• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • “うつ病の彼”と別れを決意した理由、罪悪感の一方で「このままでは共倒れしてしまう」危機感も

“うつ病の彼”と別れを決意した理由、罪悪感の一方で「このままでは共倒れしてしまう」危機感も

 自身の実体験を漫画「うつ病彼氏と別れるまでの話」としてインスタとブログで発信しているはなさん。うつ病を患う彼氏との同棲生活における悩みや葛藤を赤裸々に綴る本作は、同じ境遇の女性を勇気づける一方、ときにはネットの心無い言葉や批判も受け、はなさん自身が罪悪感を抱えることもあったという。一時は、「彼氏のせいで幸せではないのでは…」と恨む気持ちも積もってしまったというはなさんに、当時の心情を振り返ってもらった。

「批判や否定をしないように」病気の彼を気遣った対応で自身のストレスが増大

――実体験を漫画として発信しようと思った背景には、うつ病の彼氏に関する相談への周囲の反応があったそうですね。

はなさん弱っている彼を支えようと家へ転がり込みましたが、一緒に生活をしていくうちに「好き」という気持ちだけではどうにもならないことが積み重なりました。周りに相談しても、友だちや家族からは「別れたら?」のひと言で終わります。そんなモヤモヤを解消したくて、「うつ病 彼氏 別れたい」でよくネット検索をしていました。しかし、同じような体験談は思いのほか見つかりませんでした。だったら私が描いて、同じ境遇の人たちに共感してもらいたいと思いました。共感は人を癒す効果があると思いますので…。

――うつ病の彼氏と一緒に暮らすあいだはどんなことを心がけていましたか。

はなさんうつ病に関する記事や本を読んで、むやみに彼を批判したり否定したりしないことを心がけました。しかし、彼が何か話すことに対して「この意見は間違っていると思うけど、否定はよくない」と、いつのまにか自分の意見を抑えつけるようになっていました。そのストレスで結局ケンカをしてしまって、関係もギスギスしていきました。

――その関係性を改善するためにどうしたのでしょうか。

はなさん「彼の意見を聞いたうえで自分の意見を話す」ことに変えました。それでもケンカはありましたが、以前ほど言いたいことが言えないストレスは減りました。我慢すればするほど「この人のせいで私は幸せじゃない」と相手のことを恨む気持ちが積もってしまいます。それはとても悲しいことなので、ほどよく自分のガス抜きをすること心がけました。話し合いをしても意見がまとまらないときは、一度離れて自分の好きなことをするなどしていました。

――「病気の彼を見捨てる」という罪悪感と葛藤するシーンもありました。

はなさんひどいときは1日中ベッドから起き上がれないし、そんな日が何日続くかも分からない。近くに誰かがいなければ、彼は食事もろくに摂れないのに、ほかに頼る人は浮かばない。でも、一緒に過ごしている自分の心身は弱る一方。いつしか「このままでは共倒れしてしまう、離れた方がいいのでは…?」という気持ちに変わっていきました。

「彼女が優しすぎてつらい」、彼の言葉にやるせない気持ちも

――もう一緒にいられないかもしれない…と感じた決定的な瞬間があれば教えてください。

はなさん同棲して9ヵ月目、もっと広い部屋にふたりで引っ越す話が出ていたのですが、引っ越すまでのあいだ仕事に集中したいから、実家に帰らせてほしいと彼に相談しました。彼はそれに猛反対。話がこじれにこじれケンカに発展し、感情的な彼を少し笑ったらテーブルを蹴りました。モノにあたったのはそれが初めてではなく、以前も私の目の前でベッドを何度も殴打することがありました。人に暴力をふるうかどうかは私の憶測でしかありませんが、モノに当たる彼の姿を目にした瞬間、「早く彼から離れなきゃ」と強く思いました。

――別れの理由は“すれ違い”だったとも見受けられます。

はなさん彼の具合の悪いとき、一緒にいると私もそれを食らってしまうことを相談したことがありました。そのとき彼は、「一緒にいるのがつらいときは、外に出て気分転換してきたらいい。でも最終的には僕のところに戻ってきてほしい」と言ってくれました。その言葉どおり、一緒にいてどうしてもつらいときは、ふらっと外に出かけました。その物理的な距離が、心の距離も徐々に広げてしまっていたのかもしれません。

――彼の言葉に傷ついたことはありましたか。

はなさん別れたあとの彼のSNSに、「彼女が優しすぎてそれが逆につらいときもあった」と書かれていたんです。当時、弱っている彼を目の前にして、優しく接するしかありませんでした。でもそうではなく、ほどよく叱ってやればよかったのか、そんなのまるでお母さんみたいじゃないか。そこまでしないといけないのかと、何だかやるせない気持ちになりましたね…。

――SNSでは、はなさんに心無い言葉が向けられることもあります。

はなさん批判は常に受けています。たしかに人によっては「うつ病を患う恋人と別れるなんて、冷たい」と思うかもしれません。「タイトルのせいで他のうつ病患者のイメージが悪くなる。漫画描くな」、「この漫画をうつ病の人がみたら悲しくなる。ひどい」というご意見を目にするたびに、「何のためにこの漫画を描いているのか?」と考えさせられます。

――一方で、はなさんの漫画から勇気づけられている人もいます。

はなさん読者の方のなかにも、うつ病のパートナーがいて、同じ体験をした人がいないかネット検索したという人が何人もいました。そんな方々からいただくのは、一つひとつが真摯なメッセージで「はなさんの漫画を読んで、同じように悩んでいる人がいると思うと安心しました」というひと言がよく添えられています。その言葉で漫画を描いてきてよかったと思えて、とても嬉しいです。ありがとうございます。
タグ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索