• ホーム(ORICON NEWS)
  • ORICON MUSIC TOP
  • [Alexandros]の“1番好きな楽曲”5選 胸を打つ歌詞&王道ロックサウンドが「勇気を与えてくれる」【#ファンに聞いてみた】

[Alexandros]の“1番好きな楽曲”5選 胸を打つ歌詞&王道ロックサウンドが「勇気を与えてくれる」【#ファンに聞いてみた】

この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
⇒この記事をオリジナルページで読む(8月25日掲載)

 4人組バンド・[Alexandros]が、8月26日にコンセプトアルバム『Bedroom Joule』をリリースしました。王道ロックバンドとして、今や不動の地位を築き上げたと言っても過言ではない彼ら。これまでに17枚のシングル、7枚のアルバムを発表。国内では毎年のように大規模音楽フェスティバルのラインナップに名を連ねているほか、アメリカやアジアでツアーを敢行するなど、ワールドワイドな活躍を見せています。今回、数多くの楽曲の中から「1番好きな曲」をテーマにアンケート。ファンから寄せられた「お気に入りの歌詞」や「推しポイント」とともに、ピックアップした5曲を紹介していきます。
※ORICON NEWS公式Twitterアカウントにて実施

【Adventure】

[Alexandros]『Adventure/Droshky!』、RX-RECORDS UK/PROJECT、2014年

[Alexandros]『Adventure/Droshky!』、RX-RECORDS UK/PROJECT、2014年

・9th Single(2014年6月発売)
・スカパー!「スカパー!世界で活躍する日本人篇」CMソング

[Champagne]から現在のバンド名に改名後、初めてリリースされた楽曲です。「Hello Hello Hello〜♪」と歌う川上洋平さん(V/G)の透き通った歌声に、心地よいメロウなギターサウンドが重なります。川上さんは「[Alexandros]としての1曲目は、地に足の着いたテンポの『Adventure』で行きたかった」と語っています。
[最大の難題も しめつけられるような災難も いつだって僕達は 君の涙を歌ってきた]

ファンは「メロディーの美しさ! イントロからサビまでどこを切り取っても完璧。当時彼らをまだ知らなかったのに無意識に口ずさんでしまっていて、気づかないうちに私の中に染み込んだメロディーでした。この曲で彼らに惚れた」と絶賛しています。「背中を押すというより支えてくれるような歌詞」と、この楽曲から勇気をもらっているというコメントも寄せられました。

【ムーンソング】

[Alexandros]『EXIST!』、ユニバーサル ミュージック、2016年

[Alexandros]『EXIST!』、ユニバーサル ミュージック、2016年

・6th Album『EXIST!』(2016年11月発売)収録
・三井住友カード「Apple Pay」CMソング

“別れ”について歌った楽曲で、疾走感のあるメロディーからどこか物悲しさが伝わってきます。サビでは川上さんのハイトーンボイスが響き、曲に込めた思いが爆発しています。ミュージックビデオ(MV)では、泥メイクを施したメンバーにも注目です。
[君がいなくなった世界で 僕はどれくらい残るの? 君がいないならいないで 自ら月に成り上がろう]

「ドロスを知ったのがこの曲なのですべてが好きです!!!」「メロディーと音がすごく澄んでて夜に吸い込まれそう」とその世界観に魅了されたという声が。また「『君がいなくなった世界で僕はどれくらい残るの?』のところが、なんとも言えない切ないメロディーで、川上さんの歌い方もなんとも言えない、とにかく切なくて何度も聞いてしまいます!」と“無限リピート”してしまうというファンもいました。

【Kick&Spin】

[Alexandros]『Me No Do Karate.』、RX-RECORDS/UK.PROJECT、2013年

[Alexandros]『Me No Do Karate.』、RX-RECORDS/UK.PROJECT、2013年

・4th Album『Me No Do Karate.』(2013年6月発売)収録

[Champagne]時代に発表された楽曲で、まさにロックバンドらしい激しい演奏が特徴です。ライブで演奏されたら、盛り上がること間違いなしの1曲。MVでは曲の激しさに負けじと、居酒屋で2人の女性が“最後の唐揚げ”をめぐって壮絶なバトルを繰り広げます。遊び心があっていいですね。
[笑われたなら 笑い返せば良い そんな事を「君」は教えてくれた]

ファンは「曲の雰囲気のギャップが最高! 何より元気になれるこの歌詞に何度励まされたかわかりません!!!」と、この曲からパワーをもらったというコメントが相次ぎました。「ライブの最後に最高に盛り上がる!」「ライブでも、カラオケでも、絶対テンション上がります」とライブではおなじみの曲として親しまれています。川上さん自身も、この曲が「アルバムで一番好き」と語っています。

【アルペジオ】

[Alexandros] 『Sleepless in Brooklyn』、ユニバーサル ミュージック、2018年

[Alexandros] 『Sleepless in Brooklyn』、ユニバーサル ミュージック、2018年

・7th Album『Sleepless in Brooklyn』(2018年11月発売)収録
・PlayStation4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』主題歌

ゴリゴリのロックナンバーといえる本作は、川上さんが「自分の作詞家人生で最も時間がかかったんじゃないかと思うほど時間をかけて書いた」という力作です。またこの楽曲のMVには、PlayStation4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』で主演キャラクターの声を担当している、俳優の木村拓哉さんが出演しています。まさかのコラボに、MV公開直後はSNSが大にぎわいでした。
[I’m only trying to figure out the way 馴染めない群れから離れてみた I know I’m alone でも孤独は 心地が良くって]

アンケートでは「イントロから最後まで全てがかっこいい!」「歌詞全部!!と、イントロが好きです」と、この楽曲のクールなサウンドにしびれた人が続出しました。「『自分の考えてる事は正しいのか』や、『周りと違う』という不安な気持ちの時この曲を聴くと『それでもいい。違くていい。自分の人生だし自分の考えを大切にしよう』って思うことが出来る支えになる大切な1曲だからです」と、背中を押してくれる歌詞への思いを語ってくれるファンも。

【starrrrrrr feat. GEROCK】

[Alexandros] 『starrrrrrr/涙がこぼれそう』、RX-RECORDS/UK.PROJECT、2013年

[Alexandros] 『starrrrrrr/涙がこぼれそう』、RX-RECORDS/UK.PROJECT、2013年

・6th Single(2013年1月発売)
・ゲロルシュタイナーの音楽プロジェクト『GEROCK』とコラボレーション

天然炭酸水「ゲロルシュタイナー」の炭酸音を独自のエフェクト音に変換してロックを奏でる、世界初の音楽プロジェクト『GEROCK』とタッグを組んで誕生した楽曲です。イントロやサビに“シュワシュワ”という炭酸音が取り入れられています。またMVは、メンバーの演奏する動きに合わせて泡がシンクロする映像に仕上がっており、見どころ満載です!

この曲が生まれたきっかけは、とあるフェスでの経験が大きく影響しているそうです。ステージの袖でトリのサカナクションのライブを楽しんでいるアーティストを見た川上さんの「(トリが自分たちではないことを)もうちょっと悔しがれよ!」という思いを込めた作品だと語っています。
[泣けば良い 誰より笑えば良い 押し殺した その感情さらけ出して どこまでも 私は私だから 貫いて 誰に何を言われようとも]

[さまよって 途方に暮れたって また明日には 新しい方角へ]

爽快感あふれるメロディーに、ストレートな歌詞がズドンと心に響きます。「歌詞が好き。元気になる。メロディーも好き」「サビ前や大サビ最初のシンガロング(※アーティストとオーディエンスが一緒に歌うこと)が楽しい!!」「歌詞の持つ力とメロディーの美しさ」とアンケートの中でも多くの人気を集めました。

また「仕事でリーダーとして進めていてたくさんの反対にあった時、自信を失ったときにいつもこの歌詞に奮い立たされます」「どんな時でも前に進む勇気を与えてくれる曲です。この曲があれば大丈夫だと絶対的な自信を持つことができる」と、何か壁にぶつかってもこの曲を聴いて前に進んでいると明かしてくれたファンもいました。


今回のアンケートから、多くのファンが[Alexandros]の楽曲に勇気やパワーをもらっていることを改めて感じました。これからも進化の歩みを止めることなく、ファンに素晴らしい楽曲を届けてくれることでしょう。日本を代表する王道ロックバンドの道を突き進む[Alexandros]。世界を股にかけた活躍に期待が高まります!
Fanthology!関連記事

綾野剛の一番好きな作品は? アウトローから癒やし系まで、役に“憑依”し心揺さぶる才能【#ファンに聞いてみた】

現在、TBS系ドラマ『MIU404』で主演を務めている俳優の綾野剛さん。ダブル主演の星野源さんと丁々発止な会話劇やド派手なカーアクションを繰り広げ、早くも話題となっています。今回はそんな綾野さん出演の「一番好きな作品」をテーマにアンケートを実施(※)。徹底した役作りでアクの強いキャラから爽やか好青年まで自在…

UVERworldの“歌詞に共感できる曲”5選 Crewから感謝のメッセージ殺到「何度も救われた」「毎日が輝いている」

6人組バンドのUVERworldが、6月6日に結成20周年を迎えます。これまでにリリースしたシングルは36枚、アルバム10枚。今ではドーム公演でもチケットが入手困難というほど、絶大な人気を誇っています。ボーカルのTAKUYA∞さんがつづる歌詞は、本音を隠すことなく、思いの丈を赤裸々に吐露しています。そんなメッセージ性の強い…

犬飼貴丈「BUMP OF CHICKENには僕の青春が詰まっている」 もしも藤くんに会えたなら

学生時代にロックバンド「BUMP OF CHICKEN」を好きになり、ギターを始めバンドも結成したという俳優・犬飼貴丈さん。自身にとって「音楽、ロックを好きにさせてくれたバンド」であり、その存在を「青春」と言い切るほどバンプ愛にあふれています。そんな犬飼さんに、シチュエーション別の「好きな1曲」やカラオケで必ず歌…
この記事について
この記事は、LINE初の総合エンタメメディア「fanthology!」とオリコンNewSの共同企画です。
俳優・歌手・芸人・タレントらの趣味嗜好を深堀りしつつ、ファンの「好き」を応援。今後、さらに気になる人の「これまで」と「これから」をお届けしていきます。
⇒この記事をオリジナルページで読む(8月25日掲載)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索