• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 山梨放送のアナウンサーからTOKYO FM/JFN朝の”声”へ 話題の美人パーソナリティ『ザベスさん』とは?

山梨放送のアナウンサーからTOKYO FM/JFN朝の”声”へ 話題の美人パーソナリティ『ザベスさん』とは?

 4月にスタートしたTOKYO FM/JFN朝の帯番組『ONE MORNING』がSNSを中心に話題になっている。その要因の1つに、パーソナリティを務めるハードキャッスル エリザベスの存在がある。彼女が番組内で放つ存在感は、時に爽やかで朝にピッタリとはまる。かと思えば、朝には似つかわしくない“毒”を吐くことも。そんな人間味も彼女の魅力だ。スタート2ヶ月で新たな朝の顔ならぬ“声”に定着した彼女に、番組への向き合い方や想いを聞いた。

『クロノス』の後番組 スタート2ヶ月で早くも話題に

 今年3月、TOKYO FM/JFN朝の看板番組だった『クロノス』が10年の歴史に幕を閉じた。長寿番組の後番組というプレッシャーのなか、スタートした『ONE MORNING』は、人気声優の鈴村健一と共にパーソナリティを務めるハードキャッスル エリザベスの絶妙な掛け合いが評判を呼び、話題となっている。プロデューサーの高橋智彦氏も、「番組が始まって1ヶ月(取材時)で、エリザベスさんと鈴村さんそれぞれのキャラが引き立ち、2人の掛け合いがこの番組の軸になるとは想像もしていなかった。スタッフ一同びっくりです」と話すほど。当のハードキャッスルも、「正直、これでいいのかなって不安もあります。でも、鈴村さんと3時間楽しく番組をできていることと、それにリスナーが反応してくれていることが、何よりありがたいです」と話す。

山梨放送を今春退社後、『ONE MORNING』のパーソナリティに

  • 『ONE MORNING』ロゴ

    『ONE MORNING』ロゴ

 山梨放送にアナウンサーとして入社し、AMラジオやテレビで活躍していた彼女だったが、今春退社し、フリーアナウンサーとして活動していくことを決める。そんな矢先に舞い込んだのが、『ONE MORNING』のオーディションだった。
「山梨放送を辞めることは、すごく大きな決断でした。すごく楽しく仕事をさせていただいていましたし、山梨のことも大好きだったので。ただ、いつかは出身地の東京で仕事をしたいという思いがあって。辞めるタイミングで『ONE MORNING』のオーディションを受けました。オーディションでは、鈴村さんと実際のラジオ番組を想定してブースでお話したり曲を掛けたりしました。お互い初めましてだったので、探り探りでしたが、初めてとは思えないほど、すごく楽しくできました。それが良かったのでしょうか、パーソナリティになることができました」
 高橋プロデューサーも「朝番組に大切なみずみずしさや声の良さはもちろん、何より鈴村さんとの掛け合いがよかった」と話すほど、オーディションでは際立った存在だったという。

心がけているのは、 作らず、飾らず

 スタート2ヶ月で番組の人気を不動にしたのは、パーソナリティ2人のキャラクターだろう。声優も務める鈴村は柔らかい男声と、さまざまな話題に柔軟に対応する見識の深さを披露。一方、元山梨放送のアナウンサーであるハードキャッスルは“素”の部分をそのまま出し、人気を博している。
「ラジオではそんなに出すつもりはなかったんですけど、ついブラックな部分が出ています。あまり自覚がないんですけど、私が得意じゃないジャンルの話になると、途端に口数が少なくなり、鈴村さんに対して冷たくなるらしいんです。以前、『コナン君、頑張ってください』ってコメントしたんですけど、それに全く感情がこもっていなかったらしくて、SNSで話題になりました(笑)。アナウンサーにあるまじきなんですけど、ただ私が心がけているのは、作らず、飾らず。演じても絶対にばれてしまうから、悪い部分も出していこうと思っています」 

 このキャラクターに加え、愛称の「ザベスさん」が、広くリスナーから親しまれている。この愛称について、本人は一言申したいそうで……。
「スタートして1週間で、Twitterで呼び方を募集したんです。そしたら応募がすごくたくさんきて、半ば大喜利みたいでした(笑)。最終的に鈴村さんが最初に呼んだ『ザベスさん』に決まったんですけど、実はこの呼び方、同級生とか先輩たちからいじられる感じでちょいちょい呼ばれていました。皆さん親しみを込めて呼んでくださるので、すごくありがたいし嬉しい。嬉しいんですけど……本当は「エリー」って呼ばれたい(笑)。『なんでそこ?もっとかわいい呼び方あるでしょ』って思っています(笑)」

目標は日本中の皆さんが 聴いてくれる番組にすること

 好スタートを切った『ONE MORNING』だが、「これで満足せずに、調整を重ね、新しいことを取り入れるなどしていきたい」(高橋プロデューサー)という。そのうえで、ハードキャッスルに今後の目標を聞いた。
「この番組は楽しい話題も、報道や経済など堅めな話題も伝えていかないといけない。しかも毎日聴いているリスナーばかりではないし、部分的にしか聴けない方もいらっしゃる。だから初めて聴いた人にもわかりやすい、どんな人でも入ってきやすいようにしたいと思っています。最終的には朝の時間、日本全国の皆さんが『ONE MORNING』を聴くというのが大きな目標です。
 今後は、実際に聴いてくださる方とイベントとか、地方での公開収録などで触れ合える機会があればと思っています。現状に安住せず成長して、『ONE MORNING』がもっともっといい番組になるように頑張ります」
【プロフィール】
ハードキャッスル エリザベス
フリーアナウンサー。1992年4月9日生まれ、東京都出身。2015年4月、山梨放送にアナウンサーとして入社。今年3月に同社を退社。同年4月よりセント・フォースに所属し、フリーアナウンサーとして活動中。
【番組情報】
『ONE MORNING』
TOKYO FM/JFN全国38局ネット
毎週月〜金曜 6:00〜9:00(一部東京ローカル)
パーソナリティ/鈴村健一、ハードキャッスル エリザベス

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年8月12日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年8月12日号

<COVER STORY>
野村達矢氏(日本音楽制作者連盟理事長)
日本の音楽団体が全体としてスピード感を持って
事態に対して意見を集約し行動できるか

<SPECIAL ISSUE>
海外から見た日本と、Spotify/イープラス連携を考える
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.26

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!