アニメ&ゲーム カテゴリ

ウェブ発漫画『SPY×FAMILY』が100万部突破…『少年ジャンプ+』編集部に聞くヒットのワケ

  • 『SPY×FAMILY』1巻 (C)遠藤達哉/集英社

    『SPY×FAMILY』1巻 (C)遠藤達哉/集英社

 2020年の社会現象となった『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴/集英社)が1〜22位を独占するなど、驚異的な記録を残した「オリコン年間コミックランキング2020」。『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)、『進撃の巨人』(諫山創/講談社)といったビッグタイトルがTOP30を席巻するなか、集英社の漫画誌アプリおよびウェブサイト『少年ジャンプ+』で連載中の気鋭の作品『SPY×FAMILY』(遠藤達哉/集英社)3、4巻がそれぞれ28位と30位にランクイン。あまたのウェブ漫画が世にあふれ、ウェブ配信された作品が単行本化されるという昨今の潮流のなかでも、異例のコミックス単巻売上部数100万部超の大ヒット作はどのように生まれたのか?『少年ジャンプ+』で編集長を務める細野修平氏と、『SPY×FAMILY』の担当編集の林士平氏に話を聞いた。

「疑似家族が本物の家族になる過程」に希望を見いだす“時代性”

 2019年3月に『少年ジャンプ+』で連載がスタート。以来、宝島社が発表している「このマンガがすごい!2020」オトコ編1位をはじめ多くのランキングで上位に選ばれるなど、異例のスピードで人気が加速している『SPY×FAMILY』。同作は、電子版はもとよりコミックスの売れ行きも好調で、アニメやゲームなどのメディア化がされていないにも関わらず、最新第6巻ではついに初版発行部数100万部を突破。『少年ジャンプ+』オリジナル作品でコミックス単巻初版100万部超えは前例のない快挙となっている。

 赤の他人だったスパイの男と殺し屋の女、超能力者の少女が、とある任務のために「かりそめの家族」を築き、「家族としての普通の日常」を送るために奮闘するホームコメディ。キャラクターの魅力・設定とストーリー展開の面白さ・作画のクオリティと、良質な漫画作品の要素が揃った総合力の高さもさることながら、担当編集の林氏はヒットの要素として「時代性」を指摘する。

「家族のつながりが希薄化している近年は、漫画以外のコンテンツでも『疑似家族が本物の家族になる過程』に憧れや希望を見いだす作品が求められている印象があります。本作も緊迫感のあるアクションやホロリとさせる切なさはありつつも、全体を貫く明るさやホッと心温まる物語がコアな漫画ファンを超えて幅広い層に受け入れられたことを読者コメントからも実感しています」(林氏)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索