ドラマ&映画 カテゴリ

『きのう何食べた?』など受賞!第16回「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」

新人賞:金子大地

「新人賞」は、よるドラ『腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。』でNHKドラマ初主演を務めた金子大地が受賞した。

 金子が演じたのは、自身がゲイであることを母親や友人など、周囲に隠して生活する高校3年生の安藤純。既婚の年上男性・佐々木誠(谷原章介)と恋人関係にありながらも、「異性を愛し、子どもを作って、家庭を築く」という“普通の幸せ”への強い憧れも持ち、ひとり葛藤するという、非常にデリケートな役どころだ。

 金子は、内向的で欲望にも正直な主人公の心の機微を所作や目線、声色で丁寧に再現。「思春期の高校生のピュアな感情をよく引き出していた」(赤塚佳彦氏/日本経済新聞 文化部 記者)、「彼の醸し出す大きな絶望と、かすかに見せる希望が作品の世界観を体現していた」(木村隆志氏/コラムニスト・コンサルタント)と高く評価され、審査会ではほぼ満場一致で決定し、なかには「主演男優賞」に押す声もあった。

『アミューズオーディションフェス2014』を機に、15年に本格俳優デビューを飾った金子。昨年はテレビ朝日系ドラマ『おっさんずラブ』の“モンスター社員”マロ役で注目を集めたが、本作で新たな魅力を世間に見せつけた。

金子大地 受賞コメント

素晴らしい賞をいただけて嬉しいです。難しい題材なので不安もありましたが、大きなチャンスでもあり、やり甲斐を感じました。一方で、原作者の浅原ナオトさんに、「感動した」と言っていただけて、自信にもつながりました。役をどう演じるかよりも、作品を観た方がどのように思うのか、そしてどう届けたらいいのか、ということを話し合いながら進めていきました。とても一体感のある撮影現場でした。初主演の現場で監督、スタッフ、共演者、皆で1つのテーマに向き合いがんばれたことは嬉しかったですし、良い作品が残せて良かったと思っています。

提供元: コンフィデンス

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索