アニメ&ゲーム カテゴリ

“キートン山田の残像”を逆に楽しむ きむらきょうや、『ちびまる子ちゃん』2代目ナレーターの覚悟

『ちびまる子ちゃん』の2代目ナレーターを務める、きむらきょうや氏 (C)oricon ME inc.

『ちびまる子ちゃん』の2代目ナレーターを務める、きむらきょうや氏 (C)oricon ME inc.

 1990年のスタートから、アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)のナレーションを務めてきたキートン山田氏が、惜しまれながら3月末で引退。4月4日放送回から、ベテランナレーターのきむらきょうや氏が、その2代目を務めることになった。『進め!電波少年』(日本テレビ系)、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系/以下めちゃイケ)、『芸能人格付けチェック』(テレビ朝日系)など数々のバラエティを盛り上げてきた一方、アニメ作品とはほぼ縁がなかった同氏が、55歳にしてなぜ新たなステージに挑もうと思ったのか。イメージが確立しすぎている作品のなか、いったいどのような心境でオファーを受けたのか?本人に話を聞いた。

『めちゃイケ』のドッキリかと思ったまさかのオファー

「お話をいただいたときは、一瞬ポカンとなりましたね。ナレーション、声優、アナウンサーは同じ声の仕事ですけど、住んでいる村がそれぞれ違っていて、よほどのことがない限り、村を越えたキャスティングはしないので。しかも、『一度、テストに来てほしい』と言われて、いわゆるオーディションに行ったんですけど、その後1ヵ月くらい音信不通で。これは『めちゃイケ』のヤツらが仕掛けたドッキリの可能性が高いぞって思ってました(笑)」

 バラエティ界を中心に人気ナレーターとしての地位を確立してきたきむら氏ゆえに、そう思うのも無理もない。アニメ作品への参加は、今年4月より放送の『ましろのおと』(MBS/TBS/BS-TBSほか)に続く2作目。国民的アニメのナレーション決定の電話を受け、「いくつになってもなんでもできるんだなってうれしくなった」と破顔する。

 しかし、『ちびまる子ちゃん』のナレーションといえば、31年にわたり務めた前任のキートン山田氏の印象があまりにも強烈。視聴者にキートン山田氏のいわば“残像”がある中での抜擢に重圧は感じなかったのだろうか。

「プレッシャーはありましたけど、実は僕、前の人が辞めた後を担当するという仕事をけっこういっぱいやっているんです。『クイズ$ミリオネア』(フジテレビ系)も『がっちりマンデー!!』(TBS系)もそうでした。前任の人の空気を踏襲しながら、だんだん自分のオリジナルに近づけていくみたいなことをやってきていたので、その方法で『まる子ちゃん』もやってみようと思いました」

 このテクニックを培ったのが『めちゃイケ』だった。

「『めちゃイケ』では、毎週、現場で他番組のパロディーのようなコーナーをやらされていたんですね(笑)。他番組のナレーションを意識して、1時間くらいやっていると、後半、なんとなく、ご本人が降臨してきたみたいな感じになって(笑)。あの“パロディー力”に鍛えられたなって思っています」

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索