• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム
  • 芸能
  • おいでやすこが、“ピン芸”が漫才で認められた戸惑いも「僕のピン芸人人生ってなんやったんや」

おいでやすこが、“ピン芸”が漫才で認められた戸惑いも「僕のピン芸人人生ってなんやったんや」

おいでやすこが(C)吉本興業株式会社

おいでやすこが(C)吉本興業株式会社

 ピン芸人のおいでやす小田と、こがけんによるユニットコンビ・おいでやすこが。2人は大会ルールの変更により、今年『R-1グランプリ(以下、R-1)』の出場資格を突如失ってしまった。背水の陣で挑んだ『M-1グランプリ(以下、M-1)』で見事準優勝に輝き、一躍有名に。ピン芸人同士のコンビが決勝に進出したのが史上初だったことから、お笑い界の新風として話題となり、まさに絶望の淵から大躍進を遂げた。R-1という舞台を失い、漫才でブレイクしたことに対して複雑な思いもあったという2人に、お笑いへの想いと今後の野望について聞いた。

ピン芸を持つ2人がそのままマイクの前に立っただけ 「12年間、心持ちもスタイルも変えていない」

  • M-1決勝に進出したおいでやすこが(C)吉本興業株式会社

    M-1決勝に進出したおいでやすこが(C)吉本興業株式会社

「本当に突然、忙しくなって、えらいことになったなって思っています」(こがけん)

 昨年12月20日、漫才日本一を決めるM-1で準優勝に輝いて以来、バラエティ出演等の仕事依頼が後を絶たず、「ピンのときとは生活が一変した」と語る2人。とくに昨年はコロナ禍でライブが軒並み中止となり、仕事がまったくなかっただけに、「1年の間の落差が凄すぎる?」と動揺を隠せない。

「しかも40歳超えてこんなことってある?って思ってます。小田さんとも言っているんですけど、こうなるんだったら、もうちょっと早くきてほしかった。忙しいのはうれしいし、ありがたいんですけど、やっぱり夜は眠たくなるし、膝も痛いし、腰も痛いし(笑)」(こがけん)

 こがけんがこう語るのも納得の理由がある。M-1で2人が披露した漫才は、こがけんが得意な歌、小田が得意なパワフルなツッコミという互いにピン芸人として築き上げてきた武器の合わせ技。つまり、コンビとはいえ、ピン芸人であるいつもの自分のまま、マイクの前に立っただけだったのだ。

「心持ちもスタイルもピン芸人になって12年間、ずっと変わっていませんからね。まわりから面白いって言われて、何も変えずに、ただ信じて同じことを繰り返して、いつかいつかって信じて貫いてきて、今、こうなったわけだけど、正直、何も変えていない分、僕のピン芸人の12年の人生ってなんやったんやって。10年前、なんで拾ってくれなかったの? 今までとどうちゃうねん?って、恨み言じゃなく、疑問なのも事実なんです。まぁ、おじさんになって、やっといい感じになったという意見ももらいますけど(笑)」(おいでやす小田)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索