【Creators Search】あいみょんやいきものがかりをヒットへ導く田中ユウスケの絶妙なポップセンス

  • あいみょんの「ハルノヒ」

    あいみょんの「ハルノヒ」

 4/29 付週間デジタルシングル(単曲)ランキングで1 位(週間シングルランキングは6 位)となったあいみょんの「ハルノヒ」(『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン〜失われたひろし〜』主題歌/TVアニメ『クレヨンしんちゃん』EDテーマ)。アニメで描かれる“ひろしからみさえへのプロポーズ”をモチーフに、幅広い層のリスナーが共感できる温かい愛情を描いたこの曲の編曲を担当しているのが、田中ユウスケ氏だ(高崎優介との共編曲)。生楽器の響きを活かしたフォーキーなサウンドを軸にしながら、キャッチーなシンセのフレーズを織り交ぜたアレンジには、懐かしさと新しさをバランスよく含ませる田中氏の手腕が活かされている。

 2005年にagehaspringsに加入した田中氏は、YUKI の「JOY」、AKB48の「ヘビーローテーション」、中島美嘉の「流れ星」、ポルノグラフィティの「THE DAY」など、数多くの楽曲を手がけるヒットメーカー。

 幅広いアーティストの作品に関わっているが、なかでも特筆すべきは、いきものがかり(「プラネタリウム」「じょいふる」など)、あいみょん(「マリーゴールド」「君はロックを聴かない」など)の編曲、サウンドプロデュースだ。歌詞、メロディーを丁寧に際立たせながら、エレクトロ、EDMなどの新しいサウンドのエッセンスをさりげなく加えることで、現代的なポップスにアップデートさせる田中氏のセンスは、王道のJ-POPを受け継ぐいきものがかり、1970年代から1980年代のフォーク、ロックをルーツに持つあいみょんの楽曲の魅力をしっかりと引き出している。アーティストの個性を消さず、幅広い層のリスナーの耳に止まる楽曲に仕上げる田中氏のアレンジメントは今後も多くの場面で求められそうだ。

 また、2011年に設立されたインディレーベル「coconoe records」にプロデューサーとして参加し、パスピエらをはじめとする新しい才能の発掘に貢献。さらに映画『鍵泥棒のメソッド』、映画『アップルシード アルファ』の音楽プロデュースに関わるなど多方面で活躍している。

(文/森朋之)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索