乃木坂46中田花奈“神推し”アイドルをプレゼン 「ナカダカナシカ」コールへの想いも

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(10月9日掲載)

乃木坂46の1期生・中田花奈さんは、自他ともに認める「アイドルオタク」。乃木坂46のオーディションを受けた動機は“アイドルになる子たちと友達になれるかもしれないと思ったから”というほどの筋金入りです。そこで、まもなく乃木坂46を卒業する“かなりん”に、大好きなアイドル3人のプレゼンをお願いしました。「絞るのが難しいなぁ、どうしようカナ?」と長考しながらもキラキラの笑顔。乃木坂46の推し、中田さんの代名詞でもある「ナカダカナシカ」コール、夢だったという初写真集『好きなことだけをしていたい』(光文社)についてもたっぷり語っていただきました。
※記事中の年齢は、2020年10月9日時点でのものです。
撮影:石川咲希/Pash

ハロプロエッグ、キッズのオーディションを受けた過去も

――自他ともに認める「アイドルオタク」の中田さんですが、お父さんの影響でモーニング娘。を好きになり、小学生の頃にハロプロエッグやハロプロキッズのオーディションを受けたこともあるそうですね。
中田花奈父がモーニング娘。さんのファンだったので、私も小さい頃から好きでした。まだモーニング娘。さんのオーディションを受けられる年齢ではなかったので、のちに℃-uteさんやBerryz工房さんが結成されることになった「ハロー!プロジェクト・キッズオーディション」(2001年)や、そのあとにも「ハロプロエッグオーディション」(2004年)を受けました。もちろん私も大好きでしたけど、父が娘をハロプロに入れたかったんだと思います(笑)。
――そんなアイドル好きの中田さんは、2013年からニコニコ生放送の配信番組『生のアイドルが好き』(以下、『生ドル』)のMCを同期の松村沙友理さんとともに務め、数多くのアイドルをゲストに迎えてきました。会いたいアイドルにはみんな会えましたか?
中田花奈はい(笑)。『生ドル』のキャスティングでは私からリクエストして呼んでいただいたりもしたので、会いたいアイドルには全員会えました。
――実際に会ってみて、最も衝撃だったアイドルというと?
中田花奈あのちゃんさん(ゆるめるモ!/2019年9月脱退)はインパクトが段違いだったなと思います。かわいいだけじゃない魅力があるからこそ、こうして有名になるんだなと思いました。放送後、「久々に楽しかった」と言ってくれてうれしかったことを覚えています。
――『生ドル』共演以外でも、会えてうれしかったアイドルはいますか?
中田花奈中学生の頃、AKB48の柏木由紀さんが大好きで、握手会や劇場公演にも行っていたんですね。それを知っていたスタッフの方に楽屋で柏木さんと会わせていただき、ごあいさつできたことがすごくうれしかったです。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索