• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • 「来店条件は疲れた人」SNS上に存在する架空の”喫茶店”に7万いいね、癒し与える

「来店条件は疲れた人」SNS上に存在する架空の”喫茶店”に7万いいね、癒し与える

  • 桜田さんのTwitterアカウントより

    桜田さんのTwitterアカウントより

 疲れた人だけが行ける『満月珈琲店』という架空の喫茶店のイラストが、話題を集めている。作者は、“崖っぷちサラリーマン兼イラストレーター”の桜田千尋さん(@ChihiroSAKURADA)。「星屑ブレンド」や「満月バターのホットケーキ」など天体とかけ合わせたユニークなメニューが並び、昨年12月に投稿したツイートには7万件近い、いいねが。フォロワーからは「人生で初めて『疲れたい…!』と前向きな気持ちで思った」などのコメントも続出。イラストの域を飛び出し、舞台化まで発展した架空の喫茶店が持つ不思議な魅力とは?

初作品は驚くほど反応なし 「空色ソーダ」と名付けたら大反響

――まずは、「満月珈琲店」のイラストを描き始めたきっかけを教えてください。

桜田千尋さん最初は、物を描く練習の一環でした。もともと空や海など風景のイラストを中心に描いていたのですが、「もっと描けるものを増やしたい!」という思いから、物体を描く練習を始めたんです。建物や乗り物、楽器、食器など色々な物を練習していて、グラスを描いていた時に、中に空があったらきれいだなと思って描いたのがきっかけです。

――最初にツイッターに「満月珈琲店」の投稿をされたのはいつ頃ですか?

桜田千尋さん2018年の初め頃にあげた「空色ソーダ」のイラストだったと思います。最初にあげたときは「清涼飲料水」というタイトルで投稿したんですけど、びっくりするぐらい反応がなくて(笑)。しばらくしたある日、その絵がソーダっぽいなと思って、「空色ソーダ」として投稿したところ、ものすごい反響があったんですよ。

――名前をつけたら全然反応が違ったんですね。

桜田千尋さんそうなんです。そのあと、全く別の意図で「満月珈琲店」という海に浮かぶコーヒースタンドのシリーズを描いたんですよね。それで、“どうせだったらこのお店で「空色ソーダ」を販売しよう!”という流れで、満月珈琲店のシリーズが始まりました。
  • メニュー名をつけて大きな反響のあった「空色ソーダ」

    メニュー名をつけて大きな反響のあった「空色ソーダ」

  • 「星屑ブレンド」「月光ブレンド」などセンスあふれるメニュー名

    「星屑ブレンド」「月光ブレンド」などセンスあふれるメニュー名

――「満月珈琲店」のお店のコンセプトを伺えますか? 「今夜もきっと、世界のどこかで頑張った人を応援しています」という一言が素敵でした。

桜田千尋さんありがとうございます! コンセプトは、「疲れた人を癒すところ」ですかね。僕自身、会社がキツかった帰りに「食」で癒されたことが多々あったので、そういう場所だったらいいなと思っています。疲れた時には甘いものが食べたいので、基本的にカロリー高めのメニューが出ます。

――「満月珈琲店」のマスターや、細かな作品の設定があればお聞かせいただけますか?

桜田千尋さん実はあんまりないんですよ(笑)。「疲れた人だけが行けるコーヒースタンド」、「日没と共に開店して、夜明けとともに閉店する」、「大きな猫のマスターがいる」ぐらいです。

――そうなんですね。あえて決めていないということでしょうか?

桜田千尋さん最初はメニューの設定や味、世界観を詳しく決めた方がいいかなと思っていたんです。でも、イラストを投稿するたびに、見てくれた方が「どんな味がするのかな?」と興味を持ってくれたり、「こんな味がすると思う!」とか僕の想像を超えるおもしろい設定を付けてくれたりするので、それを見て「なるほど!」と思いながら、みんなで作っている感じです。

――「人生で初めて『疲れたい…!』と前向きな気持ちで思った」というコメントもありましたが、ツイッターユーザーからの反響はいかがでしたか?

桜田千尋さんありがたいことに「ここへ行きたい」、「食べてみたい!」とよく声をいただきます。それまで描いていた風景のイラストは「イラストが好きな人」の反応が多かったのですが、満月珈琲店のイラストは天体関係の仕事をしている人や、アクセサリーを作っている人、実際にお店をやってる人など、普段イラストに関心がないユーザーまで届いているようで、びっくりしています。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!