• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 狩野英孝、YouTubeの再生数伸びずに「心折れかけて…」 “下手だからやりたくなかった”ゲーム実況で開いた活路

狩野英孝、YouTubeの再生数伸びずに「心折れかけて…」 “下手だからやりたくなかった”ゲーム実況で開いた活路

 ゲーム実況界に彗星の如く現れ、視聴者を爆笑の渦に巻き込んでいる狩野英孝。配信するたびに起こす珍プレイや天性のリアクション芸から繰り出される名言の数々は、“伝説”と呼ばれているほど。現在のYouTube登録者数は118万を超えるが、2019年の開設当初は何をやっても再生数が伸びなかったという。「へたくそだからゲーム実況やりたくなかった」と言いながらも、そのゲーム実況でいまや絶大な人気を得ているところはいかにも狩野らしい。芸人、歌手、神職など多くの顔を持つ彼が、さらに“人気ゲーム実況者”の仲間入りしたことで至った境地を聞いた。

ピン芸人としての力が生きたゲーム実況「街ブラロケに近い感覚」

──昨年2月にゲーム実況を始められるまで、狩野さんがゲーム好きだとは知りませんでした。

狩野英孝そうですよね、あまり表では言ってこなかったので。ただゲームは子どもの頃からずっと好きで、大人になってからも1人でゲームショーに行ったりしていて。でもYouTubeを始めてしばらくは、ゲーム実況をやろうとは思わなかったんですよね。

──それはなぜですか?

狩野英孝センスがゼロなんです(苦笑)。こないだもサンドウィッチマンの富澤さんの6歳の息子さんとApex Ledgends(エーペックスレジェンズ)をやったんですけど、僕より全然うまくて。ゲーム実況ってやっぱり、みなさんスゴ技とか神業が見たいでしょうし、僕なんかがやってもなぁと思ってたんです。
──逆にその“下手さ”が、今やゲーム実況界隈でも唯一無二の存在を放っています。

狩野英孝ゲーム実況をやるまでYouTubeの再生数が全然伸びなくて。自分の引き出しも全部出し切って、もうほかにやれることないぞって心が折れかけてたときに残ってたのがゲームだったんです。しかもやってみて気づいたんですけど、ゲーム実況って僕がテレビでよくやらせてもらってきたピンの街ブラロケに近い感覚があったんですよ。

──「あっちに何があるか行ってみましょうか」と一人語りするみたいな?

狩野英孝そうです。時に起こるハプニングなんかも含めて。こないだ品川庄司の品川さんに言われて気づいたんですけど、僕ってずっと1人でしゃべってきたんですよね。テレビだったら視聴者の方に向かって、ライブだったらお客さんに向かって。だから最初から割とすんなりゲーム実況も出来たんです。だけど品川さんは、基本的に庄司さんに向かってしゃべってきたから、最初はだいぶ苦労したとおっしゃっていて。

──ピン芸人として培ってきた力がゲーム実況に生きたんですね!

狩野英孝でも相変わらずゲームは上達しないですし、「こんなんで見ていただけるの?」という気持ちは今でもありますね。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

ワンクリック投票

あなたの注目コスプレはどっち?
ワンクリック投票に参加する

 を検索