• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 犬飼貴丈「BUMP OF CHICKENには僕の青春が詰まっている」 もしも藤くんに会えたなら

犬飼貴丈「BUMP OF CHICKENには僕の青春が詰まっている」 もしも藤くんに会えたなら

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(8月4日掲載)

学生時代にロックバンド「BUMP OF CHICKEN」を好きになり、ギターを始めバンドも結成したという俳優・犬飼貴丈さん。自身にとって「音楽、ロックを好きにさせてくれたバンド」であり、その存在を「青春」と言い切るほどバンプ愛にあふれています。そんな犬飼さんに、シチュエーション別の「好きな1曲」やカラオケで必ず歌う曲、憧れのメンバー、バンプ初心者への入門曲など、バンプについて大いに語ってもらいました。

撮影:田中達晃(Pash) 取材・文:遠藤政樹

バンプ藤原さんの発言が好きすぎて「自身のインタビューに採用」

――BUMP OF CHICKEN(以下「バンプ」)にハマったきっかけから教えてください。
犬飼貴丈もともと『天体観測』を知っているぐらいで、それ以外の曲はあまり知らなかったのですが、掘り下げるきっかけになったのは当時のクラスメートかな。その友だちがバンド好きで、よく聴いている曲やおすすめの曲をメールで教えてもらったりして聴きあさっていった。そのなかにバンプもあって……、というのがハマったきっかけですね。
――お互いおすすめのアーティストや楽曲を紹介し合うのは刺激があって楽しいですよね。いろいろ聴いていく中で最初にグッときたバンプの曲を教えてください。
犬飼貴丈『車輪の唄』ですね。メロディーもそうですけど、「錆び付いた車輪 悲鳴を上げ」という歌詞があって、当時の僕は、その詩的な表現にものすごく感銘を受けました。自転車の車輪のことなんですが、「“自転車が僕らを運ぶ”とかじゃなくて、こんなふうに表現するんだ!」と。そこからさらにバンプを好きになっていきました。独特の歌詞や、世界観にものすごくハマっていきました。
――確かに「深みがある」という言葉ではまったく足りないぐらい、歌詞は味わい深いですね。ブルースやカントリー調も感じさせながら、UKを彷彿とさせるギターロックがぴったりです。
犬飼貴丈そうですね。独特なギターの音、ちょっとこもったようなエフェクトをかけているというか、そういう音も“バンプらしさ”だと思います。それとギターボーカルの藤くん……あっ、藤原(基央)さんを中心として、メンバー間に和やかな雰囲気が流れている感じも好き。これは定かじゃないのですが、藤くんの曲できるまで他のメンバーは待っていてくれる、というエピソードを耳にしたことがあって、そういった関係性がすごく素敵だなと感じました。
――メンバーの中で特に憧れている方は?
犬飼貴丈藤くんですね、圧倒的に。歌詞も素敵ですけど、ひとつひとつ、はく言葉もすごく素敵。いまだにカッコいいなと思うセリフは、視力が悪いのにあえてメガネをかけないことに対しての発言で、「別に世界って見えすぎない方がいい」みたいなことをおっしゃっていて。「わぁカッコいい!」と思い、たまに僕もインタビューとかで言っています(笑)。
この投稿をInstagramで見る

BUMP OF CHICKEN Official Insta(@bumpofchickenofficial)がシェアした投稿 -

BUMP OF CHICKENの藤原基央さん

――自分でも言ってしまうとは、かなりのリスペクトぶりですね。
犬飼貴丈「確かに!」と思って。見えない方がいいこともあるよなって、すごく感銘を受けましたね。

ギターに興味を持ったきっかけは『天体観測』

――学生時代にバンドを3つも掛け持ちしていたそうですが、バンプの曲のコピーもされたんですか?
犬飼貴丈しました。定番中の定番だと思いますが、まず『天体観測』はマストで、みんなでこぞってやっていました。

BUMP OF CHICKEN『天体観測』

――ということは『天体観測』が最初に完コピできた曲に?
犬飼貴丈そうですね。僕はギターボーカルだったので、ほぼコードを弾いているだけでしたけど(笑)。イントロとかは弾けるようになりましたね。ギターをさわって練習しだしたきっかけが、バンプ、エルレ(ELLEGARDEN)、ラッド(RADWIMPS)などでした。
この投稿をInstagramで見る

BUMP OF CHICKEN Official Insta(@bumpofchickenofficial)がシェアした投稿 -

BUMP OF CHICKEN

――では「この曲の演奏は難しかった」など、バンド活動で印象的だったバンプの曲はありますか?
犬飼貴丈バンプだと『ラフ・メイカー』。ギターソロがあって、そこは別に僕は弾かなくてもよかったのですが、そのギターソロがすごく好きだったので、一人でコソコソ練習して弾けるようになり、自分自身で「よしっ!」となったことがありました。自己満じゃないですけど、好きすぎて弾いちゃったみたいな(笑)。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索