配慮したライフスタイルブランド「STUDIO R330」を立ち上げた。その背景には、「自分の気持ちに正直でいたい」というまっすぐな彼女の信念があった。海外に拠点を移した理由、そして新ブランドに込められた思いとは。「今の方が日本が好き」と語るローラに聞いた。

「眠れなくなったことがあった」日本のレギュラー番組15本のオファーを断っていた

 ローラが監修する「STUDIO R330」では、リサイクル素材を使った運動向けアイテムを皮切りに、環境に配慮した商品開発やコンテンツを発信していく。ブランド名の“R”には、”リユース”、“リサイクル”、“リデュース”の意が込められている。地球にも人にも優しい素材にこだわり、準備に約2年もの時間を費やした。

「環境に配慮しながらライフスタイルをポジティブにするようなブランドに出来たらいいなと思って色々考えたの。だから自分が考えたアイデアに共感してくれたり、手に取ってくれた人がハッピーになってくれたら嬉しいなって。あと、日本にはまだ運動の文化が浸透していないなって思っていて、私自身もLAに来て運動を日常生活に取り入れたことで、ポジティブになって自分を大切にすることに繋がったから、この素晴らしいことをみんなにシェアしたいなって思ってる」

 LAでの生活は「いつもスペシャルに感じて、1日1日がすっごく楽しい!」と活き活きと話すローラだが、幼い頃から育った日本を離れたのはなぜなのだろうか。
 
「日本にいた時もすごく楽しかったんだけど、私がお仕事をしすぎちゃったのかな?自分の時間をつくれてなくて、実は眠れなくなっちゃったことがあったの。そこで、自分の心や身体を大切にしなくちゃって気づいたんだよね。それで自分のやりたいことを見つめ直したときに、世界中の人とコミュニケーションをとったり、知らない文化に触れたり、いろんな経験したいっていう思いがずっとあったから、これはいいタイミングだと思って、一度日本を離れることにしたの」
 画面が華やぎ、発する一言一言に笑いが起きる彼女にオファーは止まなかった。モデル、歌手、女優と年々活動の幅を広げ、レギュラー番組のオファーは15本に及んだ。しかし、ローラはすべて断った。

「きっと日本を離れたらたくさんお仕事を失ってしまうけどそれでもいいや、って。やっぱり一度しかない人生たくさん経験したいし、自分のやりたいことを大切にしたいなって思ってチャレンジしてみたの。だからね、全然後悔してない!」

 LA移住を機に、本格的に英語の勉強をスタートしたローラ。5月に出演したテレビ番組では、友人だという世界的歌手のカーリー・レイ・ジェプセンと肩を並べて、堂々と英語で雑談する様子が放送されていたが、彼女の向上心は留まるところを知らない。今でも、週に5回オンラインレッスンを受けているというのだ。「最初の頃は英語喋れなくて、覚えるのも遅かったけど、ちゃんと続ければ出来るんだ!ってちょっと自分に感動してる!あとね、私日本語もちょっと子どもっぽいけど、英語も何だか子どもっぽくて面白いって言われるの(笑)。どんな言語でも自分らしさって残るんだって思ったら何も怖くないなって!」と楽しそうに話す彼女に、“何事も始めることに遅いことはない”と改めて感じさせられた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索