• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • バイきんぐ、“フリー化”するお笑いに「平気で線引きを破ってくる」 “国民総クリエイター時代”のエンタメ語る

バイきんぐ、“フリー化”するお笑いに「平気で線引きを破ってくる」 “国民総クリエイター時代”のエンタメ語る

 これまでお笑い芸人がブレイクするにはテレビ番組への出演や、賞レースで注目を浴びることが主な道筋だった。しかし投稿動画サイトの普及に伴い、動画の“バズり”によって、知名度にかかわらず誰でも突如注目を浴びる機会が増えてきた。そんななか、視聴者参加型の投稿動画コンテスト『なんてネタだ! グランプリ』が「ABEMA」にて放送中だ。誰でも参加可能で、“面白いもの”なら何でもありという、まさに「エンタメフリー」な異種格闘技戦の様相を呈した本番組。MCを務めるお笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が、誰でもエンタメに参加できる「国民総クリエイター時代」ともいわれる現代のお笑いに感じる変化について語った。

■『なんてネタだ! グランプリ』(外部サイト)
『エンタメフリー劇場 BIGLOBE presentsなんてネタだ!グランプリ』とは?

BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」は通信制限を気にせず、エンタメが楽しみ放題になるサービス。
この、フリーダムなサービスを提供するBIGLOBEがお届けするのが、エンターテインメントをフリーに楽しめるバーチャルな劇場『エンタメフリー劇場』だ。
そこで行われる『なんてネタだ!グランプリ』は、漫才/コント/モノマネなどジャンルも、プロ・アマも制限しない、エンタメフリーなお笑いネタコンテスト!

「まだ手をつけてないところあるんだ」 投稿動画の広がりで感じるお笑いへの“気づき”

29日の最終回でグランプリが発表される『なんてネタだ! グランプリ』

29日の最終回でグランプリが発表される『なんてネタだ! グランプリ』

――お笑い芸人として第一線で活躍され続けてきたお二人ですが、近年の動画投稿の普及というのはどのようにお考えでしょうか?

西村瑞樹 芸人目線で言うと、漫才やコント以外にも才能あふれる芸人さんはいるので、こういう(ネタジャンルを問わない)企画によって日の目を見ることができるのならば、それは素晴らしいことだと思います。

小峠英二 芸人というのは、どんなことでもすべてがチャンスですからね。別にメディアに出る以外でも、どこで誰かが見てくれているかわからないので、その意味ではこういう機会があることはありがたいと思いますね。そのぐらい貪欲じゃないとダメだと思うし。

――誰でも気軽にチャンスがもらえるということは、ある意味でお笑いのハードルが下がるともいえると思うのですが、その点はいかがでしょうか?

小峠英二 いいことだと思いますよ。僕らが下積み時代にはなかった文化なので。当時は「こういうアイデア面白いかも」と思っても、なかなか表現する場がなかったですからね。面白いと感じたことを、すぐに配信できるというのは素晴らしいことだと思います。

――懸念点はありますか?

小峠英二 まあ気軽にチャレンジできる反面、観る側も簡単に観られるんですよね。その分、視聴者の飽きも早いので、消費される速度も昔よりは早いと思います。世の中に出やすくはなったけれど、より残りづらくなっているのかなとは思います。

西村瑞樹 僕も難しさはあると思いますが、単純に羨ましいなと思います。いろいろなアプローチが考えられるじゃないですか。

――これまで番組では、3回にわたって計50組の動画を観てきました。誰でも参加できるという意味では、ノンジャンルの“面白い”の表現は強烈なものも多かったのではないでしょうか?

小峠英二 それはありますね。番組の第3回目に出てきた片倉ブリザード(グレープカンパニー)なんかすごかったですよね。ウーパールーパーで笑いをとるなんて初めて見ました。ウーパールーパーって僕らが小学生ぐらいのときにはやっていたものですけど、この令和の時代にやることで、新しいものになりますからね。「まだ手をつけてないところがあるんだ」って教えられた部分もありました。

あとはやっぱり今はコンプライアンスの問題とかもあるので、テレビだと難しいことが多いじゃないですか。どこかで自分のなかに線引きして「これはいい」「これはやめておこう」って決めているのですが、そういうところも平気で破ってきますよね(笑)。片倉ブリザードのネタなんて、いまのテレビじゃ無理なネタですから。

西村瑞樹 初回に出てきたロマンティックドラゴン(無所属)なんて、3人でやっているけれど、最初2人で、あとから1人出てくる設定なんです。でも最初から3人目が見切れているんですよね(笑)。その辺もプロじゃ絶対あり得ないんだけれど、それが面白かったりする。なるほど…と思いました。

小峠英二 撮り直すのが面倒くさかったんだろうね。普通だったら撮り直しますからね(笑)。

■『なんてネタだ! グランプリ』でネタをチェック(外部サイト)

「レッドカーペット時代、ことごとくダメだった」 ショート動画と賞レース、違いは“瞬発力”

――小峠さんといえば、今年「キングオブコント」の審査員を務められました。今回は視聴者の投票によってグランプリが決まるため、審査する立場ではなかったですが、こういうノンジャンルのネタを審査するというのは難しさを感じますか?

小峠英二 これが全部ライブでやるというのだったら審査する難しさはあるかもしれませんが、ジャンルフリーとはいうものの、投稿映像という基準があるので、逆に優劣はつけやすいんじゃないですかね。

――視聴者投票ランキングの中間発表が番組サイトで公開されていますが、ご自身の中での評価と比べていかがでしょうか。

小峠英二 パッと振り返っても覚えているので、大体合っていると思います。インパクトがありましたよね。こういう動画って、持ち時間の1分半全部面白いよりも、ラスト30秒で爆発した方が印象に残ると思うんです。普通の賞レースだと、持ち時間はある程度コンスタントに笑いをとりに行く必要があると思うのですが、映像だと瞬発力が重要なんだと思います。その意味では、スタミナパン(8日時点、第1位)も、銀河と牛(8日時点、第2位)もインパクトありましたね。

――お二人が1分半で動画を作ってくださいと言われたらどういったネタにチャレンジしますか?

小峠英二 僕はショートネタが昔から苦手だったんです。いわゆるレッドカーペット全盛のときとか、ことごとくダメでしたからね。ちょっと無理かな。

西村瑞樹 芸人にも向き不向きがあるんですよね。でもいまの若い子たちはYouTubeとかで、どんどん映像を作ってアップしている子もいるので、得意なものを披露する場が増えるというのは喜ばしいことだと思います。

■『なんてネタだ! グランプリ』でネタをチェック(外部サイト)

グランプリ発表、バイきんぐの予想は?「誰が獲っても物議をかもしそう(笑)」

――29日の生放送で、いよいよグランプリが発表されますね。優勝者には賞金100万が贈られます。

小峠英二 視聴者が投票するので「えーこの人がグランプリ?」ということはないと思います。観ている人が一番面白いと思って投票した結果が反映されるというのは、ある意味で一番わかりやすいですよね。ぜひ、誰がグランプリを獲得するのか楽しみにしてください。

西村瑞樹 グランプリを誰が獲るかというのももちろん注目なのですが、最終回には、ノミネートされなかった動画も観られるんです。僕はそっちに興味があります。今回アップされた動画ですら、かなりのインパクトがある作品が多かったのに、そこにあがってこなかった動画がどんなものなのか…楽しみですね。

小峠英二 もう骨の1本や2本折っているような道徳のかけらもない奴とかいそうだよね。

――もしお二人が投票するなら?

小峠英二 1位になるかどうかわかりませんが、ぼるるのはな(無所属)とかよく考えられているネタで面白かったですね。

西村瑞樹 くまりえ。(無所属)とか面白かったね。スマホを腹に挟んで音消すとか……。

小峠英二 でも、くまりえ。に100万円獲られたら嫌だけれどね。かなり物議をかもすと思いますよ。

西村瑞樹 それを言ったら誰でも物議をかもしそうでしょ(笑)。


(取材・文/磯部正和)

BIGLOBE presents -エンタメフリー劇場- なんてネタだ! グランプリ

 職業や肩書き、お笑い経験歴、“漫才”“コント”“モノマネ”“リズムネタ”“編集動画”などのジャンルを一切問わない、垣根を超えたジャンルフリーの投稿動画コンテスト。審査は視聴者による投票で行われ、優勝者には賞金100万円が贈られる。一般応募で集まった投稿動画の中から予選通過した計50組を3回の放送にわたって紹介。10月29日放送の最終回の放送にて50組の中から一般投票によって選ばれたグランプリが発表される。

最終回放送日:10月29日(金) 22:00〜22:30
『なんてネタだ! グランプリ』番組ガイド(外部サイト)

投票参加で当てよう! プレゼントキャンペーン

 期間中の投票参加者の中から、1万円相当のGポイントギフトを抽選で100名様にプレゼント。さらに、10月22日から10月28日までの最終ブロックの期間に投票すると抽選で1名様に現金10万円があたるチャンスも。

 投票は番組のサイトからネタ動画を視聴して、面白いと思ったネタの「なんてネタだ!」ボタンをタップorクリックしてツイートするだけ!

 また、投票後にアンケートに回答すると抽選ですてきな賞品が当たるプレゼントキャンペーンも実施中。

【投票について】
現在、全ネタ投票受付中:投票期限10月28日(木)12:00
投票に参加(外部サイト)
■投票の方法■
1. 番組サイトを開く(外部サイト) ※いままでの放送を見逃していても大丈夫!
2. ネタ動画を視聴(外部サイト)
3. 「なんてネタだ!」ボタンをタップorクリックして、ツイートする(外部サイト)
4. 投票完了(外部サイト)
【投票プレゼントキャンペーン】
応募期間: 9月10日(金) 22:20〜10月28日(木) 12:00
対象: 番組サイトより、本番組の投票に参加いただいた方。
賞品:1万円相当のGポイントギフトを抽選で100名様にプレゼント。
   最終ブロック期間(10月22日22:20〜10月28日12:00)に投票した方の中から抽選で1名様に10万円をプレゼント。

※当選発表は当選したご本人のみにTwitterのダイレクトメッセージでお知らせします。
※詳しくは番組サイト(外部サイト)をご覧ください。

【Wチャンスキャンペーン】
応募期間: 9月10日(金) 22:20〜10月28日(木) 12:00
対象:番組サイトより、本番組の投票に参加いただき、さらにアンケートにご回答いただいた方。
賞品:モバイルプロジェクター、ウェアラブルネックスピーカー、Nintendo Switchなど抽選で合計12名様にプレゼント

※アンケートのURLは投票ツイートへのオートリプライで連絡します。コメント欄をご確認ください。
※当選発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます(2021年11月初旬〜中旬頃までに送付予定)。

番組サイト(外部サイト)

動画をストレスフリーで鑑賞できる、「BIGLOBEモバイル エンタメフリー・オプション」とは?

「エンタメフリー・オプション」は、モバイルサービス「BIGLOBEモバイル」の利用者を対象とした、YouTube、ABEMAなどの20サービスの通信量が、一部の機能、広告等を除き月額280円(税込308円)からで、ノーカウントになるスマホ向けオプションサービス。データ容量の使い過ぎで通信速度が制限された場合でも、対象サービスは速度制限されることなくサクサク見ることができる。

■「エンタメフリー・オプション」(外部サイト)
sponsored by ビッグローブ株式会社

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索