• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • 【Creators Search】乃木坂46のロングヒットに切ない感情、健気な意志を感じさせる作曲家・渡邉俊彦のサウンドプロダクション

【Creators Search】乃木坂46のロングヒットに切ない感情、健気な意志を感じさせる作曲家・渡邉俊彦のサウンドプロダクション

  • 乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」

    乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」

 乃木坂46の「帰り道は遠回りしたくなる」(2018年11月14日発売)は、2018年11/26付の週間シングルランキングで1位を獲得し、初週でミリオンセールスを達成。3/25付で10位と発売から3ヶ月経ってもランキングの上位に位置するなど、驚異的なロングセールスを記録している。同曲の作曲・編曲を担当しているのが、渡邉俊彦氏(編曲は早川博隆氏との共作)。AKB48、SKE48などの楽曲を手がけ、ヒット作を次々と放っている音楽制作事務所のRebrast(リブラスト)所属のクリエイターだ。

 アーティストのイメージを踏襲しつつ、ファンの求めるものに応えながら、聴き手を飽きさせない新しい要素も取り入れる。「帰り道は遠回りしたくなる」は、クリエイターとしての渡邉氏の高いスキルがいかんなく発揮された楽曲だ。イントロはクラシカルなピアノと繊細な手触りの電子音で構成。さらにシックなストリングを配置し、楽曲の世界観を明確にしている。透明感と清潔さをしっかりと打ち出しながらも、切ない感情、健気な意志を感じさせるサウンドプロダクションは、乃木坂46の魅力に直結していると言えるだろう。洗練された雰囲気の平歌とフックのあるサビのバランスも絶品だ。

 IDOLiSH7、ひなろじ、ゆいかおり、アイドル、アニソンを両軸としながら、数多くのアーティストの楽曲に関わっている渡邉氏。IZ*ONEの「ご機嫌サヨナラ」(シングル「好きと言わせたい」通常盤Type A 収録/2019年2月6日発売)では作曲・編曲を担当。軽やかなエレクトロ・サウンド、フックのあるメロディーライン、切なさと華やかさを両立させたアレンジによって、幅広いリスナーに訴求できる楽曲に結びつけている。また、内田彩の「Sweet Little Journey」(シングル「So Happy 収録」/2018年5月9日発売)は軽快なシャッフル系のリズムと色彩豊かな旋律によって、彼女のボーカルの特徴をアピール。アニソンやゲーム関連の楽曲に携わることも多く、作品のコンセプト、ストーリーを汲み取ったサウンドメイクにも定評がある。

(文/森朋之)

渡邉俊彦氏が手がけた主な作品

渡邉俊彦氏が手がけた主な作品

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年11月11日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年11月11日号

<COVER STORY>
ギデオン・フェルドマン氏(Attitude is Everything プロジェクト責任者)
ロンドン五輪を契機に障がい者への意識が変化
日本も東京五輪が契機になることを期待

<SPECIAL ISSUE>
アパレル視点で考える音楽業界/災害と障がい者対策
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.29

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索