東京事変の好きな楽曲TOP10 『群青日和』『透明人間』抑え大接戦の第1位は【#ファンに聞いてみた】

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「Fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(11月25日掲載)

11月25日に誕生日を迎えた椎名林檎さん率いる5人組グループ・東京事変。独創的で中毒性のある音楽を、変幻自在のスタイルで表現し、ファンを魅了し続けています。12月22日にはオールタイム・ベストアルバム『総合』のリリースも控えるなか、今回はファンの方々に東京事変の好きな楽曲、思い出深い楽曲をアンケート。愛好家ならではのラインナップと多くの熱いコメントが寄せられました。

※ORICON NEWS公式Twitterアカウントにて実施 総票数:6313

10位(180票)【空が鳴っている】

・作詞:椎名林檎/作曲:亀田誠治
・7thシングル(2011年5月発売)
・5thアルバム『大発見』(2011年6月発売)収録

翳(かげ)りあるギターサウンドの“冷たい”世界観が魅力的な一曲。ベース・亀田誠治さんが書いた東京事変の作品といえば『閃光少女』『透明人間』など、ポップなメロディーセンスの光るものが有名ですが、この作品では90年代インディー・ロックを思わせる尖った音作りを聞かせてくれます。

無機質な印象を与えつつも、歌詞に登場する「高速道路(フリーウェイ)」というワードが、どこか逸(はや)る気持ちやたぎる思いをイメージさせ、冷徹さと内に秘めた熱量のギャップがエモさを醸し出しています。曲の世界観を表現しきったMVも秀逸な仕上がりです。
【ファンの声】
「冬を思わせる乾燥した空気、世界観が大好きです……! 冷たい曲の始まり方や残響の寂しさに一目惚れしました……」

「初めて耳にした時から、『情熱』を感じています。美しくも切ない演奏に惹きつけられます。2011年Discovery(=ライブ)のオープニング2曲目、この楽曲のイントロと共に幕が上がって、スモークの向こう側から姿を現した東京事変……あれは本当に幻想的で涙しました」

9位(185票)【能動的三分間】

・作詞作曲:椎名林檎
・6thシングル(2009年12月発売)
・4thアルバム『スポーツ』(2010年2月発売)収録

タイトルにもある「三分間」をキーワードに、ジャスト3分間で完結するテンポ、小節数で制作されており、遊び心あふれる一曲です。ライブでもデジタル時計で3分間をカウントする演出がおなじみ。

打ち込みのビートやシンセサイザーとバンドサウンドが絶妙なバランスで融合し、東京事変ならではの“ファンク”を体現しています。サビで聴くことができる浮雲さん・伊澤さんのコーラスもクセになる魅力を放っています。
【ファンの声】

「ピッタリ三分間の曲です。あんなカッコイイ、“あなたは即席ラーメンに熱いお湯を注いでる”(歌詞)から始まる曲あります? ないですよ! たった三分間ですが、事変サウンドがギュギュッと詰まった名曲だと思います。歌詞も好きです。韻を踏んでたり、言葉のチョイスがさすがだなーって思います」

「世界一洒落た三分タイマー!!」

「なんといっても3分きっちりに演奏しきる圧倒的強者感が好きすぎます。そしてやはり東京事変のお一人お一人の技術の高さに畏怖しまくりです」

8位(220票)【心】

・作詞作曲:椎名林檎
・2ndシングル『遭難』(2004年10月発売)収録
・カップリング・アルバム『深夜枠』(2012年8月発売)収録

シングルのカップリングとして発表された楽曲ですが、多くの支持を集めました。「心と云う毎日聞いているものの所在だって 私は全く知らない儘大人になってしまったんだ」という歌い出しに表れているように、大人になっても未熟な自分を省み、戒めるような慎ましい気持ちが歌われた一曲。ファンにとっても自分の人生や人間性を振り返るきっかけになったという声が寄せられました。

【ファンの声】

「初めて聞いた時から大好きな曲です。生きている限り誰かを傷つけずに生きていくのは不可能なんだなと思うと同時に、それでも前を向いて生きていこうと聞く度に思える曲です。聞くだけでこんな思いをするのはこの曲くらいなんじゃないかと思っています。歌詞が最初と最後で同じ文になってるのは、人間はそう簡単に変われない、考えても考えても堂々巡りになってしまう、ということを表しているのかもしれないと考察しました」

「生まれてしまった恥じらいを今日嘲笑わず耐えて居たい」という歌詞が本当に自分のことそのもの。イントロが流れ始めただけで涙が出る時期を経て、今大人になって聴いてみると、本当にあの時この曲があったから生きてこれたと思い、また涙が出る。あの時の気持ちも今の気持ちも強く刻まれていて、いつでもタイムスリップできます。大好きです。作ってくれてありがとう」

7位(286票)【閃光少女】

・作詞:椎名林檎/作曲:亀田誠治
・DVD『閃光少女』(2007年11月発売) 収録
・4thアルバム『スポーツ』(2010年2月発売)収録

亀田さんの真骨頂ともいえるキャッチーなメロディーとシンプルなアレンジで、爽やかな疾走感にあふれた楽曲。「私は今しか知らない」「貴方の今に閃きたい」など歌詞にも力強い意志が宿り、ポジティブなエネルギーに満ちています。ファンからも「勇気やパワーをもらえる」という声が多く寄せられました。
【ファンの声】

「歌詞の人生・命の肯定感がすばらしい。歌詞とリンクしてサビへと盛り上がるメロディーも秀逸」

「忙しなく進む毎日だからこそ『切り取ってよ、 一瞬の光を 写真機は要らないわ 五感を持ってお出で』という歌詞が心に染みます。そんな毎日でも感じることを一瞬一瞬五感でとらえて記憶にしまっておこう、と思えます」

「15歳になり、進路や将来に対してマイナスな気持ちでいっぱいいっぱいになっていたあの頃、たまたま閃光少女のMVをYouTubeで見つけ、釘付けになったのを未だに覚えています。あの時、この曲を聞いていなかったら、今の私はいないのではないかなと思うくらい、勇気を貰えた曲です。この曲に巡り合わせていただけたこと、神様とやらがいらっしゃるのだとしたら、感謝しかありません」

6位(299票)【絶体絶命】

・作詞:椎名林檎/作曲:伊澤一葉・椎名林檎
・4thアルバム『スポーツ』収録

キーボードの伊澤一葉さんと林檎さんの作曲による、『スポーツ』の隠れた名曲。『絶体絶命』というタイトルとは裏腹に、伊澤さんのピアノリフと亀田さんのベースラインが紡ぐワクワク感満載なイントロがまず印象的。

しかし、歌詞はというと「かなしみが声を殺して わたしを待ち構えている」と歌い出し、一貫して深い苦悩が歌われます。擦り切れるような心の叫びをダンサブルなアレンジで昇華させる、唯一無二のセンスが光る楽曲です。
【ファンの声】

「歌詞は決して前向きじゃないのに曲がそれと対照的に跳ねるような感じなのがギャップがあって良い。落ち込んだ時などに聴くとその状況とマッチしてすこし救われるような気分になる。また、アウトロが無く突然終わるのが印象的」

「悲しみを軽やかに歌い上げる様が、負の感情を祓(はら)い落とす魔法をかけてくれているみたい」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索