アニメ&ゲーム カテゴリ

4歳の子どもが公園に一人、自宅に勝手にあがり込まれ…”放置子”の実態を漫画に 大人としての対処とは

娘と同世代の ちゃん、公園で出会ったという

娘と同世代のみーちゃん、公園で出会ったという

 4歳の娘と公園に行くのが日課という母親の体験談がインスタグラムで話題に。公園には、娘と同い年であるにも関わらず、一人で遊ぶ女の子の姿があった。子ども同士で仲を深める様子を見守ったが、次第に母親は女の子とのコミュニケーションに不信感を抱くように。幼稚園に行く前に「遊ぼう」と自宅に押し掛けたり、娘が幼稚園に行っている間も「遊ぼう」「トイレ貸して」と家に上がり込む。夕飯時になって「お母さんが心配するよ?」と声掛けしても、「ママは大丈夫」と自信満々の答えが。”放置子”と称され問題になる例もあるが、実際にどのような対応をとるべきなのか。漫画の作者・もっちさん(@mocchi_kakei)に話を聞いた。

4歳の子どもを公園で一人に…会うたびにモヤモヤが募る

ーーもっちさんは、怖い女たちの体験談を集めて投稿しています。漫画にしようと思われたきっかけは?

「最初は子育てをしているママにむけて『子育てトラブル』のエピソードを掲載していました。すると同じ悩みを抱える女性が多いことに気づき、イラストを加えて実際にあったフォロワーさんの体験談を掲載するようになりました。『怖い女たち』と言葉だけ聞くと、自分には関係がないと思いがちです。しかし子育て中のママは、子どもの通っている幼稚園や学校で、女性の間で起こるたくさんの悩みを抱えているんです」

ーーインスタグラムで話題になっていたのが、「放置子が勝手に家にいた話」。公園でたまたま出会い、自宅にも放置子が来るようになってしまう。その子どもや親にモヤモヤする気持ちや、実際の対応が描かれていました。最初にフォロワーさんから話を聞いたときはどう感じましたか?

「最初はこの体験談を載せるかどうか悩みました。小さい子どもを1人で遊ばせている親がいることに、まず衝撃を受けましたね」

放置子は”家族の問題”「子どもが求めている親との時間を大切にしたい」

ーー幼稚園のお迎えでちょっと外出する時、庭に通じる扉の鍵をかけておらず、そこから自宅に勝手にあがり込んで、娘さんのおもちゃで遊びながら帰りを待っている…という、怖すぎるエピソードもありました。身近にそのような環境の子がいたら、もっちさんだったらどんな行動をとったと思いますか?

「この話では、放置子の親に直接会いにいく様子まで描かれてます。私なら直接親に会いに行く勇気はありません。体験者様はすごいなぁと思いました。相手の子どもに直接言って、距離を取るようにしたと思います。

 今回の投稿を通じてフォロワーさんたちのコメントを全て読みました。児童相談所に相談、警察へ連絡。それは放置されている子を守る意味でも大人としてやるべきことだと感じました。

 そして、放置子の体験談を聞いた時に自分自身も子どもとの向き合い方を改めようと思ったんです。常にコミュニケーションをとっていますが、寂しい想いをさせていないか。あらためて、子どもが求めている親との時間を大切にしようと決めました」

ーー漫画には、たくさんの反響が寄せられていました。反響コメントをうけて、もっちさんはどのように感じましたか?

「色々な意見があることに驚きました。『相手の子どもにしっかり伝える』『自分の子どもを通して断ってもらう』『児童相談所や警察に連絡』『相手の親のところにいく』…など、様々な対処の仕方が実際にあると感じます。過去に放置子問題に悩んだ方々からのコメントも多く、珍しいことではないと感じました。

 『相手の母親はなにしてるんだ!』というコメントがとても多かったのですが、私が共感したのは『父親にも問題がある』という意見。母親だけが責められる問題ではないと、納得させられたと同時にとても共感しました」

ーー今後どのような漫画をSNSで発信していきたいと考えていますか?

「私のフォロワーさんのほとんどは、子育てをしているママさんが多く、毎回コメントを沢山いただきます。このアカウントは私だけで成り立ってるわけではなく、体験談を提供してくれた方や色々な意見をコメントしてくれるフォロワーの方々と作り上げてるインスタグラムだとおもっています。私だけが発信する形ではなく、フォロワーさんたちと皆で現代の問題について考えていくアカウント作りをしていきたいです」
Instagram:mocchi_kakei(外部サイト)
Blog:https://mocchikakei.com/(外部サイト)
タグ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索