• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • ライフ
  • モラハラ夫と匂わせ女、イラつく不倫に「早く復讐を!」応援の声続出 漫画作者が伝える「代償の重さ」

モラハラ夫と匂わせ女、イラつく不倫に「早く復讐を!」応援の声続出 漫画作者が伝える「代償の重さ」

 不倫された側の精神的苦痛は相当なもの。たとえ離婚を選択するにしても、時間とお金、精神的な労力もそうとうにかかり、「なぜ私がこんな目に…」とつらい気持ちがこみあげてくるだろう。モラハラ夫に不倫され、なめた態度を取られた妻側のリアルな心境の変化と復讐劇を描く『インモラルに復讐を』が、マンガアプリ「comico」で話題を集めている。作者のサクラさんに、作品について話を聞いた。

「裏切りへの復讐劇」不倫マンガで与えたい“爽快感”

――『インモラルに復讐を』は、愛を誓い合ったはずの夫・拓海と、夫の不倫に復讐を誓う主人公・詩穂の物語です。幸せそうな“理想”の夫婦ですが、夫はかなりのクズ男。不倫相手の女性もしたたかでずる賢いですね。

【サクラさん】妻を裏切る拓海と不倫相手のエレナを、とことん嫌なヤツに描くことで、主人公の詩穂に感情移入してもらいたかったんです。実際に読者からの反響は、「復讐をがんばってほしい」という応援の声をたくさんいただいています。

――拓海はひどい性格ですが、外面はよくて人望もある“社内の人気者”というキャラクターです。

【サクラさん】周囲からの見た目を気にするし、出世欲も強い。そのためならなんでもする野心家で、結婚だってそれが出世につながるなら、というドライな考え方をするタイプです。もちろん妻を見下すモラハラ的な性格なので、誰もが「なにこの男!」って嫌悪感を抱くでしょう。

――モデルの男性がいるとか?

【サクラさん】実在のモデルはいませんが、モラハラ的な発言をする旦那さんは本当にたくさんいて、それを家族のために耐えている奥さんもたくさんいます。拓海には現実で見聞きしたことを投影しながら、世の女性から徹底的に嫌われるキャラをイメージしました。

――浮気女のエレナも、人のものを欲しがるクセと匂わせ行動が不快です(笑)

【サクラさん】若くてかわいくて、独占欲が強い。そして、人のうえに立って優越感を得ることに喜びを感じるタイプです。作品として楽しめるように、“リアルだけどリアル以上に強烈に”という点を意識して作りましたが、こんな女性もいますよね。読者からはもちろん嫌われています(笑)。

エンタメとリアルのさじ加減 “現実とファンタジーを行ったり来たり”

――そもそも「不倫」をテーマに描こうと思ったいきさつは?

【サクラさん】これまで映画やドラマで描かれた不倫作品の多くは、不倫する側を美しく、ドラマチックに描いている印象でした。でも実際、不倫ってそんなにキレイなものじゃありません。快楽に溺れている“してる側”は楽しいかもしれないけど、“された側”はなにより精神的な苦痛が大きい。裏切りに対する復讐の物語で、読者にスカッとしてもらえればと思ったのがきっかけです。

――読者からは、共感の声も多数寄せられています。

【サクラさん】不倫ってよく芸能ニュースの大きな話題になりますけど、身近にはそうそう転がってはいない…、というか、直接見聞きしませんよね。でも、実は身近にもあるし、誰にでも起こり得る問題です。だからこそ、当事者になったときに何をどう思うのか、裏切られたときにどんなにつらい思いをするのか、“される側”の気持ちをしっかりと描きたいと思ったんです。

――リアルな内容こそ共感が集まりますが、エンタメとして楽しめることも重要です。

【サクラさん】あまりにもいき過ぎた物語だと、それはもうファンタジーですよね。読者に「ありえない」と思われたくはありません。かといってリアルすぎてしまうと、ウェブの誰かの投稿を眺めているのと同じになってしまいます。いかに登場人物に共感してもらいながら、「えっそんなことに!」という驚きや怒り、悲しみといった感情を湧き起こさせるかは、編集者さんと話し合いながら練っていきました。

――「comico」内のランキングでも各部門で上位にランクインしていて、読者からの「応援数」も100万を超える反響です。

【サクラさん】「夫を何とかして」「早く復讐して」とか、みなさん詩穂を応援してくれているのがうれしいです。一方、詩穂に対して「それでいいの?」「しっかりして」と思っている方もけっこういます。賛否はあっても、反応してくれるのは作品に感情移入していただけているということなので、どんなコメントも励みになっています。読者には、不倫の代償って大きいと感じてもらいたい。不倫されている人には、「やられたぶんやり返してやろう」って思うくらい勇気をもってもらえたらうれしいです。
インモラルに復讐を』/サクラ(外部サイト)「comico」にて毎週月曜日に連載中
浮気夫と泥棒猫に鉄槌を! サレ妻の復讐劇を描いたサスペンス。結婚して5年、愛を誓いあって夫と結ばれた立花詩穂(31)だったが、近頃はセックスレスで子どもが欲しくてもできず、 周りからの「子どもはまだなの?」という言葉にも苦しめられる日々。 夫婦の仲は冷め切っていた。夫にとって私ってどんな存在なの? そう思っていた矢先、夫の身辺に女の影が…!まさか、浮気!?

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索