ドラマ&映画 カテゴリ

『きのう何食べた?』など受賞!第16回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

助演男優賞:向井理

「助演男優賞」は、TBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』で、主人公・東山結衣(吉高由里子)の元婚約者であり、結衣の職場の上司でもあるWEBプロデューサー・種田晃太郎を好演した向井理が受賞した。

 種田は会社内でも随一の仕事がデキる男で、上司や部下からの信頼も厚い人物。一方で、仕事に集中しすぎると周りが見えなくなる“ワーカホリック体質”でもあり、結衣との結婚も、仕事優先によるすれ違いが原因で破談してしまったほど。

 自分にとって仕事とは何か、本当の幸せとはなんなのか――。働き方改革の時代に求められるワークライフ・バランスを描く本作において、向井演じる種田はそのメッセージを伝えるうえで重要な役割を担う役柄だった。

 そんな難しい役を向井は、ナチュラルな空気感で演じ、審査員から「作品があれだけ好感を持って受け入れられたのは、向井さんの存在が大きかったのでは」(佐々本浩材氏/毎日新聞 学芸部 記者)などと高
く評価された。

 なお、審査会ではTBS系金曜ドラマ『インハンド』の濱田岳の名前も挙がった。

向井理 受賞コメント

 助演男優賞をいただき、嬉しく思っております。スタッフ、キャストのチームワーク。そして何より原作と脚本の魅力が詰まった作品でした。個人ではなくチーム全体でいただいた賞だと思っています。
 私が演じた種田晃太郎という人物は、ワーカーホリックではあるものの人間臭く、仕事上も周りを見渡せる理想の上司のイメージで演じていました。同時に、種田の仕事観を変えていくことがこのドラマの隠れたテーマでもあったので、そのバランスを取ることに苦心しました。
 ありがとうございました!

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索