• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • 芸能
  • 白洲迅、ラーメンに注ぐマシマシの情熱「生きる原動力」 大好きな店と、思い描く“理想の一杯”

白洲迅、ラーメンに注ぐマシマシの情熱「生きる原動力」 大好きな店と、思い描く“理想の一杯”

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(6月30日掲載)

Instagramに「麺スタグラム」と銘打ってラーメン写真をアップし、折に触れて熱すぎる“ラーメン愛”を口にしてきた俳優の白洲迅さん。自身でも「いつの頃からかラーメンについてよく聞かれるようになりました(笑)」と実感しているように、今では周囲にもラーメン愛好家として知られるようになってきました。「生きる原動力」とまで言い切る白洲さんのラーメン道について、好きになったきっかけから味や食べ方のこだわり、そして理想とする至高のラーメンまで、“マシマシ”のその愛に迫りました。

撮影:田中達晃(パッシュ) 取材・文:遠藤政樹
スタイリスト:持田洋輔 ヘアメイク:生田アリサ

子どもの頃はまさかの“ラーメン嫌い”だった

――そもそもラーメンを好きになったきっかけを教えてください。
白洲迅実は、小さい頃はラーメンが大嫌いだったんですよね。
――えっ! 意外ですね。味がダメだったとか、そういう理由なのでしょうか。
白洲迅味が嫌いだったわけじゃなくて、僕、猫舌なんです。家族はラーメン好きでよく食べに行っていたのですが、僕はとにかく食べるのが遅くて。男3人兄弟の長男なのですが、弟たちより食べるのが遅いのが嫌すぎて、「ラーメン行くぞ!」となっても、僕だけ途中でお寿司を買ってもらってラーメンは食べないみたいなことも(笑)。

――それがどうしてまた、ここまで熱いラーメン愛に?
白洲迅いつ頃からかはっきりしないのですが、気づいたらしょっちゅうラーメンを食べにいくようになっていましたね。多分、高校生ぐらいだと思うのですが……そうだ。きっかけは「家系ラーメン」にハマったからでした。

――なるほど! ちなみに猫舌は治りました?
白洲迅治ってないです。だから食べるのはいまだに遅いです(笑)。
――麺類にはラーメン以外にもそばやうどん、パスタなどがありますが、ほかの麺類はいかがですか?
白洲迅麺類は大好きです。そのなかでも、ラーメンが圧倒的に好きですね。“最後の晩餐”で食べたいものは? と聞かれたら、もちろんラーメンですね。

――それなら、もし状況が許されるなら1日3食ラーメンでも?
白洲迅いや、それにはこだわりがありまして。「ラーメンを一番おいしく食べたい」「常においしく食べたい」と思っているので、ラーメンが続いてしまうと2食目のラーメンが100%で“おいしめない”。それはラーメンに対して失礼なので、しません。
この投稿をInstagramで見る

白洲迅(@jin_shirasu_official)がシェアした投稿 -

「ラーメンのために走る」

――“おいしめない”のは確かにもったいないですね(笑)。ということは、「ラーメンのためにランニング」「店まで自転車で長距離移動」といった行動は、すべてラーメンをおいしく食べるために行っている、と。
白洲迅そうです、そうです! 例えば「今日このラーメン屋に行きたい」と決めたら、まずおなかを空かせて、ラーメンYouTuberさんの動画を見る。そうやって店に行きたい欲・モチベーションをさらに高めて高めて、やっと家を出るんです。
――なるほど。イメージトレーニングをすることが、おいしく食べるための最高の“調味料”になるわけですね。
白洲迅はい(笑)。プラスアルファで店に行列ができていると、それはそれでまた調味料に。お預けを自分に課して「早く食べたい!」っていうので、またテンションが上がりますね。
――そうすると「Stayhome」中は店にラーメンを食べに行くこともままならず、大変だったのでは?
白洲迅大変でしたねぇ……。ただ一つ良かった点は、Uber Eatsで普段は宅配をしていない店でもラーメンを配達してくれるようになったのがうれしかった。

――気になったお店は?
白洲迅「野郎ラーメン」と「(蒙古タンメン)中本」が宅配できるようになったのが、すごく良かったですね。家で食べられたのはうれしい。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索