• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)
  • ホーム(ORICON NEWS)
  • 芸能 TOP
  • 日向坂46・齊藤京子、K‐POPへの憧れ語るも“倣わない”覚悟「私たちならではの“ぶりっこ”極めたい」

日向坂46・齊藤京子、K‐POPへの憧れ語るも“倣わない”覚悟「私たちならではの“ぶりっこ”極めたい」

躍進にはオードリーの影響も 若林が「アイドルには過酷」と語る企画にも果敢に挑戦

 日向坂46は2年連続で紅白歌合戦に出場。多くのメンバーがさまざまな番組や雑誌の専属モデルとして活躍し、乃木坂46、欅坂46(現在は櫻坂46)に憧れてデビューした彼女たちも、今や他のアイドル達から“目指される側”となった。

 しかし齊藤は「年末などの大きな歌番組に出演出来ているのは素直にうれしいです。ちょっとは認めてもらえているのかなって。けれど、全然まだまだだと思っています。これからも乃木坂さんや櫻坂さんに”自慢の後輩”と言ってもらえるようなグループに成長して行きたいです」と謙虚に自分たちの姿を見つめる。

 日向坂46の躍進を語るうえで、冠番組『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)(以下:ひなあい)で共演するオードリーの存在は欠かせない。2年弱、番組を共にしているが齊藤は今でも「こんなにも素晴らしい芸人さんと一緒にお仕事させていただけるのがあり得ないというか、今でもオードリーさんにお会いすると“本物だ”って気持ちが抜けない」と話す。
 『ひなあい』は大喜利、即興コントの企画が頻繁に行われるなどバラエティ要素が強い。若林正恭も「アイドルにあの企画は過酷だと思う」とコメントするくらい、お笑いに対してストイックな姿勢を見せる。そんな中、収録を通じて自身の変化を感じるようになったという。

「『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)が大好きで、そこでの若林さんの活躍を見ていました。そのご本人の前で大喜利をするのは最初は抵抗がありました(笑)。けどすごく勉強をさせて頂いているし、もっと大喜利やぶりっ子芸も頑張っていきたいです。やっぱり現場でウケるとうれしかったりするし、オードリーさんと出会ってから日向坂メンバーは芸人さんの精神に近づきつつあると思います(笑)。でも、ちゃんとアイドルとしての活動にも活きているところがあって、ライブの合間に行うMCが以前より面白くなったと思います。特にキャプテンの佐々木久美は、アイドルとは思えないくらいMC力が上がっていて、私も見習いたいです」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索