アニメ&ゲーム カテゴリ

『給湯室がマウントの取り合いに…』OLの愚痴から生まれた“悪口を救う”アニメが1億超再生「最高におもろい」

 SNSで人気を集めているアニメ『モモウメ』。今やYouTubeの登録者数は49万人を突破し、先日、Blu-ray&CDや書籍を発売するなど、大きな話題となっている。同アニメを制作しているのは、デジタルマーケティング会社のキュービック。アニメとは全く縁のなかった会社が『モモウメ』の制作に至った理由とは。同アニメの誕生秘話やネタ収拾の裏側など、制作プロデューサーの内田真之介氏に聞いた。

「“働き方改革”が進まない!」働く人々の問題解決を目的に制作された『モモウメ』

『モモウメ』はYouTubeで毎週1話配信され、総再生数1億4000万回以上のドタバタゆるゆる系アニメ。新人OLのモモちゃんとベテランOLのウメさんが、職場あるあるについて雑談する様子が描かれている。

――キュービックは、デジタルメディアを中心とした様々な事業を展開している会社ですが、アニメ制作に至った過程を教えて頂けますか。

僕はもともと広告代理店で動画や映像を制作していました。キュービック入社後は動画コンテンツのクリエイティブディレクターを務めることになり、4年前に薬剤師のウェブサイトでキャラクターを作ったのがきっかけで『モモウメ』が生まれました。当初は、薬剤師さんの働き方やモチベーション、人間関係の悩みなど、色んなことをアニメーションで解決できればという目的でスタートさせました。ですので、もともとモモウメは薬剤師だったこともあって、誕生したときからマスクをつけたキャラクターになっています。

――なるほど。薬剤師からOLに設定が変わったのは何故なのでしょうか?

世の中にある様々な職業の中で、最も共通項が多いのがOLさんだったからです。「働き方改革!」と呼びかけてもなかなか進まないのが現状です。それならば僕らが少しでも多くの人々の課題や問題を解決できるようにしようじゃないかと。というのは大げさですが(笑)、皆さんの職場の人間関係を円滑にして、モチベーションを上げながら楽しく仕事ができるようなお手伝いができればいいなという思いで、“笑いと愛”に溢れたOLの“職場あるある”を盛り込んだアニメーションを作るようになりました。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索