アニメ&ゲーム カテゴリ

『鬼滅の刃』と『ゼスプリ』をコマ撮りでコラボ 「すごいクオリティ」「もっと評価されるべき」と絶賛の声

 『鬼滅の刃』の炭治郎や禰豆子と、『ゼスプリ』のキウイブラザーズをコラボさせ、驚きのコマ撮りアニメーション動画を配信しているYouTubeチャンネルが話題だ。投稿者はコマ撮りアニメーターの篠原健太さん。「編集技術が凄すぎて草」「こいつら生きてやがる…」「こういうの作れる人本当尊敬します」などと多くのコメントも寄せられている。コマ撮り作品を配信したきっかけや制作作業の過酷さなどの話を聞いた。

「ずっと好きなアニメーションを続けていきたい」 コマ撮り作品を配信し始めた理由

――コマ撮り作品を作って発表しようと思ったきっかけを教えてください。
【篠原健太】仕事でコマ撮りアニメーターをしていたのですが、要求されたものを提供するという形で、誰かを喜ばせている実感が少なかった。だから、たくさんの人に自分のコマ撮りアニメーションを届けて喜ばせたいと思い、作り始めました。

――独立をしたのもそういった思いからですか?
【篠原健太】せっかく好きなアニメーションの世界に入ったのに、これじゃもったいないなって…。この先もずっと好きなアニメーションを続けていくためには、自分から発信していかなくてはならないと考えたんです。

――「仮面ライダーウィザードがポテチを食べる」という動画が430万回再生(TwitterとTikTokの合計)を記録しましたが、他にはどんな作品に反響が集まっていますか?
【篠原健太】最近だと、『鬼滅の刃』のフィギュアのコマ撮りです。「善逸と禰豆子、ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックスを食べる」は、立ち上げたばかりのYouTubeチャンネルにも関わらず、100万回再生を超えました。あと、「カービィの『ストーン』の威力を実写で再現してみた」が124万回再生、Twitterでも「今まで作ったフィギュアコマ撮りをたっぷりと繋いでみました」というまとめ動画で569万回再生、36.5万件のいいねをもらいました。

――動画のアイデアはどういったときに浮かぶのですか?
【篠原健太】自宅からアトリエへと歩いているときに浮かぶことが多いです。あと、撮影中にふとひらめくこともあります。どちらも「アイデアを考えるぞ!」と身構えているときではなく、別の作業をしながら何気なく考えているときですね。

善逸がペヤング超超超超超大盛り焼きそばを食べる動画

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索