• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • ライフ
  • 【ミニチュア】まさに超絶技巧…本物にしか見えない究極の極小アート

【ミニチュア】まさに超絶技巧…本物にしか見えない究極の極小アート

大人のコレクターズアイテムとしても人気のミニチュア。近年では、その注目の高さから入場制限がかかる展示・販売イベントも。そこで、「ミニチュア界」を牽引する大物作家からSNSで話題になった若手作家まで、今、注目すべきミニチュアクリエイターをご紹介。精巧すぎて本物にしか見えない「名品ミニチュア」も一挙大公開。

vol1.田中智さん

>>インタビューミリ単位の芸術を生みだすミニチュア界の旗手 作品の要は「共感を得られる題材と観察力」

vol2.みすみともこさん

>>インタビュー匠の技と“ほっこりかわいい”が共存 唯一無二のミニチュア作家「リアルさよりワクワク感を優先」

vol3.shibazukeparipariさん

>>インタビュー指先サイズのケーキが10万円? 人気ミニチュア作家が明かす“まるで本物”に見せる極意とは?

vol4.misakiさん

>>インタビュー精巧さに絶句…究極の職人芸で魅せるミニチュアフード 制作者は「小さなときめきを届けたい」

vol5.しろくまパンさん

>>インタビュー精緻を極めた凄すぎるミニチュアパン 香りや食感まで伝わりそうな職人芸が話題に

vol6.manonさん

>>インタビュー小さすぎるハイヒールに驚きと称賛の声 SNSで話題のミニチュア作家「憧れの世界を再現したい」

vol7.小さいもの倶楽部さん

>>インタビューまるでトリック写真?精巧すぎるミニチュアコンビニが話題 制作者が明かした“パッケージ愛”

vol8.にわこさん

>>インタビューまるで本物…SNSがザワついたミニチュアのガスコンロ、制作者は主婦クリエイター

vol9.saccoさん

>>インタビューワクワクが止まらない…かわいすぎるミニチュア、題材は「欲しいモノや憧れのシーン」

vol10.ヒナぞーさん

>>インタビュー指先サイズのバイオリンに驚きの声、こだわりは「本物とほぼ同じ材料と構造」

vol11.Rosyさん

>>インタビューまさに神の手…樹脂粘土とは思えない珠玉のミニチュアフラワー「生きていると感じてもらいたい」

vol12.中川さえさん

>>インタビュー本物そっくりのリアルミニチュア「金属加工や腐食の施し方を学んだ」

vol13.八戸めぐみさん

>>インタビュー小さすぎる切子グラスに海外からもオファー殺到 精巧さの秘訣は「使用する紙一枚の厚さも吟味」

vol14.M.e.q (エムイーキュー)さん

>>インタビュー新種にしか見えない”ミニチュア昆虫”の正体は樹脂粘土 「昆虫本来の美しさや特徴を表現したい」

vol15.fraiseさん

>>インタビュー目の錯覚?精巧すぎてトリックにしか見えないミニチュアシロップがSNSで高評価

vol16.こるはさん

>>インタビュー海鮮丼に南部せんべい…渋いモチーフに反響、ベテラン主婦の作る“完成度高すぎ”ミニチュア

vol17.Ryeさん

>>インタビュー人気ミニチュアパン作家が明かす共感を呼ぶ理由、精巧さよりも「こんなの食べたい」を表現

vol18.sawaminさん

>>インタビュー ツメより小さな珍魚?ママクリエイターが目指すのは「水族館を切り取ったような空間」

vol19.田波亨さん

スモールライト当てた?本物そっくりの極小「アジの開き」に海外からも反響
「アジの開き定食」は日本ならではの作品にもかかわらず、Instagramでは海外の方からも多くの反響を頂いたことに驚きました。主役のアジは、美味しそうな焼き加減になるよう焼き目にこだわり、また、全体の雰囲気として、日常の食卓感が伝わればいいなという思いで仕上げました。
>インタビューを読む

vol20.yamaさん

「大惨事すぎるw…」こぼれた極小カレーうどんに反響、日常の失敗を作品に
ミニチュアフードというと豪華な料理とか、かわいいスイーツ系が人気だと思うんですけど、自分的には定食とか丼物みたいな素朴で大衆的なメニューがしっくりきたので、それ系を主に作っています。なのでブログも大衆的でノスタルジックなイメージで「ミニチュア食堂」と名付けました。
>インタビューを読む

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索