ドラマ&映画 カテゴリ

2021年度前期連続テレビ小説『おかえりモネ』あらすじ

第4週「みーちゃんとカキ」

お盆に帰省した百音(清原果耶)は、妹・未知(蒔田彩珠)が、カキの研究に没頭する姿を見て圧倒される。そして、妹と比べて自分はどうかと自問自答する。一方、父の耕治(内野聖陽)は、元同級生で亮(永瀬廉)の父・新次(浅野忠信)に久しぶりに町で出会う。新次は酒に酔っていて、すさんだ様子をしていた。その夜、雨が降り出した中、未知が研究をしているカキ棚に船を出した祖父・龍己(藤竜也)に、トラブルが起きる…。

第16回あらすじ

『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

親に黙って仙台の大学から逃げてきた三生(前田航基)は、しばらく永浦家に滞在することに。そんな中、百音(清原果耶)の妹・未知(蒔田彩珠)は、祖父・龍己(藤竜也)の助けも借りながら、夏休みの自由研究でカキを卵から育てる地場採苗に挑戦していた。家業だけでなく、気仙沼の漁業の未来まで考えて研究に打ち込む妹の姿に、百音は圧倒される。さらに、天候を読むことが漁業にとっていかに重要か、次第に分かってくる。
  • 『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第16回より(C)NHK

第17回あらすじ

『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

カキの研究に励む未知(蒔田彩珠)や、漁師になった亮(永瀬廉)と自分を比べて三生(前田航基)が落ち込んでしまう。百音(清原果耶)にも、その気持ちがよく分かるのだった。百音の父・耕治(内野聖陽)の提案でバーベキューをすることになった永浦家。百音がまきを用意していると、祖父・龍己(藤竜也)が木材にとても詳しいことが分かり、百音は不思議に思う。翌日、耕治は街で偶然亮を見かけ、声をかけようと追いかけるが、そこにはある人物が…。
  • 『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第17回より(C)NHK

第18回あらすじ

『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

耕治(内野聖陽)が街で久しぶりに幼なじみの新次(浅野忠信)に会う。しかし2人の間にはわだかまりがあった。そのころ、にわかに空模様が怪しくなり、あっという間に激しい雨が降り出す。百音(清原果耶)があわてて洗濯物を取り込んでいると、未知(蒔田彩珠)と龍己(藤竜也)が何やら言い合っている。未知が研究で育てているカキについて、2人の意見が違っていたのだ。その後、カキ棚に船を出した龍己にトラブルが起きる。
  • 『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第18回より(C)NHK

第19回あらすじ

『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

盆船奉納の準備を始めた永浦家。百音(清原果耶)たちが浜へ向かうと、明日美(恒松祐里)や悠人(高田彪我)もやってくるが、亮(永瀬廉)の姿はなかった。盆船を奉納しながら、龍己(藤竜也)は雅代(竹下景子)のことを懐かしむ。三生(前田航基)は将来について父・秀水(千葉哲也)と話せずにいたが、盆船奉納での秀水の読経を聞き、もう一度自分の進む道を考える。そしてそんな三生に、耕治(内野聖陽)が言葉をかける。
  • 『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第19回より(C)NHK

第20回あらすじ

『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

未知(蒔田彩珠)は自由研究のカキが思うように育たず、落ち込んでしまう。そのうえ、ベテラン漁師たちから地場採苗の目標を笑われる。そこへ百音(清原果耶)が割って入り、未知がどれだけ本気で取り組んでいるかを語り、反論する。その夜、未知は百音が気象予報士の資格に興味を持っていることを知り、応援する。明朝、龍己(藤竜也)と話すうちに、百音は、ずっと考えていたことについて、ある気づきを得る。
  • 『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

  • 『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

    『おかえりモネ』第20回より(C)NHK

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索